データ準備ツールとソリューション

膨大な量の生データを、利用可能な品質の高い情報に素早く変換することで時間を節約します。

抽象的なブロックの図

概要

データ準備の自動化と高速化

企業では、イノベーションを推進し、重要な価値を創出して、差別化を図るためにデータを活用しています。 一方で、企業はデータを製品別の運用から企業資産へと再構築する際に、データ量、種類、速度、構造の急増など、データの複雑性に関する課題に直面しています。  データを企業資産として活用するためには、予備段階としてデータ準備が必要になります。 データ準備には、異種混合のソースからのデータ収集、組み合わせ、変換、編成が含まれます。 データ準備は非常に重要ですが、時間がかかります。データ準備によって、データへのアクセスが付与された従業員が高品質なデータセットを確実に利用して、情報に基づいたデータ駆動型の意思決定を推進できるようになります。


メリット

データ準備のメリット データ変換の高速化 機械学習の推奨情報を使用して、データのフォーマット、結合、タグ付け、クレンジングをします。 コーディングは不要です。 セルフサービスで連携 変換されたデータ・セットをBI、分析ツールにより企業全体で共有します。 信頼できるデータの使用 データ・ガバナンス、データ・リネージュ、プライバシー・ツールに接続して、コンプライアンスを推進し、価値を高めます。
データとAIをインテリジェントに自動化 - 次世代のIBM Cloud Pak® for Dataをご覧ください。

次の ステップ

お問い合わせ:数千社のお客様と連携して、データ、分析、AIに関する優れた戦略を構築してきたエキスパートに無料でご相談ください。

DataOpsコミュニティーに参加する

エキスパートや同業者とつながることで、専門知識を強化し、問題を解決し、洞察を共有できます。