ホーム ケーススタディ The Conference Board, Inc. The Conference Board Inc.
AIが提供するオンデマンドのインサイトで学習を加速
会議でのビジネス・パーソンのシルエットの抜粋

The Conference Boardは、IBM®ビジネス・パートナーであるCBA Strategic IT Ltd.が開発し、IBM® Watsonテクノロジーによってサポートされたソリューションを使用して、会議の出席者が現在の会話を中断することなく、関連する研究や調査結果を検索し、特定できるようにしました。

ビジネス上の課題

今後のイベントの1つのために、Conference Board Inc.は参加者が10年分の既存の調査を即座に閲覧できるオンデマンド学習プラットフォームを作りたいと考えていました。

変換

このシンクタンクは、数千件の記録を瞬時に選別できる、AIを活用した知識レポジトリーを導入しました。

結果 複雑な質問に数秒で回答
さらに関連する知見も加わり、より効果的な政策につながる
会員エンゲージメントが50%向上
会議中に会話の話題の範囲を広げることで実現
オンデマンド学習が可能
調査ディスカッションにおいてより豊かな洞察が得られる
ビジネス上の課題の詳細
混乱した職場

The Conference Boardは、未来、特にデジタル時代におけるグローバル・ビジネスの将来に焦点を当てています。そして、これを追求して、この非営利のシンクタンクは、複数の大陸にまたがる専門家や企業と協力し、事実に基づいた調査や、コンセンサスに基づいた政策声明を作成することで、企業がよりよく社会に貢献できるよう支援しています。

「私たちの調査から、一連の新しいデジタル技術が仕事の構造を破壊するいう仮説が導き出されました」と、アジア太平洋地域のConference Boardのマネージング・ディレクターであるNick Sutcliffe氏は説明します。「そしてそれは、ビジネスの構造やリーダーシップのプロファイルを破壊することになるでしょう」

この混乱をより良く理解し、それを乗り越える最善の方法を考えるために、Conference Boardでは「Future of Work(働き方の未来)」調査プロジェクトを立ち上げました。同組織は、加盟組織から数百人の幹部に協力を求めました。そして、これらのリーダーを一堂に集め、デジタル組織の文化的要因に関する重要なトピックについて議論しました。

「未来の職場に関する最大の課題の1つは、文化がどうなっていくのか、どうあるべきなのかがわからないということです」とSutcliffe氏は付け加えます。「そこで私たちは、デジタル化、人工知能、分析が企業のリーダーシップに与える影響について、かなり多くの調査を行ってきました」

参加者が次回のグループ・ディスカッションの計画を立てやすいように、Conference BoardはLinkedInのグループを立ち上げ、今後の参加者がこれらのトピックに的を絞った豊富な調査にアクセスできるようにした。しかし、懸念がありました。

「この形式は以前の調査イベントで使いました」とSutcliffe氏は振り返ります。「そして、人々が準備不足であることが分かりました。1つのレポートを配れば、彼らはそれを読むでしょう。しかし、私たちはこの LinkedIn グループには5,000件を超える調査内容をアップロードしましたが、誰にとっても何の価値もありませんでした」

「私たちは、人々が『オンデマンド』で学ぶ必要があることに気付きました」とSutcliffe氏は続けます。「そこで私たちは、『会員が望む形式で私たちのコンテンツや知識にアクセスできるようにするにはどうすればよいだろうか』と自問しました」

CAITOは、私たちの組織が持つ知的能力をすべて取り込み、より良い形で提供することができます。 Nick Sutcliffe アジア太平洋担当マネージング・ディレクター The Conference Board Inc.
概要と経緯の詳細
群衆の叡智

2018年11月、Conference Boardは「Future of Work」調査のための最新のディスカッション・シリーズを開催しました。同組織は、100を超える加盟組織の人事、財務、広報、法務部門から約300人の経営幹部を集め、これらのリーダーをシンガポールと中国の上海の2カ所で開催された会議に参加してもらいました。

「私たちはこの会議を「アンコンファレンス」と呼んでいます」とSutcliffeは話します。「このイベントは、300人を超える経営幹部の英知を結集するため、特に講演者を限定するように設計されているからです。参加者は16のワーキング・グループに分かれ、今日起きている破壊的な変化にどう対応し、それをどう活用するかに焦点を当てました。私たちはこれらのトピックに関する戦略的意図について質問し、彼らが定義した戦略に関してリアルタイムで投票を行いました」

また、これらのディスカッション中に参加者が十分な準備ができるよう、Conference BoardではCBAが提供するCognitive Artificial Intelligence Technology for Organizations(CAITO)ソリューションを採用しました。

CAITO Knowledge Platformは、10年分以上の調査報告書など、大量の非構造化データを選別し、これらの情報を知識リポジトリーの一元化されたフレームワークに統合することができます。ユーザーは、これらのリポジトリーを自然言語による質問で検索し、新しい洞察を得ることができます。「Future of Work」調査プロジェクトでは、Conference Board、その調査パートナーであるKorn Ferry氏、その他パブリック・ドメインで研究が公開されているいくつかの組織からの5,000以上の研究がこれらのリポジトリーに含まれています。

「私たちはCBAと提携し、オンデマンド学習プラットフォームを提供するCAITOモデルを作成しました」とSutcliffe氏は付け加えます。「そこで、出席者はミレニアル世代の労働力を管理する最善の方法について議論し、そのテーマに関してどのような調査があったのかをCAITOに尋ねるでしょう。CAITOの優れた点は、質問を理解してそれに答えるだけでなく、「本当に焦点を当てるべきなのは、多世代の労働力にどう対処するかだ」とも教えてくれることです。それに関するいくつかの研究もここにあります」

CBA は、IBM Embedded Solutions Agreement(ESA)のもとに、CAITOプラットフォームに組み込んだコグニティブ機能を拡張して、IBM Watson Discoveryテクノロジーを取り込みました。これにより、このツールに追加の検索および分析機能が提供されます。また、各CAITOモデルは、 IBM Cloud® Foundry製品を使用して監視されるローカル・クラウド・フレームワーク内でホストされ、サーバーを手動で設定および管理することなく、アプリケーションのデプロイメントと拡張性をサポートします。さらに、 IBM Cloud Kubernetes Serviceソリューションにより、アプリケーションの迅速な提供が可能になります。これをWatsonテクノロジーなどの高度なサービスに結合することができます。

そこで私たちは、「会員が望む形式で私たちのコンテンツや知識にアクセスできるようにするにはどうすればよいだろうか」と自問しました。 Nick Sutcliffe アジア太平洋担当マネージング・ディレクター The Conference Board Inc.
成果の詳細
働き方の未来

2018 Future of Workに関するディスカッションが完了し、Conference BoardはCBAおよびIBMと協力するという選択に満足しました。「私たちにとっては大成功でした」とSutcliffe氏は説明します。「なぜなら、会員が必要とする調査やコンテンツにアクセスできるようになったからです。そして、それをオンデマンドで提供しました」

これまでのセッションとは異なり、ESAのWatsonテクノロジーを活用したCAITOプラットフォームにより、会議の参加者は、会話の途中であっても、重要な研究や関連する調査に瞬時にアクセスすることができました。これは、より実りあるディスカッションを促進し、ベスト・プラクティスやストラテジーに関するより豊かな洞察をもたらしました。

「私たちは毎年何十万回と世界の新聞に掲載されています」とSutcliffe氏は付け加えます。「2、3年前に行って、もう忘れてしまった研究も見ることができます。会員がこれを全部読んだり見たりすることはあり得ません。しかし、CAITO は私たちの組織が持つ知的能力をすべて取り込み、それをより良い形で提供することができます。これにより、会員とのエンゲージメントが促進され、会話の幅が50%広がりました。彼らは言います。『CAITOがこれを提案してくれたんです。あなたがこれについて研究していたとは知りませんでした。詳しく話してもらえますか』」

さらに、こうした会員同士のディスカッションは、役割や業界ごとに対象を絞ることができます。「CAITO のおかげで、誰にとってもユニークな体験を生み出すことができました」とSutcliffe氏はコメントしています。「CEOが質問すると、誰も人事情報を見たがりませんが、HROが同じ質問をした場合はそうします。CAITOは全員にユニークな体験を提供できるでしょう」

「今年の4月に調査結果を発表する予定です」とSutcliffe氏は締めくくりました。「そして、これらのディスカッションから得られた貴重な調査は、「Future or Work」の一部である変革と破壊の課題に対処するための重要な洞察と戦略的方向性を会員に提供し、サポートし続けるのに役立つでしょう」

The Conference Board logo
The Conference Board Inc.

1916年の設立以来、 The Conference Board Inc.(ibm.com外部へのリンク)は、業界や地域を超えて経営幹部と連携し、ビジネス・リーダーシップのグローバル・コミュニティーを育成してきました。同組織は非営利の会員制シンクタンクとして、継続的な調査に取り組み、ビジネス・リーダーがイノベーションを推進し、現在の市場の課題に対処することを目的とした包括的な政策声明を策定しています。本部はニューヨークにあり、ベルギー、中国、シンガポールにも事務所を置いています。

CBA Strategic IT Ltd.について

IBMビジネス・パートナーであるCBAは、1992年に設立され、世界中の顧客にビジネス戦略の実行とソフトウェア実装の各サービスを提供していました。しかし2011 年に、この事業はCBA Strategic IT(ibm.com外部へのリンク)組織から独立し、コグニティブAIに特化したソリューションの開発と実装に注力しています。ニュージーランドのオークランドに本社を置き、現在はシンガポールにも拠点を構える同社は、グローバルに事業を展開し、営利企業や政府機関など、さまざまな大手顧客にサービスを提供しています。

次のステップ

この記事で紹介されているIBMソリューションの詳細については、IBM担当者またはIBMビジネス・パートナーにお問い合わせください。

AIとコグニティブに特化したソリューションと、CBAがお客様のためにできることの詳細については、こちらをご覧ください。CBA Strategic IT Ltd. (ibm.com外部へのリンク)。

他の事例を見る IBMへのお問い合わせ
法務

© Copyright IBM Corporation 2019.IBM Corporation, IBM Watson, New Orchard Road, Armonk, NY 10504

2019年4月、米国で製作。

IBM、IBMロゴ、ibm.com、IBM Cloud、およびIBM Watsonは、世界の多くの国で法的に登録されているInternational Business Machines Corporationの商標です。その他の製品名およびサービス名はIBMまたは他社の商標である可能性があります。IBMの商標の最新リストは、Web 上の「著作権および商標情報」(ibm.com/legal/copyright-trademark)で入手できます。

本書は最初の発行日時点における最新情報を記載しており、IBMにより予告なしに変更される場合があります。IBMが事業を展開している国であっても、特定の製品を利用できない場合があります。

記載されている性能データとお客様事例は、例として示す目的でのみ提供されています。実際の結果は特定の構成や稼働条件によって異なります。本資料の情報は「現状のまま」で提供されるものとし、明示または暗示を問わず、商品性、特定目的への適合性、および非侵害の保証または条件を含むいかなる保証もしないものとします。IBM製品は、IBM所定の契約書の条項に基づき保証されます。