IBM製品の導入により複数台のサーバーに障害が起こってもストレージ・サービス全体が止まることはなくなり、インフラの運用管理性が大幅に向上しました

ヤフー株式会社 テクノロジーグループ グループCTO, 服部 典弘氏

Business Challenge

ヤフーは、1996年にポータルサイト「Yahoo! JAPAN」のサービス提供を開始して以来、インターネットの力で日本のあらゆる課題を解決する「課題解決エンジン」をミッションに掲げ、さまざまなサービスを展開しています。2018年2月時点で、100を超えるサービスを提供し、月間約725億ページビューのインターネットサービスへと成長しています。また、社内のエンジニアに向けて、開発に便利な機能をパブリック・クラウドのように柔軟にサービスを提供できないかを検討していました。こうした技術と、より親和性の高いストレージを採用する必要に迫られていました。

Transformation

オブジェクト・ストレージへの移行プロジェクトが立ち上がったのは2018年6月。新しいストレージ環境のリリース目標は同年10月に設定されており、4カ月という短期間での移行が求められました。導入製品の選定に当たっては、「API接続をサポートしていること」「安全性、信頼性、可用性が高いこと」に加えて、「豊富な稼働実績を持っていること」「拡張性に優れていること」「保守サポート体制が充実していること」「社内の作業ルールに適合できること」を重視。いくつかの製品を比較検討した結果、これらの要件を全て満たしていたのが、非構造化データ・ストレージであるIBM Cloud Object Storageでした。

Benefits

IBM Cloud Object Storageを導入した高セキュリティエリアは、一般の端末からログインできる環境ではないため、万が一の際には夜間でも現場に駆けつけて冗長構成を復旧し、二重障害によるストレージの停止を防止する必要がありました。今回、IBM Cloud Object Storageを導入したことで、複数台のストレージノードに障害が起こってもストレージ全体が止まることはなくなりました。これにより、夜間に障害が発生しても翌営業日での対応が可能となり、インフラの運用管理性が大幅に向上しました。また、今までは冗長化のために複数サーバーに同じファイルを手動で保管していましたが、IBM Cloud Object Storageは、1つのファイルを格納するだけで自動的に分散して保管するため、インフラチームの運用負荷軽減にも期待を高めています。

 

 [製品・サービス・技術 情報]

当事例で使用されている主な製品・サービスは下記の通りです。

IBM Cloud Object Storage

 

当事例に関する図表を含めた詳細な情報は、下記「PDFダウンロード」よりご覧いただけます。

Solution Category

  • Systems Hardware