絶滅危惧種を守るために

「絶滅危惧種を守るために」

絶滅危惧種を守るために

37,000ヘクタールに及ぶ広大なヴェルハヴォンデン保護区(南アフリカ)には、数多くの野生動物たちが生息しています。しかし、過去10年間で7,000頭以上のサイの命が密猟者によって奪われ、10年以内の絶滅が危ぶまれています。この絶滅危惧種を守るために意外な仲間がシマウマとインパラ。そしてIoTセンサーです。

IoTとクラウドが野生のサイを守ります

「IoTとクラウドが野生のサイを守ります」

IoTとクラウドが野生のサイを守ります

シマウマやインパラにIoTセンサーを装着し、センサーが発信するデータをIBM Cloud上で分析。密猟者接近時の動きなどからアルゴリズム・パターンを構築しました。これにより草食動物の動きをもとに警告システムが発動し、警備隊は密猟者の行動を先回りして、被害を未然に防ぐことが可能になります。このスマートな解決策は、アフリカゾウ、ライオンなど、世界中で窮地に立つ動物たちの救済に活用できるかもしれません。

IoT × 自動車業界

レーシング・カーの性能と安全性を強化したテクノロジーをあなたの自家用車にも。そんな時代がすでに来ています。

小売業の革新を支援

店頭からバックヤードまで。小売業界を細部まで理解しているコンサルタントが、テクノロジーと熱意でお客様を支援します。