夢のサイエンスが、現実に。

IBMとスター・ウォーズがタッグを組んで、いま私たちが持つテクノロジーと遥か彼方の銀河のテクノロジーが、大きくかけ離れたものではないことを、9つのエピソード動画(順次公開)で紹介します。スター・ウォーズの世界に満ち溢れる驚くべきテクノロジーが、現実の世界でも身近になりつつあることを、IBM ResearchとWatsonが解明します。スター・ウォーズとIBMによって、夢のサイエンスが現実に!

このページを共有

これまで公開されたエピソードはこちらからご覧いただけます。

  1. エピソード 1
  2. エピソード 2
  3. エピソード 3
  4. エピソード 4
  5. エピソード 5
  6. エピソード 6
  7. エピソード 7

エピソード7:
AI(人工知能)

スターウォーズの世界では、AIを搭載したロボットが数多く登場します。現実の世界でもWatsonをはじめとするAIが医療や教育など、様々な場面で人々が飛躍できるようサポートしています。Watsonが語るAIの未来とは?

エピソード6:
ロボット義肢

スター・ウォーズの世界では、ロボット義肢は文字どおり、登場人物の片腕となります。現実の世界のロボット義肢は、プログラミングによって操作性が飛躍的に向上。IBM Watson APIsも活用されています。

エピソード5:
フォース・パワー

フォースとは、ジェダイやシスに宿る、あらゆる生物が生み出すエネルギー体であり、銀河系をひとつに結びつけるもの。ウェアラブル端末にIoTを組み込むことで、私たちの世界でも、誰でもこのフォースを使っているような感覚を味わうことができます。

エピソード4:
スピーダーとホバー・クラフト

誰でも一度は憧れるSFのホバー・ビークルを、実際に作る方法とは?IBMが取り組んでいる研究の中には、ホバー・ビークル実現にもいかせるテクノロジーがあります。

エピソード3:
バクタ・タンクとカーボナイト

カーボナイト、バクタ・タンク、自己修復ポリマー…。サイエンスの世界では、どこまでがファンタジーで、どこからが事実か?違いがなくなりつつあります。

エピソード2:
ドロイド

スター・ウォーズに登場するドロイドは、人間をサポートして、様々な仕事をこなします。実世界ではIBM Watsonが人々をサポートし、社会で活躍の場を拡げています。ドロイドがあなたの側で活躍する日も近い?

エピソード1:
ライトセーバー

IBMの研究とライトセーバーに意外な共通点?
答えは「エピソード1」をご覧ください。
あなたの性格にあったライトセーバーの色も診断してみましょう。

バーチャル・スタジオ・ツアー

各エピソード動画の撮影で使われたセットや小道具を、バーチャル・スタジオで体験できます。

IBM Watson アイコン

IBM Watson

IBM Watsonは、人間とマシンの豊かで新しいパートナーシップを実現する、ビジネス向けAIプラットフォームです。

IBM Research アイコン

IBM Research

世界最大級かつ、最も影響力を持つ企業基礎研究所の一つとされるIBM Researchには、IBM東京基礎研究所を含め、世界12か所の研究所に3,000名を超える研究員がいます。AIの未来、ブロックチェーン、量子コンピューティングなど、産業や社会の変革への貢献が期待される革新的な技術に関して、草分け的な研究開発を行っています。