「スマート」はデータに潜む
真の価値を引き出します。

世界に存在するデータのうちの80%は有効活用されていないと言われています。
そしてその多くは企業や組織の経験や知見から生まれた価値あるデータです。
さあ、今こそ攻めの時。テクノロジーを活用して「その80%のデータ」から真の価値を引き出し、
新たな価値を生み出す「スマート」で、ビジネスをリードしましょう。

すでに多くの企業が様々な業種で実践しています。

「スマート」を活用したビジネス事例

スマートなモノづくり

スマートなモノづくり

レーシング・カーの性能と安全性を強化したテクノロジーをあなたの自家用車にも。そんな時代がすでに来ています。

小売業の革新を支援

小売業の革新を支援

店頭からバックヤードまで。小売業界を細部まで理解しているコンサルタントが、テクノロジーと熱意でお客様を支援します。

スマートな農場

スマートな農場

増加の一途を辿る世界人口。このままでは、約30年以内に世界の食料供給量を上回ることが予測されています。

農業従事者はWatson IoTを活用し、天候、気温、土壌pH、その他農業に関わる環境要因など、さまざまなデータを分析。状況に応じた最適な意思決定が可能になるので、生産性を向上し、収穫高を飛躍的に高めることが可能になります。

製造の現場力アップ

製造の現場力アップ

環境が劇的に変化している製造業。設計、製造、販売、そしてアフターマーケットまでのプロセス全体をデジタル化することで顧客の価値を高め、圧倒的なコスト削減のため、IBMの先進デジタル技術の導入が進んでいます。

特に生産現場では、熟練技術者が長年の経験で培ったノウハウをAIやビッグデータに蓄積、経験の少ない技術者を支援することで、高い日本の現場力をさらに底上げしています。

銀行×デジタル変革

銀行×デジタル変革

銀行サービスへのお客様ニーズは高まり続けています。こうしたニーズに応えるため、銀行はスピーディーなサービス、待ち時間の短縮、迅速な問題解決などにより、顧客体験を改善する必要に迫られています。

煩雑な業務を自動化することで、行員がより価値のある業務に注力できるRPAや、フィンテック企業との協業が容易になるオープンAPIを導入。顧客体験の改善を実現しています。

絶滅危惧種の保護

絶滅危惧種の保護

南アフリカで横行する密猟により、野生のサイの生息数は激減し、絶滅の危機に瀕しています。この絶滅危惧種を密猟者から守る必要に迫られています。

南アフリカでは、IBMとの協業によって最新のテクノロジーで野生動物を保護。シマウマやインパラにIoTセンサーを装着し、密猟者などが接近すると走り出す動物の習性を活かして密猟者の居場所の特定と撲滅に取り組んでいます。

信頼できる国際貿易

信頼できる国際貿易

このコーヒー豆の産地は、ケニアのニエリ高地。IBMのブロックチェーンでスマートに物流を管理し、その豆の産地を保証します。

国際貿易における商品の信頼性の確保には物流のトレーサビリティと透明性が重要です。年間数百万個にもおよぶコンテナ輸送の工程が、IBMのブロックチェーンにより可視化され、輸送プロセスの効率化と物流の信頼性を高めています。

新しいエンタメ体験

新しいエンタメ体験

スポーツ、映像配信、ゲームなど、エンターテインメントは、ますます多様化。エキサイティングな時代の到来です。

AIやクラウドなど、IBMのテクノロジーは、お客様の多用な期待に応える新しい顧客体験の実現をサポート。ユーザーの嗜好を理解し、お客様の期待を上回る体験を提供できます。

最先端の創薬研究

最先端の創薬研究

通常、1つの新薬を開発するためには10年以上の歳月を要します。しかも、その中から製品化されるものは、1万件のうちわずか1件という割合です。

現在、医薬品の研究者はWatsonの助けを借りて創薬を行っています。膨大なデータを瞬時に分析し、いままで考えられなかった関連性を見つけ出すことができるWatson for Drug Discoveryを活用することで、医薬品の研究を飛躍的に早めています。

AIでハッカーに立ち向かう

AIでハッカーに立ち向かう

2018年5月、EU一般データ保護規則(GDPR)が施行。健全なセキュリティー環境の構築と維持が、企業の重要課題となっています。

IBMのセキュリティーは、個人情報の保護をはじめとするGDPRへの対応はもちろん、ますます増加することが予想されるAIベースのサイバー攻撃にAIで対抗し、脅威から企業や組織を守ります。

「スマート」を活用したビジネス事例

レーシング・カーの性能と安全性を強化したテクノロジーをあなたの自家用車にも。そんな時代がすでに来ています。

店頭からバックヤードまで。小売業界を細部まで理解しているコンサルタントが、テクノロジーと熱意でお客様を支援します。

増加の一途を辿る世界人口。このままでは、約30年以内に世界の食料供給量を上回ることが予測されています。

農業従事者はWatson IoTを活用し、天候、気温、土壌pH、その他農業に関わる環境要因など、さまざまなデータを分析。状況に応じた最適な意思決定が可能になるので、生産性を向上し、収穫高を飛躍的に高めることが可能になります。

環境が劇的に変化している製造業。設計、製造、販売、そしてアフターマーケットまでのプロセス全体をデジタル化することで顧客の価値を高め、圧倒的なコスト削減のため、IBMの先進デジタル技術の導入が進んでいます。

特に生産現場では、熟練技術者が長年の経験で培ったノウハウをAIやビッグデータに蓄積、経験の少ない技術者を支援することで、高い日本の現場力をさらに底上げしています。

銀行サービスへのお客様ニーズは高まり続けています。こうしたニーズに応えるため、銀行はスピーディーなサービス、待ち時間の短縮、迅速な問題解決などにより、顧客体験を改善する必要に迫られています。

煩雑な業務を自動化することで、行員がより価値のある業務に注力できるRPAや、フィンテック企業との協業が容易になるオープンAPIを導入。顧客体験の改善を実現しています。

南アフリカで横行する密猟により、野生のサイの生息数は激減し、絶滅の危機に瀕しています。この絶滅危惧種を密猟者から守る必要に迫られています。

南アフリカでは、IBMとの協業によって最新のテクノロジーで野生動物を保護。シマウマやインパラにIoTセンサーを装着し、密猟者などが接近すると走り出す動物の習性を活かして密猟者の居場所の特定と撲滅に取り組んでいます。

このコーヒー豆の産地は、ケニアのニエリ高地。IBMのブロックチェーンでスマートに物流を管理し、その豆の産地を保証します。

国際貿易における商品の信頼性の確保には物流のトレーサビリティと透明性が重要です。年間数百万個にもおよぶコンテナ輸送の工程が、IBMのブロックチェーンにより可視化され、輸送プロセスの効率化と物流の信頼性を高めています。

スポーツ、映像配信、ゲームなど、エンターテインメントは、ますます多様化。エキサイティングな時代の到来です。

AIやクラウドなど、IBMのテクノロジーは、お客様の多用な期待に応える新しい顧客体験の実現をサポート。ユーザーの嗜好を理解し、お客様の期待を上回る体験を提供できます。

通常、1つの新薬を開発するためには10年以上の歳月を要します。しかも、その中から製品化されるものは、1万件のうちわずか1件という割合です。

現在、医薬品の研究者はWatsonの助けを借りて創薬を行っています。膨大なデータを瞬時に分析し、いままで考えられなかった関連性を見つけ出すことができるWatson for Drug Discoveryを活用することで、医薬品の研究を飛躍的に早めています。

2018年5月、EU一般データ保護規則(GDPR)が施行。健全なセキュリティー環境の構築と維持が、企業の重要課題となっています。

IBMのセキュリティーは、個人情報の保護をはじめとするGDPRへの対応はもちろん、ますます増加することが予想されるAIベースのサイバー攻撃にAIで対抗し、脅威から企業や組織を守ります。

Think 2019

開催日:2019年2月12日〜15日(米国現地時間)
米国サンフランシスコ, Moscone Center