IBM Support

特定のフォルダにある全てのcsvファイルを可変長ノードから読み込む方法

Question & Answer


Question

特定のフォルダにある全てのcsvファイルを可変長ノードから読み込む方法

Answer

スクリプトを使用することで特定のフォルダにあるファイルを読み込むことができます。
以下はスクリプトの例です。

stream = modeler.script.stream()
import os
TargetPath = 'C:/test'
files = os.listdir(TargetPath)
i=1
input = stream.create("variablefile", "My node")
input.setXYPosition(50, 100)

for file in files:
input.setPropertyValue("full_filename", TargetPath+'/'+file)
i = i + 1


上記のスクリプトが行っている処理の概要です。
stream = modeler.script.stream()
スクリプトが実行されるコンテキストを提供します。このモジュールは、実行時にSPSS Modeler スクリプトに自動的にインポートされます。

import os
OSへのインターフェースのPyhonのライブラリーです。

TargetPath = 'XXXXX'
ファイルを保存しているフォルダのパスを設定します。Cドライブのtestフォルダにファイルがある場合は'C:/test'と設定してください。

files = os.listdir(TargetPath)
フォルダからファイルの一覧を取得する関数です。

input = stream.create("variablefile", "My node")
input.setXYPosition(50, 100)
可変長ノードファイルを作成してパレット上の特定のX=50, Y=100の場所に可変長ノードを設定します。

for file in files:
input.setPropertyValue("full_filename", TargetPath+'/'+file)
i = i + 1
フォルダにあるファイルをひとつずつ読み込み可変長ノードのファイルフィールドに設定します。

[{"Product":{"code":"SS3RA7","label":"IBM SPSS Modeler"},"Business Unit":{"code":"BU059","label":"IBM Software w\/o TPS"},"Component":"Modeler","Platform":[{"code":"PF033","label":"Windows"}],"Version":"17.0;17.1;18.0;18.1;18.1.1","Edition":"","Line of Business":{"code":"LOB10","label":"Data and AI"}}]

Document Information

Modified date:
16 June 2018

UID

swg22011818