競争力である "人材" にAIを活用

組織には従業員の経歴や得意分野、嗜好まで様々なデータが蓄積されています。人材を育成したり人材配置を考える上で、こうしたデータを活用できていますか?

たとえば、「スーパーエンジニアと言われる技術者たちはどんな現場を経験してきたのか」、「新入社員をどの先輩と組み合わせると良いのか?」など。その解を見いだすには、本人のデータから得られる洞察はもちろん、他の人が辿ってきたプロセスも重要です。

AIでデータから知見を引き出して活用することにより、効率的な成長を促したり、適切な人材配置を発見することができ、組織の競争力向上に貢献します。

導入事例

採用業務
ソフトバンク

新卒採用の選考において、IBM Watsonを活用。Watson API(自然言語分類-Natural Language Classifier) により、応募者のエントリーシート(ES)の自由回答に対する記述を統一された基準に基づいて判断。この仕組みの導入により、ESの確認作業に充てる時間を約75%削減。

詳細を読む

マッチング業務
フォーラムエンジニアリング

IBM Watsonを活用し、”人が介在しない”人材マッチングへ。技術者を派遣してもらいたい顧客と、派遣される技術者の間に立つ営業マンが、どのタイミングでどのような事象を元に知識を獲得し、どう意思決定するのか。この一連のサイクルを分析してシステムに置き換えることでビジネスモデル変革を推進。

詳細を読む

育成業務
金沢工業大学

100万件以上にのぼる学生の成長履歴を自然文で蓄積。Watson API (性格分析-Personality Insights)を使って、類似した過去の学生を抽出し、どんなスキルをどこで身につければいいのかといった一人ひとりにあったアドバイスを、的確にタイムリーに提供することで自己成長を支援。

詳細を読む

導入を検討するには?