データ視覚化ツールとソリューション

データに隠されたストーリーを見つけましょう。 視覚化ツールを使用すると、そこにあるとは知らなかったパターンや関係を簡単に識別して、十分な情報に基づいた意思決定を行うことができます。

モニターを見ながら最高の結果を得るために一生懸命働いている人々

概要

信頼できるリアルタイムのデータ視覚化

世界や顧客の進化する期待に応えて、会社の取り組みを迅速に転換する方法が必要です。 また、ビッグデータを使用してこれらの迅速なビジネス上の意思決定を行う方法も必要です。

しかし、ビッグデータの量は増え続けており、さらに大きなデータになっています。 その結果、大量のデータの分類、理解、特に説明に時間がかかります。 さらに、多様なソースから結果を引き出すことができた場合、それらの数値出力を解釈するのは簡単ではありません。

IBMデータ視覚化ツールを使用すると、人工知能や機械学習などのコグニティブ・コンピューティング技術を統合して、信頼できるリアルタイムのデータを簡単に視覚化できます。 また、データを視覚化することで、情報の提示を加速し、新しい洞察を共有し、データ主導の意思決定を迅速かつ自信を持って促進できます。


メリット

データ視覚化のメリット IT部門の関与なしに、視覚化の専門家や待ち時間なしで、正確なビッグデータの視覚化を行えます。 全体像を見る

データサイエンティストに頼ることなく、正確な洞察を明らかにし、複雑なデータ内のパターンを確認できます。 AIアシスタントは、これまで判明したことのないデータのパターンを明らかにすることもできます。

意味のあるデータを提示する

洞察をわかりやすい形で他の人と共有できます。 たとえば、AIはダッシュボードの作成を支援したり、視覚化の推奨事項を表示して、ストーリーを最もよく伝えられるようにします。

データを民主化する

セキュリティーとガバナンスの機能を活用しながら、組織全体に信頼できる唯一の情報源を提供し、データをアップロードして手動でクリーンアップする際の人的エラーを減らします。

より良い決定を下す

統合されたAI機能により、次のステップを理解し、意思決定の強化を通じてデータ分析の実行に費やす時間を短縮できます。

ユースケース

データ視覚化のユースケース

トレンド・チャート トレンド・チャートは、時間の次元に沿ったデータを表します。 それらを使用して、さまざまな長さと規模の期間にわたる変化を追跡します。 例としては、折れ線グラフ、面グラフ、ヒストグラム、ストリーム・チャートなどがあります。
比較チャート 比較用に設計されたチャートは、要素間の違いを視覚化することを目的としています。 例としては、棒グラフ、バブル・チャート、レーダー・チャートなどがあります。
部分から全体へのチャート 部分から全体へのチャートの目的は、さまざまなカテゴリーまたはグループにわたる値の内部の細分を示すことです。 例としては、円グラフ、積み上げ棒グラフ、積み上げ面グラフ、ツリー・マップなどがあります。
相関チャート 相関チャートは、たとえば通話時間と顧客満足度の相関など、多次元のデータに使用されます。 チャートの例には、散布図とヒート・マップが含まれます。
関係と接続のチャート 関係と接続のチャートは、たとえばエコシステム内での要素の役割を説明するなど、階層を視覚化します。 チャートの例には、沖積図と樹形図が含まれます。
マップ マップは、たとえば郡別の有権者数や地区別の平均賃金など、地理データに使用されます。 例としては、コロプレスや接続線マップがあります。

お客様事例

組織全体の人々が問題について私に連絡し、私はデータと視覚化によって彼らに解決策を提供しています。 ビジネス・インテリジェンスを使用してより質の高いケアを提供する方法について読む

参考情報

データ視覚化の参考情報

次のステップ

IBM Cognos Analyticsを無料でお試しください