国民の3人に1人が65歳以上の高齢者に。そんな時代が訪れようとしています。
人生100年時代。
誰もが自分らしく実り多い時間を過ごせるよう、
IBMはテクノロジーを通じてさまざまな取り組みを行っています。

国民の3人に1人が65歳以上の高齢者に。
そんな時代が訪れようとしています。
人生100年時代。誰もが自分らしく実り多い時間を過ごせるよう、IBMはテクノロジーを通じてさまざまな取り組みを行っています。

見えないテクノロジーで、
日常生活の中で自然に健康チェックを

動画「おじいちゃんの健康チェック」をみる (2分39秒)

いつもの生活を保ちながら、健康チェックを実施。体の動きや音声などのデータでおじいちゃんの状態をモニタリング、各種疾患の早期発見できる日がくるかもしれません。

テクノロジーが年齢に関係なく、
好きなことを楽しめるようサポート

動画「おじいちゃんが渋谷で買い物!?」を見る(2分37秒)

若者の街「渋谷」で、女子高生の孫をエスコートする祖父。人気のお店を颯爽と案内する祖父には、実は頼もしいアシスタントがいました。年齢に関係なく、流行りの体験を味わえる日が、すぐそこまで来ているようです。

[ヘルスケア]

テクノロジーで目指す
日常生活での認知症の早期発見

IBMは日常生活の中で、自然に行うことができるヘルスケアを研究しています。日常会話の分析により、認知症の兆候を早期に発見しようという取り組みも、その研究の1つです。

[ヘルスケア]

最先端のIoT技術を使い
日常生活の中で健康管理を

高齢者の健康を日々の暮らしの中でチェックすることで、病気の早期発見や病院だけに頼らない健康管理を目指しています。「高齢化先進国」日本における一人一人のQOL向上のための取り組みをご紹介します。

Share this page: