設計、導入、そして変革。今こそデジタルな世界へ改革を。

破壊的変革はもはや将来の話ではありません。リアルタイムで起きているのです。企業は適切な立ち位置を確保し続けるために進化する必要があります。ビジネス・プロセスはこの課題の中核にあります。企業はデータ・サイエンス、人工知能、アジャイル設計などの必要不可欠な機能を組み込むことにより、難解な内部プロセスを変革して会社全体のオペレーションを強化する必要があります。

簡単には変えられません。しかし、そのためにIBMが存在します。

データ、分析、プロセスの革新で新たな価値を創出

ブロックチェーン、機械学習、量子コンピューティングなどの先進テクノロジーにより、人間はこれまでのプロセスの限界を超えることができるようになりました。これらの新しいテクノロジーをビジネス・オペレーションに組み込むことで、企業はさらに創造的になって新たな高みに到達します。しかし、どのようにしてそこにたどり着くのでしょうか?それこそが、業界で認められた独自の手法とユーザー中心の思考により、IBMが支援できるところです。

デジタル機能の活用でこれまでに出来なかった高度な運用を拡大

新たなテクノロジー、新たなプロセス、新たな機会の創出。アナログからデジタルへの移行には、データ志向の戦略と、適切なツール、運用の弾力性が必要です。IBMはその移行をシームレスに行うだけではなく、お客様に合わせた新たな機会を見出し、更なる最適化・高度化を実現します。

先進的BPaaS (Business Process as a Services)

日東電工 (Nitto)、経理・購買の業務プロセス改革で経営基盤を強化

Nittoは、調達・購買にSAP Ariba、出張・経費管理にConcurを採用。IBMは、それらのクラウド・サービスを活用した業務プロセスのアウトソーシング「BPaaS」を提供することで、Nittoの成長戦略に沿った業務プロセスの変革を支援、経営資源の中核事業への集中を実現します。

IBM + Nitto(1分53秒)