洞察

伝統ある企業における新たな収益

McLane社は食品サービスと食料品の配送ビジネスにおいて1世紀以上の実績があり、これまでに500億ドルまで売り上げを伸ばしてきましたが、極めて低い利益率を引き上げなければならないという試練に直面していました。既に全国配送を行っておりアメリカ国内で最大手の小売業者を顧客に持ちながらも、どこに相談すべきか分からずにいました。

IBM GarageはMcLane社の既存のトラックや経路のネットワークを活用して新規の顧客に新規サービスを提供するという、まったく新しい収益の流れを作り出しました。追加コストなしで、これを実現したのです。

アイデア

トラック輸送のためのアジャイル開発

IBMの技術者とMcLane社のビジネスや運営のリーダーが集結し協業した際に、IBM Garageは利益幅を0.5%だけ上げる(つまり、あまりコストをかけずにどうやって新たな収益を生み出すか)というMcLane社の課題を支援しました。導き出されたのは、トラックの側面に広告を出すという驚きの手法でした。経路情報を活用して、それぞれの広告に最も適したトラックを割り出し、単なる物流企業を広告会社へと変えたのです。また、局所的な人の動きを把握するために気象データの洞察も盛り込み、それぞれの広告を目にする人の数を数値化しました。

インパクト

既存のインフラストラクチャーにもたらされる新たな価値

老舗の物流企業である McLane社は変革や開発の斬新なアイデアを求めてIBM Garageを訪ねました。その結果、会社の既存資産を活用して、非常に競争の激しい業界でサービスを新規に提供するという新たな収益の流れが生み出されました。その上、サプライ・チェーン、運営、製造や e-コマースと多くの機能やビジネスの分野に渡り、IBM GarageはMcLane社がマーケティングや人的資源において変革を起こすのを支援しました。またこのプロセスにより McLane社は、IBMの専門家と密に連携して既存のビジネスにおける効率性を新たに模索し、最終収益をさらに上げるアジャイルな働き方を新たに経験することができました。コグニティブで先進的な分析や機械学習を新たな手法で活用したことで、McLane社はまったく新しい時代の洞察を得られるようになったのです。

メリット

  • 洞察に基づいたアクション
  • IBM Garageとの協業的な作業プロセスにより、McLane社の部門を越えたチームとIBMの専門家が集結
  • 新しいデータ駆動型のビジネス・モデルが既存のインフラストラクチャーに収益の機会をもたらし、さらに企業の利益幅を拡大させる

「誰しもそれぞれ意見はあるでしょう。しかし真実はデータの中にあるのです。」

—Kevin Koch 氏、McLane社、会計、税および財務担当上級副社長

専門家にお問い合わせください

デジタル変革の進め方や簡素化について、IBMの専門家に無償でご相談いただけます。

IBMをフォロー