IBM Support

macOS Big SurでSPSS Statisticsのご利用について

Troubleshooting


Problem

macOS Big SurでSPSS Statisticsのご利用について

Resolving The Problem

SPSS Statistics 27.0.1.0は以下で説明しているRプラグインの問題を除いてBig Surをサポートしております。macOSをBig Surにアップグレードすることを検討されておりましたらSPSS Statistics 27.0.1.0にバージョンアップすることを強くお勧めします。SPSS Statistics 27.0.1.0はPassport AdvantageまたはFix Centralからダウンロードすることが出来ます。最新のSPSS Statisticsをダウンロードしてインストールする方法について詳しくはこちらをご覧ください。
Big SurのSPSS Statisticsにおける既知の問題について説明する前に、Appleの新しいM1チップ搭載ハードウェアについて簡単に説明します。
Appleでは従来のIntelチップとは異なるアーキテクチャを持つ新しい設計のM1チップ搭載「システムオンチップ」(SoC)を使用する新しいMacBook Air、MacBook Pro、およびMacMiniを出荷しました。従来のmacOS向けSPSS StatisticsはIntelチップアーキテクチャ用に設計されております。従来のmacOS向けSPSS StatisticsはM1チップ搭載ハードウェアでも機能しますが、実行速度が遅くなる可能性があります。新しいM1チップ搭載ハードウェアを使用してSPSS Statisticsを最適化する方法は現在調査中です。
M1チップ搭載ハードウェアにmacOS向けSPSS Statisticsをインストールする方法はIntelチップ搭載ハードウェアにmacOS向けSPSS Statisticsをインストールする方法と全く同じで特別な操作はございません。これはBig Surに組み込まれている「Rosetta2」と呼ばれるApple提供テクノロジーを利用するためです。詳細については「https://developer.apple.com/documentation/apple_silicon/about_the_rosetta_translation_environment」をご覧ください。
Big Surに移行する方法についてSPSS Statisticsのバージョンごとに既知の問題を説明させていただきます。
*SPSS Statistics 27.0.1.0
Big SurのSPSS Statistics 27.0.1.0に関する既知の問題は1点です。
Rプラグインの問題
Big SurでRの拡張機能またはRのプラグインシンタックスを実行しようとしますとRライブラリのロードに失敗する問題があります。この問題の詳細と回避方法につきましてはこちらのTech Noteをご確認ください。
*SPSS Statistics 27.0.0
Big SurのSPSS Statistics 27.0.1.0に関する既知の問題は、27.0.1.0で記載されている1点と次の2点の、合計3点です。
ウィンドウの最大化についての問題
macOSでは緑色の最大化ボタンをクリックするとSPSS Statisticsウィンドウのサイズが変更されて、画面上の使用可能なスペースを使用されます(上部のメニューバーとDockが表示されている場合は除きます)。しかしBig Surではこの仕様が変更されました。緑色の最大化ボタンをクリックするとSPSS Statisticsウィンドウが別のスペース(仮想デスクトップ)のフルスクリーンモードになります。その後フルスクリーンモードでSPSS Statisticsダイアログボックスが表示されますとSPSS Statisticsはアプリケーションを強制終了する必要がある状態になります。このためSPSS Statistics 27.0.1では緑色の最大化ボタンを無効にすることでこの問題を回避しました。もし27.0.1.0にアップグレード出来ない場合は緑色の最大化ボタンをクリックして現在の画面でウィンドウを展開する代わりに、ウィンドウのタイトルバーをダブルクリックしてこの問題を回避してください。
タブバーの描画の問題
Big Surではタブバーを使用するSPSS Statisticsウィンドウが正しく描画されないため、タブラベルのテキストを表示することが困難です(不可能ではありません)。この問題はSPSS Statistics 27.0.1.0で修正されております。
*SPSS Statistics 26.0.0.0およびFix Pack 1が適用された26.0.0.1
Big SurにアップグレードするときにSPSS Statistics 26.0.0.0や26.0.0.1も既にインストールされている場合、このSPSS Statistics 26のインストールは保持されて、バージョン27.0.0および27.0.1.0は上記のいくつかの問題を除いて正常に機能します。バージョン26をご利用の方はSPSS Statistics 26 Fix Pack 2でアップグレードをすることをお勧めします。
SPSS Statistics 26.0.0.0や26.0.0.1をBig Surから初めてインストールする場合は、Mac notarization認可が原因でインストーラーに既知の不具合があります。従いまして最初からSPSS Statistics 26 Fix Pack 2でインストールする必要があります。
IBM Fix CentralからmacOS用のSPSS Statistics 26 Fix Pack 2がダウンロード可能です。インストール手順についてはこちらのTech Noteをご確認ください。
Pythonに関する特記事項;SPSS Statistics 26に含まれているPython 2およびPython 3の拡張バンドルは現在macOS Big Surではサポートしておりませんのでご注意ください。
*SPSS Statistics 25
Big SurにアップグレードするときにSPSS Statistics 25も既にインストールされている場合、このSPSS Statistics 25のインストールは保持されて、バージョン27.0.0および27.0.1.0は上記のいくつかの問題を除いて正常に機能します。
SPSS Statistics 25をBig Surから初めてインストールする場合は、Mac notarization認可が原因でインストーラーに既知の不具合があります。このビデオを確認して問題を回避してください。
Pythonに関する特記事項;SPSS Statistics 25に含まれているPython 2およびPython 3の拡張バンドルは現在macOS Big Surではサポートしておりませんのでご注意ください。
Catalina導入に伴う他の既知のMacの問題につきましてBig Surでもこの問題は発生いたしますので、この問題につきましてもご一読ください。

Document Location

Worldwide

[{"Line of Business":{"code":"LOB10","label":"Data and AI"},"Business Unit":{"code":"BU053","label":"Cloud & Data Platform"},"Product":{"code":"SSLVMB","label":"IBM SPSS Statistics"},"ARM Category":[{"code":"a8m0z0000000Ca7AAE","label":"AAJapanese->Statistics"}],"ARM Case Number":"","Platform":[{"code":"PF017","label":"Mac OS"}],"Version":"All Version(s)"}]

Document Information

Modified date:
21 December 2020

UID

ibm16382824