概要

データ準備とは?

データ準備とは、異種混合の未加工で乱雑なデータを、クリーンで一貫性のあるビューに変換するためのセルフサービス・アクティビティーです。 このプロセスには、データの検索、クリーニング、変換、編成、収集が含まれます。 データの準備は非常に重要ですが、時間がかかります。データ・チームは生データを高品質で、分析可能な出力データに変換するのに、最大で業務時間の80%を費やします。

IBMのデータ準備製品は拡張性が非常に高く、自動化によりデータの準備プロセスを改善し、高速化します。 データを準備する時間が短縮され、価値を創出する重要なビジネス上の分析に時間をより多くかけられるようになります。

データ準備のメリット

データ変換の高速化

機械学習の推奨情報を使用して、データのフォーマット、結合、タグ付け、クレンジングをします。 コーディングは不要です。

セルフサービスで連携

変換されたデータ・セットをBI、分析ツールにより企業全体で共有します。

信頼できるデータの使用

データ・ガバナンス、データ・リネージュ、プライバシー・ツールに接続して、コンプライアンスを推進し、価値を高めます。

IBM InfoSphere Advanced Data Preparation

IBM® InfoSphere® Advanced Data Preparationは、信頼できるデータへのセルフサービスのアクセスと自動化変換を提供することで、分析開始までの時間短縮とエンタープライズ・データの準備を迅速化します。 InfoSphere Advanced Data Preparationを使用すると、データを自在に管理できます。 直感的なダッシュボードで機械学習の推奨事項を提供できるため、数回クリックするだけでデータを変換できます。

その他の製品

データ準備機能を備えたその他の製品

IBM Cloud Pak® for Data

オンプレミスまたはクラウドに、すべてのデータを統合する柔軟なマルチクラウド・データ・プラットフォームです。

IBM Watson® Knowledge Catalog

ビジネス対応データへのアクセス、キュレート、分類、共有を行うエンタープライズ・データ・カタログです。

IBM Watson Studio

AutoAIを使用して、AIモデルを構築、実行、管理し、クラウド全体で大規模な意思決定を最適化します。

お客様向けご相談窓口

お客様ご相談窓口

初期費用やお客様の要件に合わせた構成についてもご相談可能です。
ビジネスでのデータ / AI 活用のご相談がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

次のステップ