ホーム お客様事例 ContextQA 自動化と生成AIによるソフトウェア・テストの加速
ContextQA + IBM
リードスペース用のwatsonx.aiデジタル・レンダリング

ソフトウェアのテストは常に不足している部分であり、そのためにソフトウェアのリリースが遅れることが多く、製品の品質が損なわれることがよくあります。ContextQA社は、コーディングの知識を必要としないアプリケーションを開発しました。代わりに、AIと自動化を使用して、Webアプリケーション、API、モバイル・アプリケーションをテストします。

IBMは市場をリードする企業です。IBMは信頼できるブランドであり、すべてのエンタープライズ顧客とフォーチュン500の顧客がIBMに最高の敬意を払っています。当社の名前はIBMに関連付けられています。 Deep Barot CEO(最高経営責任者)兼創業者 ContextQA
5,000 テストケースは数分以内に移行および自動化

生成AIが登場する前、ContextQAは自動化から始まりました。オースティンで開催されたサウス・バイ・サウスウェスト(SXSW)イベントでIBMチームと会いました。Build IBM Teamは、追加のインフラストラクチャーを必要とせずに新しいツールを試す機会を同社に提供しました。IBMのソリューションにより、ContextQAは生成AIモデルやすぐに使える多くの機能を使用できるようになったため、目を見張るものがありました。

同社は、テクニカル・リソース・サポートとして。Build Partnerチームと1か月間連携しました。 Build Partnerチームは、利用可能なオプションと、デプロイメントを成功させるために、その使用方法について、ContextQA社をガイドしました。トレーニング・データがあまりないため、ContextQA社は手動のテスト・ケースを移行し、異なる組織データ全体で自動化したいと考えていました。IBMが提供する自然言語処理(NLP)モデルを使用することで、ContextQA社は大量のデータを取得し、手動の手順を自動化することができました。また、ソフトウェア開発の不安定性も解決できました。

ContextQA社は OpenAIを試しましたが、いくつかの制限に直面しました。ContextQAが直面した主な問題の1つは、これらのモデルに関するプライバシーと倫理でした。エンタープライズの顧客にとって、安全で偏りのない倫理モデルを持つことは、極めて重要であり、IBM® watsonx.aiスタジオはその問題を解決しました。ContextQA社はさまざまなソリューションを試しましたが、IBMのソリューションを除いて、正しい答えを見つけることができませんでした。

IBM AIテクノロジーを使用することで、同社はソフトウェアの変更点を特定し、関連性のある正確な提案を提供し、正しいタスクを実行することができました。したがって、IBMモデルを使用することで、テストの不安定さが解消されました。

「watsonx.aiスタジオを使用して、Excelスプレッドシートに平易な英語で書かれた5,000のテスト・ケースを持つ、大企業向けの手動テスト・ケースのNLPベースの移行を行いました」とContextQA社CEO兼創設者のDeep Barot氏は言います。「これらすべてのケースを数分以内に移行して自動化することができました。これこそが、IBMが提供する生成AIの力です」

IBMは大規模なエコシステムと独自のDevOpsツールを有し、IBM Consulting®の支援を受けて最先端のテクノロジーを開発しています。これにより、ContextQA社はテストとレポート機能を改善し、さらに多くのエンタープライズ顧客への扉を開くことができるというアドバンテージが実証されています。

ContextQA社のロゴ
ContextQA社について

ContextQA社(ibm.com以外へのリンク)は、テキサス州オースティンを拠点とするソフトウェア製品開発会社です。シングル・クリックのAIテクノロジーを使用してアプリケーション・テストと品質保証プロセスを自動化する、ソフトウェア自動化プラットフォームを備えています。同社は、ソフトウェア開発プロセス全体を通じて、エンタープライズやスタートアップ企業の顧客と連携しています。

IBM watsonx.ai

watsonx.aiは、企業が自社のニーズに合うようAIソリューションを構築する支援しています。

watsonx.aiの詳細はこちら 無料評価版を試す
法務

© Copyright IBM Corporation 2024.日本アイ・ビー・エム株式会社 〒105-5531 東京都港区虎ノ門二丁目6番1号 虎ノ門ヒルズ ステーションタワー

2024年2月

IBM、IBMのロゴ、ibm.com、IBM Consulting、watsonx.aiは、米国およびその他の国々におけるIBMの商標または登録商標です。その他の製品名およびサービス名は、IBMまたは他社の商標である可能性があります。現時点でのIBMの商標リストについては、ibm.com/legal/copyright-trademarkをご覧ください。

本書は最初の発行日時点における最新情報を記載しており、IBMにより予告なしに変更される場合があります。IBMが事業を展開している国であっても、特定の製品を利用できない場合があります。

引用または説明されているすべての事例は、一部のクライアントがIBM製品を使用し、達成した結果の例として提示されています。実際の環境でのコストや結果の特性は、クライアントごとの構成や条件によって異なります。お客様のシステムおよびご注文のサービス内容によって各クライアントの結果は異なるため、一般的に予測される結果を提示することはできません。本資料の情報は「現状のまま」で提供されるものとし、明示または暗示を問わず、商品性、特定目的への適合性、および非侵害の保証または条件を含むいかなる保証もしないものとします。IBM製品は、IBM所定の契約書の条項に基づき保証されます。