ホーム ケーススタディ Relevance AI社の声 Relevance AI社
watsonxを表す抽象的な紫色の円のイラスト
お客様の声
Relevance AI社のwatsonx.aiの導入事例

「受賞歴のあるオーストラリアのスタートアップ企業であるRelevance AI社は、ローコードのビジネス・ユーザーに生成AIの無限の可能性を提供することに専念し、これまで不可能とされていたレベルのオートメーションを実現しようとしています。

当社は、watsonx.aiを使って統合の相乗効果と機会を示そうとしており、プラットフォームを拡張して幅広いユーザーに基盤モデルの追加オプションを提供できることを非常にうれしく思います」


Jacky Koh氏
Relevance AI社
共同創立者

Relevance AI社のロゴ
Relevance AI社について

Relevance AI社(ibm.com外部へのリンク)は、チームがAIを使用してより優れたワークフローを構築できるように支援することを使命としています。 これを自社のプラットフォームで実現し、LLM、データ・ソース、ベクター・データベースを連携するAIアプリケーションを構築してデプロイすることで、ユーザーはプロンプトから本番環境に対応したアプリケーションまで数分で移行できるようになります。

watsonx.aiは、企業が自社のニーズに合うようAIソリューションを構築する支援しています。

watsonx.aiの詳細はこちら 無料評価版を試す
法務

© Copyright IBM Corporation 2023. 日本アイ・ビー・エム株式会社 〒103-8510 東京都中央区日本橋箱崎町19-21

米国で制作2023年8月

IBM、IBMのロゴ、ibm.comは、米国やその他の国と地域におけるInternational Business Machines Corporationの商標または登録商標です。その他の製品名およびサービス名は、IBMまたは他社の商標である可能性があります。IBM の商標の最新リストは、 ibm.com/trademarkで入手できます。

本書は最初の発行日時点における最新情報を記載しており、IBMにより予告なしに変更される場合があります。IBMが事業を展開している国であっても、特定の製品を利用できない場合があります。

引用または説明されているすべての事例は、一部のクライアントがIBM製品を使用し、達成した結果の例として提示されています。実際の環境でのコストや結果の特性は、クライアントごとの構成や条件によって異なります。お客様のシステムおよびご注文のサービス内容によって異なりますので、一般的に期待される結果を提供することはできません。

本書の情報は「現状のまま」で提供されるものとし、明示または暗示を問わず、商品性、特定目的への適合性、および非侵害の保証または条件を含むいかなる保証もしないものとします。IBM製品は、IBM所定の契約書の条項に基づき保証されます。