ホーム ケーススタディ Lojacorr Network チャットボットとプロセス自動化への信頼の構築
Lojacorr Networkは、自動化への取り組みで人を第一に考えています
オフィスでの会議で話す仕事のチーム

複雑な産業は、テクノロジーでプロセスを改善できる機会にあふれています。適切な自動化によって、効率を高め、エラーを減らし、人的資本を付加価値の高い目的に対して使うことができます。大きく儲けられる可能性もありますが、企業がこの利益を達成するにあたり邪魔になる恐れのある2つのハードルがあります。それは、テクノロジーそのものと、テクノロジーの実行です。

ブラジル最大の独立系保険仲介ネットワークである Lojacorr Networkは、自動化の取り組みでこの両方の問題に直面しました。Lojacorrは、資格を持ったブローカーのネットワークを通じ保険を販売しています。また、大手保険会社とも提携しています。

「当社の目標は、提携する保険会社と、主要顧客であるブローカーの両者に利益をもたらすため、エンドツーエンドで付加価値を生むことです」と、Lojacorr CIO(最高情報責任者)のSandro Ribeiro氏は説明します。「私たちは、資格を持ったブローカーと保険会社のネットワークを通じブラジルの人々を守れるようにお手伝いをし、人生のさまざまな地点で皆様に適切な保険商品をお届けしたいと考えています」

そこでRibeiro氏は、価値を生み出し、摩擦を取り除くことのできる新しい方法を探し始めました。自動化は、その両方を実現するように思えました。

効率化の推進

 

 

プロセス実行効率が80%向上

生産性を向上

 

1日あたり支払い取扱数700件を達成するための新規採用が不要に

RPAは、非常に大規模な効率化を可能にします。情報へのアクセスが速くなり、データの信頼性と運用効率を高められる自動化は、企業にとって大きな味方です。 Sandro Ribeiro氏 CIO Lojacorr Network

Ribeiro氏のチームは、自動化の取り組みを試験プロジェクトから始めました。チームは地元の小規模なサプライヤーを利用して、Lojacorrの組織内の支払いをモニタリングするプロセスを自動化しました。このプロセスでは、支払いの期限が近づくと顧客に通知が送られるため、顧客は保険を失効させずに支払いを済ませることができます。彼のテクノロジー・チームは、自動化のメリットをテストし、あらゆる問題を見つけたいと考えていました。

主な問題のひとつは、ソリューションの持続可能性でした。試験プロジェクトは成果を上げましたが、ソリューションではチームの動きに必要なアップデートに対応していませんでした。

けれども、この改善は無視できないほど素晴らしいものでだったため、Ribeiro氏とそのチームは市場で他のソリューションを探しました。彼らは、さらに堅牢なものを求めていました。また、ユーザーから賛同を得る必要もありました。

チャットボットの賛同を得る

チームはいくつかの提供会社を調査しました。しかし、その会社の多くには地元の担当者がいませんでした。いたとしても、ライセンスを販売する小さなオフィスに過ぎず、サポートはほとんどまたはまったくといっていいほどありませんでした。しかも、ソリューションの費用は、Lojacorrチームの希望額よりも高かったのです。

そのとき彼らはIBM® Robotic Process Automation(RPA)ソリューションを見つけました。「私たちがIBMを選んだ主な理由は、カスタマー・サービスでした」とRibeiro氏は言います。「IBMのカスタマー・サービスのおかげで、前向きに進めていける自信が持てたのです。」

チームは、このソリューションではIBM RPA Studioソフトウェアを使っている点が気に入りました。これを社内で使い独自のチャットボットを作成できるからです。また、市場の他のソリューションよりもコスト効率の高いソリューションであることも判明しました。

これでテクノロジーは解決しましたが、Ribeiro氏は実行の問題を解決するためにまだユーザーの賛同を必要としていました。会社の利害関係者は、自動化の取り組みについて理解する必要がありました。「自動化に対して信頼がなく、自動化で当社の効率と信頼の目標を達成しやすくなるという信頼がありませんでした」と彼は述べています。

これらの問題を克服するために、彼のチームは自動化の影響を受ける担当者と、彼らにどのように自動化に参加してもらえるかを検討しました。「割り当てから意思決定に至るまで、すべての過程に彼らを巻き込みました」と彼は述べています。「彼らに実際に参加してもらったのです」

最初のRPAプロジェクトは、保険会社のWebサイト上の保険情報のモニタリングに焦点を当てていました。次のプロジェクトでは、保険の不履行と通知をモニタリングしました。どちらも素晴らしい成果をもたらしました。

「RPAを使うことで、社内チームとクライアントは、情報の入手のスピードや、俊敏性、成長の規模に気づきました。彼らは自動化の役割を理解してきたのです」とRibeiro氏は述べています。「また、新しいスキルを学んで、自動化で起きる新しい機会にも気づきました」

こうした成功を受けて、チームはチャットボットを作成することにしました。地元のIBMチームがトレーニングを行い、Lojacorrの従業員がローコードRPA Studioツールを使い自動化を開発しました。コーディングの経験はほとんど問われなかったため、部門内の多くの人が独自のチャットボットを作成できました。

Ribeiro氏のチームは、サードパーティに解決を依頼していた反復的な手動プロセスを自動化するチャットボットを作成できるようになりました。以前はこうしたプロセスで従業員がストレスを感じていましたが、今ではこの点はチーム内ですばやく対応できるようになりました。「新しい仕事のやり方を考え出すこともできます」と彼は述べています。「従来モデルのせいで人間の操作だけを考え創造性がおさえられていた古いプロセスも、私たちは作り変えることができるのです」このように、自動化を活用すると、企業はそれほど多くの人を雇用せずに、こうしたすべてを行うことができます。

新しい仕事のやり方を考え出すこともできます。従来モデルのせいで人間の操作だけを考慮し創造性を発揮する場面が限られていた古いプロセスも、私たちは作り変えることができるのです Sandro Ribeiro氏 CIO Lojacorr Network
効率性の向上と利益の増加

Ribeiro氏は、RPAを活用して、信頼を獲得するために重要な、大量のプロセスを自動化するという短期的な目標を達成できました。そして、Lojacorrのチームは他のプロセスでも自動化を取り入れました。

RPAを導入して以来、Riberioのチームは次のことを確認できました。

  • オペレーションをサポートするスタッフの雇用が不要となり、プロセスの実行効率が80%向上。
  • 1日700件以上の支払い処理と通知。
  • データの取得と処理が迅速化、ブローカーやクライアントへの情報提供がより迅速に。
  • 大量の反復プロセスにおける人的エラーを回避し、セキュリティと高い信頼性を実現。
  • 処理された情報の管理とコントロールを改善。

Ribeiro氏は、長期的には自動化は会社の中核となり、考えられるすべての領域に浸透すると考えています。「RPAは、非常に大規模な効率化を可能にします。情報へのアクセスが速くなり、データの信頼性と運用効率を高められる自動化は、企業にとって大きな味方です。さらに、エンドクライアントにはスピードなどのメリットもあります」と彼は述べています。

Lojacorrが社内全体に自動化を広げ、自動化に取り組む人材の育成を増やす中、IBMとのパートナーシップは強固なままです。

「当社はIBMと長期的な関係を築いています」とRibeiro氏は述べています。「彼らは私たちの自動化への取り組みにとても熱心に取り組んでくれました。そして、私たちは彼らのクライアントにメリットを与えられる提案をします。本当に信頼できるパートナーシップだと思っています」

注: このお客様事例で紹介されているクライアントは、当初 WDG Soluções Em Sistemas E Automação De Proces LTDAと契約していました。LTDAは、2021年1月1日にIBMとして事業を開始しました。このお客様事例のWDG製品であるWDG StudioとWDG RPA は、現在、それぞれIBM RPA StudioとIBM RPA Solutionとして知られています。

Lojacorrのロゴ
Lojacorr Networkについて 

Lojacorr(ibm.com外部へのリンク)は、ブラジル最大の独立系保険仲介ネットワークで、全国に55箇所以上の事務所があります。1996年に設立され、ブローカーに価値を生み出す商業的な支援や、テクノロジー、コミュニケーションとマーケティングのソリューションを提供しています。Lojacorrの保険ネットワーク内では4,500名超のプロフェッショナルが活動しています。本社はブラジルのクリチバにあります。

次のステップ

この記事で紹介されているIBMソリューションの詳細については、IBMの担当者またはIBM ビジネス・パートナーにお問い合わせください。

お客様事例はこちら IBMへのお問い合わせ ENN グループ

エネルギーエンタープライズがAIオートメーションに飛躍

お客様事例はこちら
裁判所事務局

ITが米国憲法をどのように支持するか

お客様事例はこちら
KPMG AG Wirtschaftsprüfungsgesellschaft社

安定性と堅牢性に優れた、スケーラブルなAIソリューション

お客様事例はこちら
法務

© Copyright IBM Corporation 2021.日本アイ・ビー・エム株式会社 〒103-8510 東京都中央区日本橋箱崎町 19-21

2021年3月、米国で作成。

IBM、IBM LOGO、およびibm.comは、世界の多くの国で法的に登録された、International Business Machines Corporationの商標です。その他の製品名・サービス名はIBMまたは他社の商標である可能性があります。IBMの登録商標の最新リストは、Webサイトの「著作権および登録商標情報」(
ibm.com/legal/copyright-trademark )でご確認いただけます。

本書は最初の発行日時点における最新情報を記載しており、IBMにより予告なしに変更される場合があります。IBMが事業を展開している国であっても、特定の製品を利用できない場合があります。

記載されている性能データとお客様事例は、例として示す目的でのみ提供されています。実際の結果は特定の構成や稼働条件によって異なります。本資料の情報は「現状のまま」で提供されるものとし、明示または暗示を問わず、商品性、特定目的への適合性、および非侵害の保証または条件を含むいかなる保証もしないものとします。IBM製品は、IBM所定の契約書の条項に基づき保証されます。