[IBM i]

IBM i の前提条件

WebSphere® Application Server をインストールする前に、ハードウェアとソフトウェアが最小必要要件を満たしていることを確認してください。

ハードウェア要件

システム要件全体は、実際のワークロード要件によって異なります。サイジング・アシスタンスのために IBM® Systems Workload Estimator を使用してください。

推奨される最小必要要件を満たさないシステムは、サポートされるユーザーの数が限定され、サーバー初期化の許容時間が長い環境で使用できます。推奨されるハードウェアの最小必要要件は、以下のとおりです。
最小サーバー要件
  • 推奨される最小のサーバー・モデルは、以下のとおりです。
    • WebSphere は、最小 600 CPW の区画を必要とします
    • WebSphere アプリケーションは、アクセラレーター・フィーチャーが使用可能なモデルでアクセラレーター・フィーチャーを追加することによってメリットを受けることができます
    • アクティブ WebSphere プロファイル 1 つにつき、最小 1 GB のメモリーが必要です
  • WebSphere Application Server を実行している区画には、最小で 2GB のメモリーが必要です。 このメモリー要件は、使用する IBM i サーバーで実行されるその他のアプリケーションに必要なメモリーに追加されるものです。

これらの要件は、単一の WebSphere Application Server プロファイルに基づいています。 追加のプロファイルを並行して実行する場合は、追加のリソースが必要です。

これらの要件は、推奨される最小必要要件です。 多くのユーザーをサポートしたり、応答時間を短くする必要があるデプロイメントでは、 追加のリソースが必要な場合があります。

ディスク要件
表 1. ディスク要件.

この表では、WebSphere Application Server for IBM i のディスク要件を説明します。

インストール・オプション 説明 インストール後のディスク・スペース
WebSphere Application Server WebSphere Application Server ランタイム 1400 MB
アプリケーション・サーバーのサンプル サンプル・アプリケーション 110 MB
Application Client クライアント開発およびランタイム 330 MB
Web server plug-in Web Server Plug-in 140 MB

IBM i のソフトウェア要件

必要なソフトウェアは、以下のとおりです。

IBM i バージョン X リリース Y (VXRY)
WebSphere Application Server は、IBM i バージョン 7 リリース 1 (V7R1)、バージョン 7 リリース 2 (V7R2)、およびバージョン 7 リリース 3 (V7R3) でサポートされています。IBM i サーバーは、無制限の状態でなければならず、 使用するユーザー・プロファイルが *ALLOBJ および *SECADM の特殊権限を持っている必要があります。
Java™ 要件
WebSphere Application Server バージョン 9.0 を使用またはインストールするには、以下の Java 製品が必要です。
V7R1
  • IBM Java SE 8 64 ビット (5761-JV1 オプション 17)
V7R2
  • IBM Java SE 8 64 ビット (5770-JV1 オプション 17)
V7R3
  • IBM Java SE 8 64 ビット (5770-JV1 オプション 17)
IBM i Qshell (5770-SS1 オプション 30)
WebSphere Application Server でインストール・スクリプトを実行し、その他のスクリプトを使用するために必要です。
IBM i Extended Base Directory Support (5770-SS1 オプション 3)
インストールに必要です。
IBM i Portable Application Solutions Environment (5770-SS1 オプション 33)
Tivoli® Performance Viewer を使用するために必要です。
IBM i Host Servers (5770-SS1 オプション 12)
インストールに必要です。
IBM i Digital Certificate Manager (5770-SS1 オプション 34)
Secure Sockets Layer (SSL) プロトコルを使用するインストールに必要です。

IBM i のオプションのソフトウェア

オプションのソフトウェアは、以下のとおりです。

HTTP サーバー
HTTP サーバーは、インストールには必要ありませんが、サーブレットと JSP ファイルを使用する実稼働環境の場合にはお勧めします。 エンタープライズ Bean のみをデプロイする場合は、 HTTP サーバー・インスタンスは必要ありません。 WebSphere Application Server は、以下の HTTP サーバー製品をサポートします。
  • IBM HTTP Server (Apache で稼働) (5770-DG1)
  • Lotus® Domino® 8 for System i® 8.0 (5733-LD8)
  • IBM Domino 8.5 for i (5733-L85)
DB2® Query Manager and SQL Development Kit for iSeries (5770-ST1)
DB2 Query Manager および SQL Development Kit for iSeries は、クライアント・アプリケーションの開発に役立ちます。

トピックのタイプを示すアイコン 概念トピック



タイム・スタンプ・アイコン 最終更新: last_date
http://www14.software.ibm.com/webapp/wsbroker/redirect?version=cord&product=was-base-dist&topic=cins_is_prqsvr
ファイル名:cins_is_prqsvr.html