IBM Storage

オール フラッシュ ストレージとは?

記事をシェアする:

オール フラッシュ ストレージとは、すべての記憶装置がフラッシュメモリーのみで構築されるストレージ装置のことです。オール フラッシュ ストレージは、ハードディスクドライブ(HDD)とソリッドステートドライブ(SSD)の混在が可能なハイブリッド フラッシュ ストレージよりも、各ベンダーがオール フラッシュならではのさらなる工夫が可能となります。従って、ベンダーや製品ブランドが異なれば、オール フラッシュ ストレージと謳っていても、一番の特徴である性能にも大きな違いがあります。

オール フラッシュ ストレージの種類

オール フラッシュ ストレージを様々な用途で導入・検討する企業が増加し、複数モデルを提供するベンダーも現れてきました。フラッシュメモリーの実装方法と、ストレージコントローラーの種類によって、各ベンダーのオール フラッシュ ストレージは特徴付けられています。

記憶媒体

フラッシュメモリーは不揮発性の半導体です。中でもNAND型フラッシュメモリーは、高速な書き込みと高集積化が容易なことから、様々な電子機器向けの記憶媒体として使われています。ストレージ装置としては、ソリッド ステート ドライブ(SSD)または独自設計による実装により、利用されています。

SSD

「HDD互換」を最大の特徴とするディスクドライブで、「数倍高速なHDD」として手軽に利用できます。開発コストや期間を抑制できるため、各ベンダーから提供されているオール フラッシュ ストレージの大半がSSD搭載モデルとなっています。

独自設計

SSD (HDD互換) の制約にとらわれず、自由に設計できます。各ベンダーの独自設計により、SSDと比べて、性能や信頼性、実装密度などフラッシュメモリーのメリットを生かした実装が可能となります。

 

コントローラー

記憶装置(主にディスクドライブ)を制御し、接続インターフェースを備えた装置です。コントローラーには、汎用CPUを搭載したサーバーにOSとソフトウェアを搭載するもの、独自CPUを搭載したサーバーにOSとソフトウェアを搭載するもの、全てをハードウェアで実行するものがあります。

汎用CPU/ソフトウェア

ストレージ機能を実現する機能を、汎用のCPUを搭載したサーバーで稼働させるコントローラーです。多くの計算が必要になる重複排除や圧縮機能などは性能面でオーバーヘッドとなりますが、豊富な機能が提供され、その開発や機能追加が容易です。

独自CPU/ソフトウェア

ストレージ機能を実現する機能を、独自のCPUを搭載したサーバーで稼働させるコントローラーです。汎用のCPUでは実現できない性能や信頼性を、ハードウェアレベルから実現しています。

ハードウェア

基本的な機能を全てをハードウェア実装し、ソフトウェアによるオーバーヘッドを究極まで排除したコントローラーです。処理が集中する際にも、一貫して優れた応答性や処理性能を実現できます。

 


More IBM Storage stories

DX時代のデータ活用を支えるAIデータパイプラインを実現

DX時代の競争を勝ち抜くためにはデータ活用が不可欠ですが、やみくもにデータを集めても自社の優位につながるビジネス価値を生み出すことはできません。データを「貯める」「整える」「AIが学習する」「業務への適用」をトータルにサ […]

さらに読む

基幹システムのデータを論理破壊から守る

金融機関の勘定系システムや製造業の生産管理システムなど、業務停止が許されないミッションクリティカルなシステムでは、業務継続性を維持するため、データの物理破壊に備えた厳重な対策がとられています。しかし、それだけでは不十分で […]

さらに読む

データ基盤を考えるストレージ座談会

デジタル変革への取り組みが急速に進行し、さらに5G時代を見据えた今、データの重要性がかつてないほど高まっています。一方、サイバー攻撃や複雑化したIT環境下でのデータマネジメントなど考慮すべき課題は少なくありません。 今回 […]

さらに読む