15年の過程

IBMは、クラス屈指の価格対性能比、シンプルさ、および低い所有コストを実現する、統合ハードウェア/ソフトウェア・ソリューションであるNetezza®ベースのアプライアンスを提供することにより、データウェアハウジングと分析の環境に変革をもたらしました。

2018年のデータの世界は、2003年のものとは大きく異なります。さまざまな業界において、AIやモノのインターネット(IoT)、クラウドコンピューティングの台頭、ビッグデータの有用性などに向かっている動きが見られます。しかし、IBMのお客様が直面している主なビジネス上の問題 — 複雑さ、高コスト、運用効率 — には、変化が見られません。

古いモデルのNetezza - Skimmer(バージョンN100-1)、TwinFin(N1001のすべてのバージョン)、またはStriper(N2001のすべてのバージョン)を購入された場合、2019年6月30日にサポートが終了します。これまでのアプライアンスも十分に有用ではありましたが、テクノロジーの進歩に伴い、アップグレードのタイミングが来ています。

ビジネス・インテリジェンスの未来

IBM Integrated Analytics Systemは、超並列処理、データウェアハウジング、および分析のために設計された、高性能のハードウェアとデータベース・クエリー・エンジンを組み合わせた次世代のNetezzaベースのアプライアンスです。アプリケーション要件に応じて、ワークロードをパブリック・クラウド、プライベート・クラウド、およびオンプレミス・ベースにシフトできます。お客様のユーザーのデータ・サイエンスおよび機械学習の要件を満たすように設計されました。

「IBM Integrated Analytics Systemは、構造化されたデータ分析と非構造化データ分析を、共通のSQLエンジンで結び付けます。これにより、お客様はほぼすべての組み合わせのデータ・ソースで高度なフェデレーテッド照会を構築することが容易になり、データ・サイエンスや機械学習などの高度なアナリティクスを容易に統合できます。」

Joe Grant Bluechel、バイス・プレジデント、Data & Analytics、Sirius Computer Solutions社

高機能と高パフォーマンスの実現

 Netezza(mako)IBM Integrated Analytics System
Multi-Temature Storageの拡張なしあり
JSONサポート なしあり
パフォーマンス1X2X - 5X
共通のSQLエンジンなしあり
OLTP/運用分析なしあり
データ・サイエンスと機械学習ありあり(Advanced)
事前に構築されたデータベース内分析ありあり(Advanced)
データ・サイエンス・エクスペリエンス(DSXローカル)なしあり
組み込みSparkなしあり
組み込み仮想化ありあり(Advanced)
クラウド対応なしあり
段階的なハードウェア拡張なしあり

 

クラウドへの移行の検討

IBM Db2® Warehouse on Cloudは、大規模な分析のビジネス価値を最大化する、IBM BLU Acceleration®テクノロジーを採用した、弾力的でフル・マネージドのクラウド・データウェアハウス・サービスです。IBMのマイグレーション・アシスト、ライセンス交換、および特別な価格設定で、パフォーマンスを向上させ、データの将来の使用に向けて準備を整えます。

専門家へのお問い合わせ

30分間の無料のコンサルティングを予約します。

Netezzaアップグレード・オプションについて説明します。