ホーム ケーススタディ Kraft Heinz社 Kraft Heinz社
Kraft Heinz社は、SAP Business Warehouseを超高速SAP HANAデータベースに移行しました
マカロニ・アンド・チーズの箱とトマトケチャップのイラスト

Kraft Heinz社は、SAP® Business WarehouseアプリケーションをSAP HANA®プラットフォームに移行し、データ量が急増しているにもかかわらず、夜間のレポート作成バッチの処理時間を大幅に短縮しました。

ビジネス上の課題

データ量の増大によりシステム・パフォーマンスが課題になる中、Kraft Heinz社はどのようにして重要なSAP業務システムのパフォーマンスに影響を与えることなく、より詳細なレポートを提供できたのでしょうか?

概要と経緯

Kraft Heinz社は、SAP Business WarehouseアプリケーションをSAP HANAプラットフォームに移行し、データ量が急増しているにもかかわらず、夜間のレポート作成バッチの処理時間を大幅に短縮しました。

結果 大幅に
レポート作成の実行時間を短縮
実現できたこと
サプライチェーンの業務プロセスに対して、より迅速かつ詳細なレポートを作成
サポート
データに基づく意思決定で運用コストを削減
ビジネス上の課題の詳細
無駄のない経営で利益を保護

変化の激しい日用消費財業界の企業にとって、成功のためには無駄のない運用が今まで以上に重要になっています。不確実な世界経済のために個人消費に下押し圧力がかかり続ける中、企業は利益を守るために常に業務効率化の方法を見つけて実行する必要があります。

食品・飲料製品の世界有数メーカーであるKraft Heinz社は、北米で自社ブランドを支えるサプライ・チェーンを合理化することで、この課題に正面から取り組むことを目指しました。この広範なプログラムにより、多くの業務プロセスのデジタル・トランスフォーメーションが可能になり、結果として企業全体のデータ・フローを統合して、効率化と高度な分析が可能になると考えられました。

Kraft Heinz社のグローバルSAPセンター・オブ・エクセレンス責任者であるRowie Torres氏は、次のように説明します。「Kraftのような大規模なサプライチェーンの管理は、販売予測、製造計画、物流などに関する正確でタイムリーなデータを必要とする複雑なプロセスです。複数のソースからのデータを照合することは、非常に重要です。そうすることで、各製品を最適な量で製造し、消費者の需要を最大限に引き出すのに最適なタイミングで小売店に届けることができるためです。

「近年、私たちが収集するサプライチェーンのデータの量は急速に増加しています。この増加したデータをレポート作成プロセスに組み込むことで、意思決定者が効率を向上させるための貴重な機会を掘り下げて発見できるようになることはわかっていましたが、きめ細かなレポートの作成には、難しい技術的な課題がありました」

日用消費財分野の多くの大手企業と同様、Kraft Heinz社は、統合されたSAPアプリケーション・スイートを利用して業務プロセスをエンドツーエンドで推進しています。

Rowie Torres氏は次のように続けます。「当社は長年にわたり、業務分析プロセスのサポートにSAP Business Warehouseソフトウェアを使用してきました。しかしデータ量と分析需要の増加により、夜間のバッチ・プロセスが、厳密に定められた12時間の枠を超えそうでした。さらに、データ・モデルが複雑なため、新しいレポートの作成には時間がかかり、完了までに最大6カ月もかかる可能性がありました。より頻繁かつ詳細なレポートをビジネスに提供するために、私たちはSAP Business Warehouseプラットフォームのパフォーマンスを向上させる方法を探しました」

IBMが提供するSAP HANAプラットフォームは、当社のデジタル・トランスフォーメーションの取り組みにとって重要な構成要素です。 Rowie Torres氏 グローバル SAP センター・オブ・エクセレンス責任者 Kraft Heinz社
概要と経緯の詳細
超高速分析プラットフォーム

Kraft Heinz社は、既存の分析環境を徹底的に見直した結果、SAP Business WarehouseアプリケーションをSAP HANAデータベースに移行することで、迅速かつ詳細なレポート作成という業務上の要求に応えるために必要なインメモリーパフォーマンスの向上を実現できると判断しました。

「当社の業務プロセスの大部分をサポートするためにSAPソリューションを使用していますが、分析プラットフォームとしてSAP HANAを採用することで、SAPへの投資からさらに大きな価値を得ることができると気づきました。

「SAP HANAは、12年以上にわたって当社の日常業務を推進するために使用してきたSAP ERP(ibm.com外部へのリンク)アプリケーションとの緊密な統合を提供するだけでなく、当社の長期的な戦略目標に沿ったさまざまな新しいソリューションをサポートしています。そのため、私たちはSAP HANAを使用して、製造プロセスをほぼリアルタイムな予測データと統合することを目指しました」

できるだけ早くその価値を実現し、移行プロセス全体にわたるリスクを軽減するために、Kraft Heinz社はプロジェクトを推進する経験豊富なパートナーを探しました。厳格なベンダー選定プロセスを経て、同社はIBM® Servicesのコンサルタントからなる専門家チームと契約しました。

「私たちがIBM® Servicesチームを選んだ主な理由の1つは、他の大企業でSAP HANA導入を成功させた実績があったことです」とRowie Torres氏は振り返ります。「もう1つの重要な要素は、IBMチームが当社の分析プラットフォームに精通していたことです。IBMは、当社が最初にSAPソリューションを導入して以来、貴重なパートナーであり、SAP Business Warehouse環境に関するIBMチームの知識は誰にも引けを取りません。そして、IBMとSAPの間には緊密な戦略的関係があるため、新しいSAP HANAデータベースを迅速に提供するにはIBMが理想的な選択であると感じました」

最初のステップとして、Kraft Heinz社はIBM Servicesと協力して、既存の分析データベースをクレンジングしました。この作業によりデータベースが合計18TBからわずか9TBに縮小され、50%の削減によって新しい分析プラットフォームへシームレスに移行する道が開かれました。

次に、同社はIBMとSAPのコンサルタントと協力して、SAP Business Warehouseレポートをデータ・ウェアハウジングと分析用の新しいSAP HANAプラットフォームに移行しました。IBM Servicesは、実証済みのベスト・プラクティス手法に従って、SAP HANAプラットフォーム用の開発、品質保証、リグレ環境と本番環境を準備しました。

IBMは、Kraft Heinz社の SAP Business Warehouse環境に関する深い専門知識を活用し、サプライチェーン・トランスフォーメーションを含むすべての新規プロジェクトのレポートをSAP Business Warehouse LSA++モデルに再構築する支援を行いました。その目的は、インメモリー分析プラットフォームのメリットを、可能な限り短期間で、可能な限り多くのビジネス・ユーザーに提供することであり、IBM ServicesはIBM全体からリソースを動員して、限られた時間枠の中で目標を達成しました。

「SAP HANAへの移行でIBMと協力できたことは、非常に良い経験でした」とRowie Torres氏は言います。「IBMは、プロジェクトを円滑に進めるために必要なリソースをすべて結集してくれました。また、問題が発生すると、チームは迅速に対応して問題を解決してくれました。このIBMチームの強力なリーダーシップは、サービスインの日が近づくにつれてさらに重要になりました。実際、IBMの支援のおかげで、移行はわずか8カ月で完了しましたが、この規模のプロジェクトとしては非常に短いスケジュールです」

私たちがIBM® Servicesチームを選んだ主な理由の1つは、他の大企業でSAP HANA導入を成功させた実績があったことです Rowie Torres氏 グローバル SAP センター・オブ・エクセレンス責任者 Kraft Heinz社
成果の詳細
サプライチェーンの合理化

SAP HANAを分析プロセスの中核に据えることで、Kraft Heinz社は、意思決定者にきめ細かなレポートを提供し、サプライチェーン内外で新たな効率化の方法を見つけて実装できる体制を整えました。

「以前は、当社の分析プラットフォームは限界まで拡張されており、レポートに新たな観点を追加することは不可能でした。しかし、今日ではすべてが変わりました」とRowie Torres氏は言います。

IBMが提供するSAP HANAプラットフォームは、当社のデジタル・トランスフォーメーションの取り組みにとって重要な構成要素です。たとえば、夜間のレポート作成バッチの処理時間を大幅に短縮しました。これにより、増え続けるデータ量をレポートに含めるために必要な、非常に重要な余裕が得られます。

「さらに良いことに、SAP HANAプラットフォームの柔軟性により、データ・モデルの変更がはるかに簡単になります。つまり、新しいレポートを数カ月ではなく数週間でビジネスに展開できることになります」

Rowie Torres氏は次のように結論付けています。「SAP HANAは、今日のデータ主導型消費財市場の課題に対するKraft Heinz社の答えであり、私たちはSAPを長期的な戦略的プラットフォームと考えています。IBMとSAPとの緊密な連携を継続することで、戦略的デジタル・トランスフォーメーションの一環として業務を合理化し、コストを管理する新しい方法を見つけることができると確信しています」

Kraft Heinz社のロゴ
Kraft Heinz社

Kraft Heinz社は北米第3位、世界第5位の食品・飲料会社です。45カ国以上に事業を展開し、80億ドル規模のブランドを展開する同社は、2014年に291億米ドルの収益を上げました。

詳細情報はこちら

IBMおよびSAPのソリューションの詳細については、IBM担当員またはIBMビジネス・パートナーまでお問い合わせいただくか、Webサイト(ibm.com/consulting/sap)にアクセスしてください。

お客様事例はこちら 詳細はこちら
法務

 

© Copyright IBM Corporation 2016. IBM Deutschland GmbH D-71137 Ehningen ibm.com/consulting/sap

ドイツで製作、2016年2月

IBM、IBM LOGO、およびibm.comは、世界の多くの国で法的に登録された、International Business Machines Corporationの商標です。その他の製品名およびサービス名は、IBMまたは他社の商標である可能性があります。IBMの登録商標の最新リストは、Webサイトの「著作権および登録商標情報」(ibm.com/trademark)でご確認いただけます。その他の製品名・サービス名はIBMまたは他社の商標である可能性があります。IBMの登録商標の最新リストは、Webサイトの「著作権および登録商標情報」(ibm.com/legal/copyright-trademark)でご確認いただけます。

他の会社名、製品名、またはサービス名は、他社の商標またはサービス・マークである場合があります。本資料は最初の発行日時点における最新情報を記載しており、IBM により予告なしに変更される場合があります。IBMが事業を展開している国であっても、特定の製品を利用できない場合があります。

このお客様事例では、あるIBMお客様がIBMおよび/またはIBMビジネス・パートナーのテクノロジー/サービスをどのように使用しているかを示します。多くの要因が、説明されている結果と利点に貢献しています。IBMは、同等の結果を保証しません。ここに含まれるすべての情報は、主なお客様および/またはIBMビジネス・パートナーによって提供されたものです。IBMは、その正確度を証明していません。引用されているすべてのお客様の例は、一部のお客様がIBM製品をどのように使用し、達成した可能性のある結果を表しています。実際の環境でのコストや効率の特性は、お客様ごとの構成や条件によって異なります。この資料は、一般的なガイダンスのみを目的としています。写真は設計モデルを示す場合があります。

本資料の情報は「現状のまま」で提供されるものとし、明示または暗示を問わず、商品性、特定目的への適合性、および非侵害の保証または条件を含むいかなる保証もしないものとします。IBM製品は、IBM所定の契約書の条項に基づき保証されます。© 2019 SAP SEAll rights reserved.SAP、R/3、SAP NetWeaver、Duet、PartnerEdge、ByDesign、SAP BusinessObjects Explorer、StreamWork、SAP HANA、および本資料に記載されているその他のSAP製品およびサービス、ならびにそれぞれのロゴは、ドイツ連邦共和国およびその他の国々におけるSAP SEの商標または登録商標です。これらの資料は、SAP SEまたはSAPの関連会社により情報提供のみを目的として提供されるものであり、いかなる種類の表明または保証を行うものではありません。SAP SEまたは関連会社は、この資料に関連する誤りや省略に対して責任を負いません。

本資料または関連するプレゼンテーション、およびSAP SEまたはその関連会社の戦略、将来的に実現する可能性のある開発、製品、および/またはプラットフォームの方向性および機能性は、すべて変更される可能性があります。SAP SEまたはその関連会社は、いつでも予告なしに理由を問わず変更することができます。