IBM Community Japan を
構成する3つの場

「マナブ」
「ツクル」
「ツナガル」

IBM Community Japan は「マナブ」「ツクル」「ツナガル」の3つの場を通じて「未来を創るテクノロジーで豊かな社会を創ること」の理念の下に、 メンバーの皆様の、そして、IBM の、知恵と経験と既存の枠組みを「解放」し、「未来」をともに紡いでゆく、参加型の「場」です。

その3つの場でご提供する具体的なプログラムをご紹介します。

「マナブ」場:未来を変える場所への最初の原動力となる場

ご提供プログラム一覧

 

未来を変える場所への最初の原動力としての
「マナブ」場へ

一人でも始めやすい「マナブ」。未来を変える場所への原動力としての「マナブ」場。そのために、従来限られた対象に展開していたIBMのプログラムを解放し、また、メンバー専用の様々なプログラムをご提供します。

「マナブ」場でのご提供プログラム一覧

現在「マナブ」場としてオンライン、オフラインで以下のプログラムをご提供しています。

また、日本IBMのマーケティング活動の一環として提供されるプログラムとして以下があります。

オンライン、オフラインでの様々なプログラムをご提供します。

  • IBM Community Japan Update
    厳選された旬なテーマ(例:「ニューノーマル」としての新しい働き方と企業のあり方 など)をピックアップし、参加メンバー間で意見交換を行うデジタル・セッション。
    セッション進行にあたっては、IBMのビジネスシンクタンクとしての位置付けを持つIBV(Institute for Business Value)が発行するレポートなどをその分野の専門家が説明することでトーンセットして進めていきます。
  • DASH Technology Perspective & DE Round Table
    IBMのDE(Distinguished Engineer:IBM技術職の最高位)が、IBMテクノロジーの最新動向をお伝えするインタラクティブ・セッション
  • どこでもSME(Subject Matter Expert : ある分野の専門家)
    5人以上の対象者が集まれば、IBMクラウドの専門家を派遣し最新動向をお伝えします(現地セッションあるいはリモートセッション)
  • 各種オンライン道場
    3000人同時参加も可能なオンラインの開発系トレーニング・プログラム。IBM Cloud上で提供されるサービスを活用し、アプリケーション開発やサービス構築を行うための基礎を短期間で習得できます。

プログラム責任者 武井 総が "CEC特別ツアー" をご紹介します。

<3Dバーチャル版 CEC特別ツアー>

以下の日程で、IBM Community Japanメンバーの方のみを対象とした、バーチャルツアーを予定しております。CECを3D画像で臨場感を以って巡っていただけるとともに、各々のソリューションのデモには、専任の解説員が操作・解説をいたします。また、オンライン上での双方向の質問も可能なツアーとなっております。
参加ご希望の場合は、各回前日の午前中までにお問い合わせください。

[ 日本IBMのマーケティング活動の一環として提供されるプログラム ]

  • X-Online(クロス・オンライン)
    X-Online(クロス・オンライン)は、IBM の Digital Event Portalです。
    テクノロジー戦略から、変革を実践されたお客様事例、先進ソリューションのデモまで、幅広い内容をご紹介しています。

※ こちらはIBM Community Japanのメンバー限定のプログラムではないため、セミナーご視聴の際には事前にIBM X-Onlineへのご登録(無料)が必要となります。

 

「ツクル」場:多くの仲間と専門家の多角的な視点でカタチにしていく場

ご提供プログラム一覧

 

多くの仲間と専門家の多角的な視点でカタチにしていく
「ツクル」場へ

アイデアがあっても一人では実現できない、単独企業では実現できない、業界横断でのコミュニケーションがないと実現できない。そのようなアイデアを多くの仲間と専門家で切磋琢磨し、カタチにしていく「ツクル」場を目指します。“未来 × テクノロジー”を実感しながら、社会に向けて提言できるようなアウトプットを一緒に作っていきませんか?

ナレッジモール(Knowledge Mall):知恵・経験・知見を持ち寄り、ともに「ツクル」を実現する場所・活動

IBM Communityにおける「ツクル」場は、単なる「場」ではなく、人のエネルギーが集まる場です。そのための仕組みとしてナレッジモールがあります。ナレッジモールは、いろんなお店が集うモールのように、仲間と共に自分を磨きあう意思を持った人たちが、知恵・経験・知見を持ち寄り、ともに「ツクル」を実現する場所であり、そのための活動全体の総称で、現在は主に以下の3つからなります。

そして、ともに「ツクル」を実現するためのインターラクティブな活動を支えるためのプラットフォームが以下です。


ナレッジモール研究:「未来を創る37テーマ」での研究活動  * 募集は終了しています

ナレッジモール研究では、年度初めの1月から約10ヶ月に渡ってワーキンググループ(以下WG)で研究活動を実施し、10月に最終的な成果物を発表する形で活動サイクルを終了します。

<2021年活動予定:37テーマ / 57WG>

研究テーマは社会課題、技術探究、情報システムの3つのカテゴリーで合計37のテーマに渡り、テーマと活動地域の掛け合わせで合計57のWGが構成されます。以下は研究テーマの一例です。

  • 社会課題研究:(テーマ例)未来に向けた都市再編とIT
  • 技術探究:(テーマ例)AIはこころを持てるか
  • 情報システム研究:(テーマ例)デザインシンキングを取り入れたプロジェクト計画


< ナレッジモール論文:個人あるいはグループでの論文活動 >

IBM Community Japanでは、会員のみなさま、日本IBM/IBMグループ社員の方からの論文を募集します。
(※応募期限が2021年1月29日から5月31日に変更になりました。)

歴史のあるユーザー論文とIBMプロフェッショナル論文が統合され、IBM Community Japanナレッジモール論文として出発します。
論文では、ITに関連して日頃の業務を通じて体験されたこと、気付きなどから得られたノウハウや経験(事例型)、または経験を通じて得られた意見(提言型)などの他、ITによる社会課題解決の方法、IT技術に関するより深い考察などをまとめてください。

これらの論文は「未来を創るテクノロジーで豊かな社会を実現する」というコミュニティーの趣旨に添って、広く公開いたします。

審査では以下の内容を重視し審査します。

  • 明瞭性、新規性、有用性、信頼性
  • 仮説、検証、分析、考察し、問題解決につながる新たな知見
  • わかりやすい報告・説明及び表現力

審査の結果、入賞論文(IBM Community Japanメンバー部門、IBM部門それぞれ)には各種表彰を行い、2021年秋に開催される IBM Community Japanの発表イベントでの成果発表を予定しております。また、1編を情報処理学会デジタルプラクティス賞として表彰し、情報処理学会の論文誌にも掲載(注1)します。

応募要領については別途お知らせします。

注1): 情報処理学会とIBM Community Japanにおける企業実践論文の提携開始について

ナレッジモール論文 - 今後の予定

※ 応募締切スケジュール変更:(旧) 1/29 -> (新) 5/31
※ 予定は予告なく変更になる可能性があります。


製品別コミュニティー:IBM特定製品利活用のためのユーザー同士のコミュニティー

IBMの特定製品のユーザー同士が経験・知恵・ノウハウを持ち寄り、その製品の利用・活用をより効果的にし、また、そのコミュニティー内で年度毎に共通の目標を立てて、その成果発表をツクルの活動として10月に実施します。現在、IBM Community Japanとしての製品別ユーザー・コミュニティーとしては以下のものがあります。

  • IBM i Club

KMAP (Knowledge Mall Activity Platform):インターラクティブなアクティビティーを支えるプラットフォーム

ナレッジモール活動は、仲間と共に自分を磨きあう意思を持った人たちが、より効果的に知恵・経験・知見を持ち寄り、ともに「ツクル」を実現するために、そこにある情報を単に入手するだけでなく、自ら情報をポストしたり、そのポストに反応したり、メンバー同士でコミュニケーションしたりと言ったインターラクティブな環境が必要になります。そのためのプラットフォームが、KMPA (Knowledge Mall Activity Platform)です。

 

「ツナガル」場:新たな化学反応を志向する場

ご提供プログラム一覧

 

新たな化学反応を志向する「ツナガル」場へ

論文、発表資料、アプリケーションやツールをIBMナレッジモールに登録し、互いの成果と参加者の参照を可能にする事でIBM Community Japanのメンバー同士がデジタルに「ツナガル」、あるいは成果物そのものを融合させる「ツナガル」、あるいは成果発表の場でFace to Faceに「ツナガル」場を目指します。グローバルの仲間も含めて、所属や習慣の違うメンバーが交流する事で生まれる新たな化学反応を志向する、そんな場です。

「ツナガル」場としては上記のように、自然発生的なものと、計画的に発生させるものがありますが、計画的に発生させるもので主なものは以下です。

  • 2020年9月2日開催(開催終了):発足記念イベント "IBM Community Japan GO LiVE"
  • 年次の成果発表イベント(2021年は10月に予定)

[ IBM Community Japan 発足記念イベント:"IBM Community Japan GO LiVE" ]  * 開催終了しました

テーマは「未来を創るテクノロジーは豊かな社会を実現できる?」

「未来を創るテクノロジーは豊かな社会を実現できる?」をテーマに、パネルディスカッションあり、リモートでの参加型グループ・ディスカッションあり、バーチャル空間での未来体感型のセッションありの刺激的なプログラム満載のフルデジタルイベント。

  • 開催日時:2020年9月2日(水) 14:00 - 17:00

イベント開催ダイジェスト動画(60秒)


イベントプログラム概要

パネル・ディスカッション

NewsPicks社とのタイアップによる特別企画「未来を創るテクノロジーは豊かな社会を実現できる?」

パネリスト

早稲田大学大学院ビジネススクール 教授
入山 章栄氏

株式会社ロフトワーク 代表取締役
林 千晶氏

株式会社ビービット 東アジア営業責任者
藤井 保文氏

モデレーター

株式会社NewsPicks Studios CEO
佐々木 紀彦氏


佐々木 紀彦


林 千晶


藤井 保文


入山 章栄


2つのツナガル・イベント

A. 902 Square 未来を創るテクノロジー、2050年からの考察」

未来の豊かな社会と言った時、あなたにとっては何年後の未来ですか?

B. 参加型グループ・ディスカッション

11のテーマについて、あなた自身がディスカッション。あなたの考える未来とは?あなたの想いを解放し、ここで参加メンバーたちと熱く語ってみませんか?

11 Themes for discussion
01. ニューノーマルの時代にAIをどう使うか / 02. 量子コンピューター時代の到来 - 技術者は何をすべきか / 03. 今だからこそ必要な"地方創生xTech" / 04. xRの未来 - 5G、xRの世界が当たり前になった時のUXも一緒に考えてみる / 05. アフターコロナのコミュニティーを考える - IBM Community JapanのTO-BE像 / 06. ニューノーマル時代に必要なスキルとは?在宅勤務に必要なスキルは?新たに出てくる職種はあるか? / 07. 爺直伝。若手のうちにこれだけはやっておけ! / 08. WeMeet - 会って話して元気になろう。今回のテーマは「キャリアとモチベーション」 / 09. アフターコロナの空間デザイン。オフィス、飲食店、劇場、スタジアムを考える / 10. コロナ下でもセレンディピティは生まれるのか? / 11. 密じゃないと出来ない趣味を救う会


DASH Technology Perspective & DE Round Table


プログラム責任者:
小野寺 民也

東京基礎研究所副所長、技術理事

2016年に技術理事を拝命。現在、東京基礎研究所で量子コンピューティングの研究を担当。趣味は声楽とワイン。


DASH Technology Perspective & DE Round Tableのご紹介

技術理事(Distinguished Engineers)はIBMにおける技術系の最高職位で、DASHは日本アイ・ビー・エムの技術理事のコミュニティーです。DASHでは、毎年、日本アイ・ビー・エムの社員を対象に、「DTP (DASH Technology Perspective)セミナー」を催し、新しい技術の潮流に関していち早くその動向や方向性について独自の視点を伝えてきました。

また、後進の育成をはかるべく、「DASHラウンドテーブル」を開催し、若い技術者の皆さんとキャリアパスなどについて一緒に考えてきました。今回は、こうしたプログラムを通じて培ったIBMの知見をIBM Community Japanのメンバーの皆さまと共有しながら、技術コミュニティーを大いに盛り上げていきたいと思っています。

IBM Developer Dojo


プログラム運営責任者:
大西 彰

デベロッパー・アドボカシー事業部長

C言語のプログラマから出発し、時代に応じて新たなスキルを獲得しながら、IT業界31年目。2017年10月に日本IBMへ入社、グローバルチームの一員として、デベロッパー向けの活動をリード。座右の銘「踏まれてもなお立ち上がる道の草」


IBM Developer Dojoのご紹介

「Code(ソフトウェア)の力で日本の未来を変えよう」を標語に、IBM Developer Dojoは、日本の皆様がIBMの技術を知り、IBM Cloudを利用しながら、ハンズオンで実体験して学ぶためのプログラムです。

クラウドを使ったWebアプリの開発、KubernetesやRed Hat OpenShiftのコンテナ技術を利用したアプリ開発、Watson Studio のAuto AIを使った機械学習の自動化、ブロックチェーンなど、学びの場を提供いたします。

IBMオープンコミュニティー "innovatty" メンバーとツナガル


"innovatty"メンバー:
佐川 洵貴

ISE Innovation Lab. 所属

2016年4月より現職
専門分野: Mobile Application / 開発趣味: 語学のお勉強
入社以来Web/Mobileアプリケーション開発に従事。Agile/DesignThinkingに関する造詣も深く、幅広い業界を通じて獲得したスキルを活かし国内外問わず数多くのハッカソンに参加。


佐川洵貴が考えるコミュニティー活動の意義

私はコミュニティー活動を、やりたいことにチャレンジできる場だと思っています。

自分が学んだスキルを普段の業務が関係ない場所でアウトプットする機会を見つけられる。活動を通じて普段出会うことのない人たちと関わり、刺激を受け、日々の業務への取り組み方が良い方向へと変わっていく。コミュニティー活動に参加することで良いサイクルを回し、社会人生活をより豊かに出来ていると感じています。

IBM Community Japanは「解放区」とあるように、何にでもチャレンジできる素晴らしいアウトプットの場だと思います。是非一緒に新しいチャレンジを楽しみましょう。

IBMオープンコミュニティー "innovatty" メンバーとツナガル


"innovatty"メンバー:
植井 健太朗

ISE IoT Solution 所属

2015年4月にテクニカルセールスとしてIBMに入社し、2016年10月にISEに出向。現在はウェブアプリやモバイルアプリの開発のプロジェクトに従事。ハッカソンや勉強会などの社外イベントに多数参加。


植井 健太朗が考える
コミュニティー活動の意義

コミュニティー活動は「新しい価値観を発見できる場」だと考えています。

仕事だけでは関わることのない多種多様なバックグランドを持った方と出会い、コミュニケーションを取る事で、自分が新しくやりたいことを発見することができます。その「新しく発見したやりたいことにチャレンジできる」というのも、コミュニティー活動の醍醐味だと感じています。また、何よりコミュニティー活動で大事だと思うのは「楽しむこと」だと思います。楽しくなければコミュニティー活動は続きませんよね。

「解放区」IBM Community Japanはまさしく「新しい価値観を発見できる場」だと思います。この「解放区」で新たな発見とチャレンジを楽しみましょう!

どこでもSME


プログラム運営責任者:
安田 智有

クラウド&コグニティブ・ソフトウェア事業本部 クラウドプラットフォーム 第二テクニカルセールス 部長 シニア・アーキテクト

Javaプログラマーとして日本国内の音楽配信プロジェクトに多数参画。システム製品事業を経 て、グリッド・コンピューティングのクラウドサービス国内立ち上げからクラウドの世界へ。日本IBMのクラウド立ち上げ期からのエンジニアのひとり。最新 技術を取り入れてお客様にお届けするエンジニア集団をリード。座右の銘「何事もA(明るく)T(楽しく)M(前向きに)」


どこでもSMEのご紹介

日々進化するIBM Cloudについて、日本IBMの専門家に直接説明をしてほしい、直接聞きたい、そういうことありますよね?どこでもSMEはそのような場をみなさまにご 提供するプログラムです。オンライン、オフラインでの対面での説明会や相談会としてご活用ください。IBMクラウドの専門家と直接交流していただき、新規 ビジネスの立ち上げや新規スキルの獲得、より確かなアーキテクティング相談など様々な場としてご利用いただけます。

IBM Community Japan Update プログラム責任者とIBV


プログラム責任者:
大岡 俊之

日本アイ・ビー・エム株式会社 グローバル・ビジネス・サービス 戦略コンサルティング&デザイン統括IBVビジネス・シンクタンク担当

1991年に日本IBMに入社。営業を経て、20年余りマーティング活動に従事した後、2017年より現職。趣味はゴルフとジョギングと愛犬との戯れ。


IBVのご紹介

IBV(Institute for Business Value)は、IBMのビジネスシンクタンクです。過去16年にわたり、全世界50,000名以上の経営者の方々と、定期的に対面でのインタビュー調査 を実施。その結果を、特に中長期的な視野から、様々な時代の変曲点に関する洞察をレポートに纏めて発信しています。近年では、主要な業種・地域における DXのトレンドや、量子コンピューティングやBroad AIといった先端テクノロジーによる影響、COVID-19を含む様々な変化への対応戦略など。主要なレポートは邦訳し公開しておりますので、ぜひご覧く ださい。

Client Experience Center(CEC) 特別ツアー


プログラム責任者 :
武井 総

IBM Client Experience Center 長、天城事業所長、フィールドイネーブルメント&エグゼクティブ・プログラム担当

営業、ソリューションセールスを経て後、20年余りに渡りマーティング活動に従事。2021年より現職。趣味はギター弾き語り。定期的にライブハウスに出演。


CEC Special Tourのご紹介

CEC(Client Experience Center)はIBM本社事業所(箱崎)の6F、7F、8Fに開設されている、お客様/パートナー様向けセンターの総称で、AI/Cloud/Blockchainを始めとする最新ソリューションやお客様事例を一堂に展示し、IBMのケイパビリティと技術の可能性をワンストップで体験できる場所になっています。

IBM Community Japanのメンバーの皆さまには、専任の解説員を配した特別ツアーにより、より深いご理解をサポートさせていただくとともに、昨今の情勢も鑑み、効率的な特別バーチャルツアーも企画しています。さあ、一緒にテクノロジーの未来を体験しましょう!

BlueHubでの企業同士の新たな出会いの意義


IBM BlueHubプログラム・リード:
古長 由里子

戦略コンサルティング&デザイン統括 理事

IBMのイノベーション共創プログラム「IBM BlueHub」 を通じて、スタートアップ企業支援、大企業とスタートアップの協業を推進。クラウド、サービス事業のマーケティング、ビジネス開発の経験を活かして、産学 官連携の地域オープン・イノベーションや企業のデジタル人材育成にも従事。枠を超えた協働やコミュニティー形成を志向する。


BlueHubでの出会いの意義

デジタル・テクノロジーの進化は、業界を越えた新しい競争や共創を生み出しています。ニューノーマル時代において、企業が新たな価値を生み続けるためには、 自社に閉じることなく、外部と繋がり、「知の探索・交換」を続けることが重要です。

IBM BlueHubでは、「テクノロジーとパートナーシップで日本をアップデートする」ことを目指し、革新的な事業創出を目指すスタートアップ企業への成長支援を軸に、企業規模や業界の枠を超えた連携や協働をご支援しています。

論文を書く目的・意義とは


IBM 論文プログラム責任者:
永谷 啓子

テクニカル・エキスパート本部トランスフォメーション部長

長年様々なプロジェクトに参画。現在は事業部を横断するタスクを担当。次男は黒バグ3歳。


永谷啓子が考える論文を書く目的・意義

論文を書く目的・意義はそれぞれあると思います。例えば、業務で経験したこと、お客様に感謝されたこと、苦労したこと、失敗したこと、ノウハウ、体系立てた提言等を論文を通じて共有しあえると新しい技術を習得したい、その技術を社会課題解決のために使ってみたい、等と興味のあるエリアをさらに掘り下げたくなってくるのではないでしょうか。

コミュニティーでつながった人々と一緒に新しいテーマに取り組む、個人で追いかけている技術をさらに追求する、など自由に柔軟に取り組んでいただける機会をご提供します。

X-Online


プログラム責任者 :
千葉 奈緒

マーケティング&コミュニケーションズ
デジタル・マーケティング 部長

IT B2B 市場におけるデマンド・ジェネレーションを目的とした統合マーケティング・コミュニケーションの企画から実行までを約15年に渡り幅広く担当。2018年より日本IBMのデジタル・マーケティングをリード。


X-Onlineのご紹介

IBM X-Online(クロス・オンライン)は、日本IBMのデジタル・イベントを一堂に集めたプラットフォームです。不確実な環境や変化への対応を牽引するテクノロジー戦略、ビジネスの中・長期的な持続戦略から、変革を実践されたお客様事例、ソリューション・デモまで、幅広い内容をWEBセミナー形式(ライブおよびオンデマンド)でお届けしております。COVID-19で行動が制限される中、X-Onlineを通して、お客様のビジネスを支えるヒントを提供できれば幸いです。

IBM Community Japanについての
お問い合わせはこちら