天城ホームステッド変革の歴史

成功への道は天城から —豊かな発想を原動力に—

〜斬新な発想は、自然豊かな環境から 〜

天城ホームステッドは、富士箱根伊豆国立公園内に位置する宿泊型研修施 設で、1968年(昭和43年)に設立されました。 ロビーからは富士山、駿河湾、相模湾が一望できます。 雄大な自然を前に都 会の喧騒から解放される自然豊かな環境が発想を豊かにします。 日常とは 異なる視点から物事を見ることで斬新なアイデアが生まれます。 来館者 145,880名(2022年1月1日現在)

業界の枠を超えた交流と、経営課題を議論する場として50余年天城ホームステッドは、セミナーを通して、新たな価値を創造する企業経営の探求、お客様のご関心の高い分野の情報のご提供また、業界の枠を超えた交流を実現するお客様専用の研修施設です。

天城変革の歴史(詳しく見る)

1968年(昭和43年)4月の設立以来、時代とともに変化する経営環境の中、各界を代表する方を講師にお招きし、経営を担う方々を中心に毎年3,000名以上、累計14万人を超えるお客様にご参加いただき、2018年には開設50周年を迎えました。天城ホームステッド開設前夜の1967年は、通産省「産業構造審議会」に情報産業部会が設置され、日本生産性本部と日本電子計算機協会がMIS使節団を米国に派遣するなど、企業経営へのコンピューター活用の機運が高まり、その機運の中で天城ホームステッドは誕生いたしました。天城ホームステッドが開設された1968年の10月に開催された「エグゼクティブのための電子計算組織勉強会」以来、多くの著名な政財界の第一人者の皆様にご参加を賜りました。

有識者が集う天城ホームステッド

天城ホームステッドでは、「時代の変化を予見し、日本のとるべき道について、幅広い視点から各界の有識者の方々に自由に議論していただく場」として、有識者会議を毎年多数開催し、産業界をはじめ、学界、官界の皆様による熱い議論が繰り広げられています。天城ホームステッドの50余年の歴史は、「社会とともに、未来をともに」の信念のもとに、ステーク・ホルダーの皆様とともに歩んで参りました。

天城ホームステッドご紹介

天城ホームステッドは、セミナーを通して、新たな価値を創造する企業経営の探求、お客様にとって価値ある情報の提供、業界の枠を超えた交流の場としてご利用いただける研修施設です。時代とともに変化する経営環境の中、多くのお客様にご利用いただき、お客様のビジネスにも貢献して参りました。

天城エグゼクティブ・プログラムのご紹介

卓越した経営で著名な企業経営者の方や、各界の第一人者の有識者によるゲスト講演などを通じて、最新のビジネス変革の潮流と、それを支える画期的な情報テクノロジーの動向をお伝えいたします。

2022年度の天城エグゼクティブ・プログラムの主なテーマ

  • 共通テーマ「サステナブルな世界」- 環境問題/社会課題解決と経済成長を両立させる持続可能な未来の実現
  • <経済> ビジネスを伸張させるキー・ドライバー – 最新テクノロジーの動向、グローバル経営層スタディからの洞察
  • <環境> 環境問題を解決するプラットフォーム – 気候変動への取り組み、循環経済の実現
  • <社会> 必要とされる文化や企業姿勢 – 女性の活躍を支援、人材の育成

上記の業界に共通する経営テーマをはじめ、ファイナンス、HR、テクノロジー、IT、マーケティングなどの各領域を掌握される役員や、次世代のリーダーを対象としたプログラムも開催しております。開催年度によりテーマや対象は異なります。詳細は、担当営業にお問い合わせください。

お問い合わせ

弊社担当営業にお問い合わせください。