お客様の最も緊急の質問に答える

すべての資料から主要な情報を素早く取り出す

さまざまなデータ間の洞察、パターン、および関係を明らかにする

関連記事

IBM Watson の仕組み:機械学習で洞察の精度を高める(前編)

IBM のAI(Augmented Intelligence、拡張知能)であるIBM Watson。Watson は一体どのように学習し、洞察をしているのだろうか。

知ってた?IBM Watsonの3つのすごさ

従来のコンピューターとWatsonの違いに焦点を当て、今日多様な場面で活躍するWatsonのすごさを分かりやすくお届けする。

Watson日本語化から1年が経過した等身大のコグニティブ

大きな可能性を秘めるコグニティブに関して、その有用性と成功の秘訣を知ってもらい、日本企業が今後、世界で戦うために有効に活用して欲しい

Watson が洞察を明らかにする方法

非構造化データの分析

自然言語処理を使用して文法やコンテキストを理解します

複雑な質問の理解

解釈可能な全ての意味を評価し、質問の内容を判断します

答と解決法の提示

裏付けとなる証拠と検出した質の高い情報をベースにします

Watson が質問に答える方法

Watson は新たな主題についての質問に答えられるようになるために、まずその主題について学習する必要があります

Watson はまず新たな主題について学習します

  • ワード文書、PDF、Web ページなど、すべての関連資料が Watson にロードされます
  • 質問と答のペアが追加され、主題について Watson をトレーニングします
  • Watson は新しい情報が公開されると自動的に更新されます

そして Watson が質問に答えます

  • Watson は何百万もの資料を検索して、何千もの回答の可能性を見つけ出します
  • 根拠を収集し、スコアリング・アルゴリズムを使用して、この根拠の質を評価します
  • 裏付けとなる根拠のスコアに基づき、すべての回答の可能性をランク付けします

Watson の誕生、そして未来へ

「Jeopardy!」に挑戦

2011年、テレビのクイズ番組でデビュー

2011年2月、Watsonは米国のクイズ番組「Jeopardy!(ジョパディ!)」でクイズ王のBrad Rutter氏およびKen Jennings氏と対戦し、勝利しました。Watsonは、参加にあたって、勝ち負け以前に、駄じゃれや、同義語・同音異義語、俗語・専門用語など、あいまいな表現を含む自然言語で出題される問題に答えられるようになる必要がありました。

Watson誕生をさらに詳しく:

コグニティブ・コンピューティングと拓く未来風景

あらゆる情報から学習し、自然な対話を通じて、私たちの意思決定を支援する、IBM Watson。
コグニティブ・システムが日常的に使われるシーンを描いたストーリーや、Watsonの活用法などを取り上げた読み物などを掲載。すぐそこにある未来の、無限の可能性の一端に触れてみませんか。

Watsonが拓くAIの新潮流

日本市場のAIビジネスの現状、人間の能力を拡張するWatsonの最新動向、誰もがAIの恩恵を受けられる世界を目指す日本IBMの今後の取り組みについて、解説します。

Watsonが拓くAIの新潮流

ネスレ日本 顧客との関係性を深める消費者コミュニケーション

チャットボットで一問一答のやり取りをすることがゴールではなく、周辺システムとの連動を最初の段階からスコープに入れ、Watson を導入しました。

ネスレ日本 顧客との関係性を深める消費者コミュニケーション