T
THINK Business

Watson日本語化から1年、コグニティブの理想と現実

post_thumb

2016年2月18日に「Watson API」日本語版が発表されてから、1年以上が経過。「IBM Watson(以下、Watson)」テクノロジーを駆使したコグニティブ・ビジネスは、すでにさまざまな業界で活用され、日本だけでも進行しているプロジェクトは150を超えている。その可能性は計り知れず、今後のビジネスで勝ち抜くために、コグニティブは必要不可欠であることに異論はないであろう。

一方で昨今の過熱気味なブームを背景に、AIについて多くの誤解が生まれていることも否定できない。そもそも「AIとは何か?」と尋ねれば、その回答は人によってバラバラであり、現状、明確な定義は存在していない。

昨年のインタビューに引き続き、「大きな可能性を秘めるコグニティブに関して、その有用性と成功の秘訣を知ってもらい、日本企業が今後、世界で戦うために有効に活用して欲しい」と語る日本IBM 中山裕之に、AIの理想と現実、そしてコグニティブ・ビジネスについて話を聞いた。

 

時代を大きく変える可能性を秘めるコグニティブ

──昨年2月のWatson発表から、この1年を振り返っていただけますか?

2016年2月18日に、Watson API日本語版を発表しました。それを受け、4月1日にグローバル・ビジネス・サービス事業本部にコグニティブ推進室が発足し、あっという間の1年でした。

この業界で仕事をして約25年が経とうとしていますが、今回のコグニティブ・テクノロジーは、時代を大きく変えるだけの可能性を秘めており、そのインパクトは、人々の働き方に大きな影響を与えた携帯電話、電子メール、インターネットに匹敵すると言っても過言ではありません。現在、国内で進行中のプロジェクトは既に約150件を数えますが、実際に稼働まで至った事例も、プレス発表したものだけで10件以上に上ります。

中山裕之氏

一方で、懸念点も浮き彫りになってきました。AIが多くのメディアで取り上げられて注目を集める反面、「AIが人間の仕事を奪ってしまう」「人間を支配する」といった過剰な脅しや、「聞けば何でも答えてくれる魔法の玉手箱」といった過度な期待も広がっています。人々がAIという言葉で思い描く理想と、現実には少なからずの差異があります。今後、悪い意味で失望を生んでしまわないかと危惧しています。

そもそも、AIの定義自体が人によって異なり、曖昧です。日々、お客様と会話するときに「一旦、AIというイメージと言葉を忘れていただけますか?」と冒頭に申し上げるケースが少なくありません(笑)。そんな状況の中、IBMはあくまでも「人間をサポートし、より豊かな社会を創造する」テクノロジーとして、Watsonを位置づけています。

──では、どのような事例があるのか教えてもらえますか?

……………続きは下記よりご覧ください。

 


国内だけでも150を超えるプロジェクトが進行している「コグニティブ・ビジネス」。日本企業の導入状況調査で明らかになった、好業績企業と低業績企業の違いについて、事例をもとに掘り下げます。続きは、IBMビジネスコンサルティングのWebサイトでご覧いただけます。

IBM Alert Notification
スタッフがすべての重大な IT アラートの通知を受け取ることができます
無料評価版はこちら