IWMSのソフトウェアとソリューション

統合型職場管理システム(IWMS)により運用の最適化、中断時の管理、コスト削減、柔軟な職場を実現する方法をご覧ください

少人数のビジネス関係者が会議用テーブルで打ち合わせをしている様子

概要

IWMSとは

職場のリソース管理は、ますます複雑で多面的になっています。 IWMS(統合型職場管理システム)は、職場リソースの管理と最適化に特化したソフトウェア・プラットフォームであるため、企業は保有するさまざまな不動産、設備、インフラなどの資産を最大限に活用できるようになります。

IWMSのメリットは、単一の情報源により、不動産や施設管理のプロフェッショナルが変化に迅速に対応し、戦略的なスペース管理や稼働率の意思決定を行い、入居者に最高のサービスを提供できることです。

組織へのメリットに加えて、IWMSは一般的に、建物での水やエネルギーなどの資源の使用効率を最大化することで、サステナビリティーの目標に対応します。 これは通常、IWMSと建物管理システムを円滑に統合することで達成されます。


メリット

IWMSのメリット 資本プロジェクト管理を見る(113 KB) データを最大限に活用

建物とワークスペースは、データの発生源であると同時に利用者でもあります。 IWMSで提供されるエンドツーエンド・ソリューションは、収集および分析されたデータを組織が活用できるようにして、さらに洞察に変換します。

不動産ポートフォリオの最適化

IWMSは、取引管理の刷新、リース管理の効率化、リース会計のモダナイズに特に配慮して、不動産利用に関するあらゆる取り組みを支援します。

プロジェクト計画への優先順位付け

資本プロジェクトは、建物管理の基本的な側面です。 IWMSを使用すると、プロジェクトの成果の確認、さまざまな投資シナリオの分析、より大きな組織目標が設定されたプロジェクトの調整が可能になります。

戦略的なスペース利用の実施

IWMSは、組織が占有についてのデータを取得して、スペース使用率を最適化するための洞察を生成し、効率的な移動管理を可能にし、競合を最低限に抑える予約システムを運用するのに役立ちます。

運用と保守の取り組みを改善

IWMSを使用すると、予防保全対策の最適化、サービス管理プロセスの自動化、作業指示の追跡と評価、資産のライフサイクル延長の機会の特定を行うことができます。

最適な職場体験の創出

IWMSでは、適切なスペース、サービス、アメニティーの提供が可能になるため、入居者の期待を上回る、生産性と柔軟性の高い職場体験を実現できます。

参考情報

IWMS参考情報


次の ステップ

お問い合わせ

IoTデータやAIを活用した施設管理の変革を支援する、専門家との1対1の相談をスケジュールしてください。

IBMのIWMSソリューションを見る

IBM TRIRIGAがインテリジェントな施設管理業務に不可欠な洞察をどのように提供しているかをご覧ください。