IBM Support

[Windows Server]プロセスダンプの取得方法

Question & Answer


Question

Windows Server のプロセスダンプの取得方法を教えて下さい。

Answer

プロセスダンプとはメモリのユーザーモード領域のダンプです。
特定のプロセスのクラッシュやハングといった事象が判明している場合に有効な資料です。
プロセスダンプ取得方法には (a) プロセスのクラッシュ時に自動で取得する方法 (b) プロセスのハングなどの際に手動で取得する方法があります。
状況に合わせて以下、(a) および (b) をご実施ください。

(a) プロセスのクラッシュ時に自動で取得する方法

プロセスのクラッシュ時に自動で採取するプロセスダンプはデフォルトでは取得されません。
事前に以下のレジストリを追加する必要があります。尚、レジストリ変更後、再起動は必要ありません。
また、設定後はすべてのプロセスのクラッシュを対象とし、ダンプを出力するようになります。
  • レジストリ作成箇所
<キー>
HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Microsoft\Windows\Windows Error Reporting\LocalDumps

値の名前: DumpFolder
種類: REG_EXPAND_SZ
値のデータ:  %LOCALAPPDATA%\CrashDumps

*ユーザーモードのプロセスダンプは DumpFolder に指定した場所に <プロセス名>.<プロセスID>.dump のファイルが保存されますので、分かり易い場所を指定して下さい。
* C:\ の直下に指定しますと、作成されませんのでご注意下さい。

値の名前:  DumpCount
種類: REG_DWORD
値のデータ: 0xa

*フォルダの中に dump を保存するか設定できます。上記の場合 a(10) 個作成されます。 dump ファイルの数が設定値を超える場合、古い dump ファイルから上書きしていきます。

値の名前: DumpType
種類: REG_DWORD
値のデータ: 0x2

*0x1:ミニダンプ、0x2:フルダンプ

参考文献
“Collecting User-Mode Dumps”
http://msdn.microsoft.com/en-us/library/bb787181.aspx
※Microsoft.comに移動します。


(b) プロセスのハングなどの際に手動で取得する方法

1.該当プロセスの PID を確認

コマンドプロンプトで以下のコマンドを実行し、該当プロセスの PID を確認する
>tasklist /svc

2.プロセスダンプを取得

[タスクマネージャー]の[詳細]タブで、1 で確認した PID を持つプロセスを右クリックして、ダンプファイルの作成をクリックする


お問合せ先
技術的な内容に関して、サービス契約のもと IBM サービス・ラインにお問い合わせください。
IBM サービス・ライン

変更履歴
2018年2月2日 外部公開

免責事項
Windows は米国 Microsoft Corporation の米国およびその他の国における登録商標です。
マイクロソフト社の製品については、マイクロソフト社の仕様が適用されるものであり、IBM が保証するものではありません。
また、本資料掲載事項は、マイクロソフト社と提携したり、認可や承認を得たりして作成したものではありません。
したがって、この内容に関してマイクロソフト社は一切の責任を負うものではありません。
本資料に含まれている情報については、完全性と正確性を期するよう努力しましたが、本資料の使用によって、あるいはその他の関連によって、いかなる損害が生じた場合も、IBM は責任を負わないものとします。
尚、掲載された情報は2018年2月現在のものです。事前の予告なく変更する場合があります。

[{"Business Unit":{"code":"BU058","label":"IBM Infrastructure w\/TPS"},"Product":{"code":"SSYYZB","label":"IBM Support for Microsoft Applications"},"Component":"--","Platform":[{"code":"PF033","label":"Windows"}],"Version":"Version Independent","Edition":"All Editions","Line of Business":{"code":"LOB28","label":"Technology Support Services"}}]

Document Information

Modified date:
03 January 2022

UID

jpn1J1013423