Watson ソリューション for Box

Watsonの機械学習をboxに統合し、コンテンツの自動的な構造化や、価値あるコンテンツの活用を促進します。また、クラウド上でワークフローを自動化します。

Watson ソリューション for Box

Watsonの機械学習をboxに統合し、コンテンツの自動的な構造化や、価値あるコンテンツの活用を促進します。また、クラウド上でワークフローを自動化します。

Watson for Box Webセミナー

Boxは、クラウド上で提供されているファイル共有、ストレージ、コラボレーションのためのサービスです。Watsonを合わせて利用することで、Boxにアップロードされた大量のデータから必要なデータをすぐに見つけたり、自動的に翻訳を適用したりなど、データの価値をより有効に活用することができます。
本セミナーでは、Boxと合わせWatsonをどのように活用できるか、その仕組みとユースケースをご紹介します。

Boxの内にある価値の活用

企業データの80%以上は構造化されておらず、データ量が増え続けるにつれて、手作業で処理するのがますます困難になり、コストも時間もかかります。 IBM WatsonテクノロジーをBoxで管理されたコンテンツに統合することで、コンテンツ内の価値をシームレスに活用して、ビジネスプロセスを自動化し、作業を効率化することができます。

インテリジェント ・ソリューション

直感的にファイルを検索し、ファイル内をナビゲートする

直感的にファイルを検索し、ファイル内を探索する

Watson Natural Language Understandingを使用した Custom Document Insights は、Box Skillsフレームワークを使用して、Boxに格納されたドキュメントに関連するコンセプト、エンティティ、キーワードを自動的にタグ付けしてコンテンツを充実させ、検索しやすくし、ユーザーが特定の情報に素早くアクセスできるようにします。

Customized Document Insights を使用してフォームを強化し、検証する方法に関するデモを見る

イメージを充実させ、使いやすくする

画像データの情報を強化し、使いやすくする

Watson Visual Recognitionを使用した Custom Image Insights は、Box Skillsフレームワークを使用して画像データを分析します。検索と利用がしやすいように画像を分類し、ビジネスニーズに最適なカスタム・ビジュアル・モデルをトレーニングします。

ドライバーライセンスにCustomized Image Insightsを適用する方法に関するデモを見る

ドキュメントを自動的に翻訳する

ドキュメントを自動的に翻訳する

Document Translation は、WatsonのSpeech-to-Text機能を使用して、リッチメディアを構造化テキストの文字列に変換します。

Document Translationを適用してオーディオファイルを転記して翻訳する方法に関するデモを見る

Watson ソリューション for Box とは?

BoxとIBM Watsonは、インテリジェントなエンタープライズ・クラウド・コンテンツ管理を強化するための新しいスキルを発表

ブログを読む (英語)

関連情報はこちら