患者の予後の改善
Mayden社は可観測性を利用してメンタルヘルス・サービスの提供をサポートしています

「当社の製品は、国民保健サービスが心理療法アクセス改善(Improving Access to Psychological Therapy:IATP)と呼ばれるプログラムを進めるのに役立っています」と、Mayden社のオペレーション・ディレクターを務めるChris Eldridge氏は説明します。同社の主力製品であるiaptusは、英国のプライマリケア・メンタルヘルス・サービス向けの主要なデジタル・ケア記録システムです。

iaptusを使用すると、メンタルヘルス提供者は、患者が治療のために紹介された時期、受けた治療、それにどのように反応したかなど、患者の履歴を追跡できます。より広いレベルでは、医療提供者が、治療の有効性や、患者ができるだけ早く治療を受けられるようにするために追加のリソースが必要な場所を把握するのに役立ちます。

「サービスはiaptusを使って、患者の紹介や、待ち時間、結果の管理および追跡を行っているだけではなく、待ち時間目標などのKPIに対する実績を監視し、報告に必要なデータを提出するためにもiaptusに頼っています」と、Eldridge氏は説明します。Mayden社のデータ・サービス・チームは昼夜を問わずシステムのパフォーマンスを監視しており、インシデントが発生した場合には、何が問題になっているのかを迅速かつ正確に理解する必要があります。Mayden社は、開発プロセス全体を通じてより多くのパフォーマンス監視を組み込むことで、アプリケーションの信頼性向上に積極的に取り組んでいます。多くの医療ITプロバイダーはソフトウェアを3~6カ月に1回の割合で更新しますが、iaptusは1週間に4回も更新されるため、これは特に重要です。

この事例は、貴社のビジネス課題に共鳴しますか?今すぐ次のステップを踏みましょう。

広範囲のリーチを実現

 

Mayden社のiaptusアプリケーションは、英国で500万人以上の患者へのメンタルヘルス・サービス提供に貢献しています

最適化の推進

 

Mayden社は Instana®をiaptusシステムに適用して、パフォーマンス、信頼性、セキュリティを最適化しています。

パフォーマンスとセキュリティ

iaptusは、2008年以来Webベースのソリューションです。Mayden社は、2018年にシステムのプライベートクラウドへの移行を始めました。この移行の結果、チームはシステムのアーキテクチャーと、頼りにしているソリューションの両方に大幅な変更を加えました。

以前から、Mayden社のパフォーマンス監視ソリューションは、基盤となるハードウェア・インフラストラクチャー、メモリ、CPU、ディスクの使用状況などは適切に監視していました。しかしMayden社は、ソフトウェア自体がどのように動作しているかについて可視性を高める必要がありました。Mayden社は、頻繁なリリース・サイクルを通じてソフトウェアの安全性、信頼性、効率性を確保できるように、開発プロセス全体を通じてその情報にアクセスできるようにしたいと考えていました。

Eldridge氏は次のように述べています。「私たちは、ソリューションのパフォーマンスを、高い解像度ではっきりと理解するために役立つものを探していました。さまざまな理由から山や谷が存在する可能性がありますが、それらを秒単位で確認できるようにしたいと考えていました」分ごとに主要な情報をサンプリングするだけでは不十分だと、Eldridge氏は強調します。

第二の非常に重要な要件は、データのプライバシーです。「私たちは非常に機密性の高いメンタルヘルスデータを大量に預かっています」とEldridge氏は言います。Mayden社は、クラウドを活用した監視ソリューションを、企業インフラストラクチャーの外部に設けることを望んでいました。そのためには、ロギング・システムが監視するデータを詳細に制御する必要がありました。

使いやすさも重要な要素でした。IBM® Observability by Instanaを選択する前に、チームではNew Relicなどのベンダーもいくつか試してみたと、Eldridge氏は説明します。中には膨大な量のデータを提供するものもありましたが、そのデータの分析には独自の課題が伴いました。「私たちは、Instanaに組み込まれたAIテクノロジーに特に興味を持っていました。このテクノロジーは、情報をより適切に解釈するのに役立ち、最も関心がありそうな領域に誘導してくれます。」

私たちは、ソリューションのパフォーマンスを、高い解像度ではっきりと理解するために役立つものを探していました。さまざまな理由から山や谷が存在する可能性がありますが、それらを秒単位で確認できるようにしたいと考えていました。 Chris Eldridge氏 オペレーション・ディレクター Mayden社
広範囲にわたる可視性を迅速に

「優れた顧客サービスを提供することは、私たちにとって非常に重要です」とEldridge氏は言います。「私たちはサプライヤーにも同じレベルのサービスを期待しています。初めてInstanaチームと連携し始めたとき、受けたサポートのレベルに本当に勇気づけられました。」

インストール・プロセスの開始時に、Mayden社は患者データが誤って収集され、監視システムに送信されることがないようにする必要がありました。他のプロバイダーは、その分野でInstanaチームほど手厚いサポートを提供していませんでした。「Instanaからは非常に重要なサポートを受けました」とEldridge氏は振り返ります。「ヘルプデスクだけでなく、Instana技術チームとの電話やSlackでの会話も、他のプロバイダーでは見られなかったものです。その結果Mayden社は、Instanaには私たちと緊密に連携し、私たちの要件を理解してくれる強力な技術サポート・チームがあると確信することができました」

さらに、Eldridge氏は次のように説明しています。「iaptusが成長するにつれて、アーキテクチャーも変更され、複雑なソフトウェアになりました。Instanaはネットワークを視覚的に表示してくれます。それを見て、全員がとても嬉しい驚きを覚えたと思います。システム・チームや開発者からの入力がなくても、数回クリックするだけで、Instanaが実行されていた物理的および論理的環境の画像が表示されるのです」

InstanaがMayden社のアーキテクチャーおよびインフラストラクチャーとどのように連携するかについてチームが理解すると、インストール作業は迅速に完了しました。「データを取り出すには数週間かかると予想していましたが、実際には数日以内にデータと使用状況の情報を表示することができました」とEldridge氏は言います。

環境が保護されているということは、ソフトウェアをアップデートすることが困難になる可能性があることも意味します。しかし、Eldridge氏は次のように説明しています。「クラウド・ホスティングのスケールに合わせて新しいクラスターにロールアウトするプロセスを理解してしまえば、とても簡単なプロセスでした。これからも簡単だと思います」

継続的改善

「特定のシナリオでソフトウェアがどのように機能するか、またソフトウェアのどの部分を再確認する必要があるかについて、さらに多くのことを明らかにすることができました」と、Eldridge氏は言います。「私たちのチームは必要なときにいつでもアクセスできるため、問題が発生した場合でも、調査が必要と思われる領域を問い合わせることができます」

それでもなお、Mayden社はまだInstanaとの旅の始まりにいます。同氏によると、今後6~12カ月の計画では、Instanaの使用を拡大し、アプリケーション・パフォーマンスの監視全般に関するチームメンバーのスキルを磨く予定です。目標は、開発プロセス全体にわたってパフォーマンス監視を組み込み、iaptusアプリケーションの信頼性向上に継続的に取り組むことです。

Mayden社のロゴ
Mayden社について

Mayden社(ibm.com外部へのリンク)は、臨床医と患者の可能性を変えるデジタル技術を創造しています。同社のiaptusシステムは、英国における心理療法のための主要なデジタルケア記録システムです。Mayden社は英国のバースを拠点としています。

Instanaロゴ
IBM傘下のInstanaについて

IBM Companyの一員であるInstanaは、複雑な最新クラウドネイティブ・アプリケーションを運用する企業に対し、自動化されたアプリケーション・パフォーマンス監視機能を備えたエンタープライズ向け可観測性プラットフォームを提供しています。このプラットフォームは、モバイル・デバイスやIBM Z®メインフレーム・コンピューターを含むオンプレミスやパブリッククラウド、プライベートクラウドなど、場所を問わずに使用できます。

InstanaはAIを利用してハイブリッド・アプリケーション内の深いコンテキスト依存関係を検出することで、最新のハイブリッド・アプリケーションを制御します。また、Instanaは開発パイプラインの可視性も提供するため、DevOpsの自動化を循環させることができます。

これらの機能は、クライアントがアプリケーション・パフォーマンスを最適化し、イノベーションを可能にし、リスクを軽減するために必要な実践的なフィードバックを提供します。これにより、サービスおよびビジネス・レベルの目標を達成しながら、DevOpsチームの効率性を向上させ、ソフトウェア配信パイプラインに付加価値を与えることができます。

詳細については、instana.comを参照してください。

次のステップ

この記事で紹介されているIBMソリューションの詳細については、IBMの担当者またはIBM ビジネス・パートナーにお問い合わせください。

PDFファイルを読む 他の事例を見る PathMotion社
雇用主が完璧な従業員を見つけるのを支援
お客様事例はこちら
Conrad Electronic社
世界の電子機器を確実に供給
お客様事例はこちら
法務

© Copyright IBM Corporation 2021. IBM Corporation、IBM Cloud、New Orchard Road、Armonk、NY 10504

2021年6月、米国で制作

IBM、IBM LOGO、ibm.com、およびIBM Zは、世界の多くの国々で法的に登録されているInternational Business Machines Corporationの登録商標です。その他の製品名およびサービス名はIBMまたは他社の商標である可能性があります。IBM の商標の最新リストは、Webサイトibm.com/trademarkで入手できます。

本書は最初の発行日時点における最新情報を記載しており、IBMにより予告なしに変更される場合があります。IBMが事業を展開している国であっても、特定の製品を利用できない場合があります。

記載されている性能データとお客様事例は、例として示す目的でのみ提供されています。実際の結果は特定の構成や稼働条件によって異なります。本資料の情報は「現状のまま」で提供されるものとし、明示または暗示を問わず、商品性、特定目的への適合性、および非侵害の保証または条件を含むいかなる保証もしないものとします。IBM製品は、IBM所定の契約書の条項に基づき保証されます。

お客様は、自己の責任で関連法規および規則を順守しなければならないものとします。IBMは法律上の助言を提供することはなく、また、IBMのサービスまたは製品が、いかなる法規もしくは規則をお客様が順守していることの裏付けを、表明ならびに保証するものでもありません。

適切なセキュリティ実践に関する声明:ITシステムのセキュリティには、企業内外からの不適切なアクセスの防止、検出、対応を通じてシステムと情報を保護することが含まれます。不適切なアクセスは、情報の改ざんや、破壊、悪用、誤用、または他者への攻撃への使用を含む、システムの損傷または誤用につながるおそれがあります。ITシステムや製品は完全に安全であると捉えるべきではなく、不適切な使用やアクセスを防止する上で絶対に効果のある、製品や、サービス、セキュリティー対策は1つもありません。IBMのシステム、製品およびサービスは、合法的で包括的なセキュリティー・アプローチの一部として設計されているため、必然的に運用手順が追加されることになります。また、最も効果を発揮するために他のシステム、製品、またはサービスが必要となる場合があります。IBMでは、いずれの当事者による不正行為または違法行為により、いかなるシステム、製品もしくはサービス、またはお客様の企業に対して影響が及ぶことはないことを保証するものではありません。