Webセミナー

Aspera on cloudの最新情報をデモを交えながら解りやすく体感!自席からいつでも視聴可能です。

製品の特長

直感的なファイルの共有と配信

オンプレミス環境、マルチクラウド環境にわたり、使いやすいインターフェースでファイルを転送します。これにより、ファイルのアップロード、ダウンロード、共有、および配布が簡素化されます。ファイルとフォルダーを容易にドラッグ・アンド・ドロップして、任意のストレージ・ロケーションに転送します。ファイルをデジタル・パッケージに集約し、Eメールのようなインターフェースを使用して1人以上の受信者に送信します。ファイルとユーザーをセキュア・コラボレーション・ワークスペースにまとめます。ユーザーが共有コンテンツ送信ポータルにデータを送信できるようにします。

IBM Aspera on Cloudのファイル共有と配信の機能を示す画面キャプチャー

ワークフローの自動化

多数の共通転送ジョブのファイル移動ワークフローを自動化します。カスタム自動化ワークフローでは、多数のIBM Aspera® on Cloudの転送エンドポイント(共有フォルダー、転送ノード、共有受信トレイ、パッケージ配信など)の間でファイルを転送できます。ワークフローは、API呼び出し、オペレーターによる手動操作、ファイル到着イベント、共有受信トレイのファイルの送信など、さまざまな方法によってトリガーされます。この新機能により、Aspera OrchestratorとAspera on Cloudのワークフローを統合できます。

Aspera on Cloudを使用してファイルを変換し、クラウドにアップロードする方法を示す画面キャプチャー

ハイブリッド環境の中央管理

すべてのクラウドとオンプレミスのストレージに接続し、単一の使いやすいインターフェースを使用して、リモートで転送ノードを管理します。クラウド・ベースとオンプレミスの複数のストレージ・システムにおいて、ファイルとフォルダーを保管し、容易にアクセスします。ご使用のデータセンター、または以下のいずれかの先進クラウド・プラットフォームにある転送ノードへのアクセスを構成します。IBM Cloud、Amazon Web Services (AWS)、Azure、Google。転送ノードが相互作用する方法を管理するネットワーク・ポリシーを確立します。

ハイブリッド環境を一元管理するための、IBM Aspera on Cloudの機能を示す画面キャプチャー

転送のリアルタイムの可視性と制御

コミュニケーションおよびWeb資産すべてにブランドを組み込むと同時に、転送アクティビティーをリアルタイムでモニターします。転送アクティビティー、ストレージ使用量、デジタル・パッケージをリアルタイムで管理します。アクティビティー・ログとサービス・アラートをモニターします。ワークスペース、ユーザー・グループ、共有受信トレイ内のメンバーシップを管理します。Eメール・テンプレートとロゴをカスタマイズしてブランドIDとマッチするようにカスタマイズし、ブランド化されたWebプレゼンスを簡単に創出できます。

ハイブリッド環境を一元管理するための、IBM Aspera on Cloudの機能を示す画面キャプチャー

Aspera転送プラットフォームをベースに構築

特許取得済みのIBM Aspera FASPテクノロジーを基に構築されたAspera on Cloudは、ファイル・サイズ、転送距離、ネットワークの状態にかかわらず、FTPやHTPと比較して最大数百倍高速にデータを転送します。ネットワーク上の他のトラフィックに影響を与えることなく、使用可能な帯域幅をフルに利用します。Direct-to-Cloudテクノロジーと組み込みのクラスタリングにより、Asperaはより高速なパフォーマンスを提供し、自動的に転送容量を拡張できます。 企業グレードのセキュリティーには、強力なアクセス制御モデル、転送時および保管時の暗号化、データ保全性の検証が含まれます。

Asperaテクノロジーの詳細はこちら

転送プラットフォームのスケーラビリティーを示すAspera直接からクラウドへのテクノロジーのスクリーン・キャプチャー

使ってみる

パブリッククラウド、プライベートクラウド、ハイブリッドクラウドのデータを高速に転送、交換、配信します。