データとAIが導き出す最適な水量供給

「データとAIが導き出す最適な水量供給」

データとAIが導き出す最適な水量供給

ブドウの生育には、水がなによりも重要なリソースです。そこで創業80年をこえるE.&J.Galloワイナリーは、ブドウ畑の注水管理にAIを活用。さまざまなデータを活用して各ブドウ畑に必要な水量をAIで把握し、優れたブドウの育成と節水を実現しています。

クラウド上でAIが多用なデータを分析

「クラウド上でAIが多用なデータを分析」

クラウド上でAIが多用なデータを分析

人工衛星から送られるブドウ畑の赤外線画像、畑に設置されたIoTセンサーのデータ、ワイナリーが経験で培った各種情報、The Weather Companyの気象データなど。この多種多様で、膨大なデータを、AIに必要なワークロードに最適なIBM Cloud上で活用し、最適な注水管理を実施。注水効率の最適化で、E.&j.Galloワイナリーは、水の使用量の25%削減とブドウの品質の向上を実現しています。