業界ごとのDXを加速する
デジタルサービス・プラットフォーム
テクノロジーが切り拓く近未来の業界変革
業界別DXのご相談の予約はこちら 動画解説:DXの共創を加速する「デジタルサービス・プラットフォーム」
デジタルサービス・プラットフォーム(DSP)とは
業界ごとのDX共通基盤の提供により、変革のスピードアップとデジタルサービスの品質を向上

デジタルサービス・プラットフォーム (DSP) は、業界や事業特性ごとに共通して必要となるDXの共通基盤を提供するソリューションです。IBMが予め構築・テストした業界別の基盤とガイドと運用の提供により、お客様のDXシステム構築の効率化をはかると同時に、堅実な運用を支えます。

業務の共通部分をプラットフォームとして提供し、その上にお客様が自社の強みを追加していくことで、最終的なサービスやシステムを作っていただくという「共創」をコンセプトとしています。

DSPのメリット
DXのスピードを加速 共通基盤により
全社的なコストを最適化
オープン・テクノロジーの
拡張性と将来性
自動化で運用品質を向上
DSPの構成
3つの構成要素 代表的な DSP は次の3つの要素で構成されます。 1. 業務マイクロサービス 特定のサービスで必要となる業務を汎用的なマイクロサービスとして提供 2. システム間連携 DSP上の業務のアプリケーションをバックエンドシステムと連携するための仕組み 3. DSP 共通基盤 業務マイクロサービスやシステム間連携機能などの稼働環境で、業界ごとの DSP に共通するハイブリッド/マルチクラウド基盤
  • API やアプリ・サーバーを搭載する「テクノロジー」、コンテナ層の「ハイブリッドクラウド基盤」、マルチクラウド対応の「インフラストラクチャー」で構成
  • さらに「AIを活用したIT運用サービス(AITOS)」により運用自動化を実現
  • AITOS は「IBM Instana Observability」「IBM Cloud Pak for Watson AIOps」などの製品で構成
運用自動化のオンライン・デモと相談会

AIを活用した迅速な障害対応と自動化された運用のデモをご覧ください。お申し込みはこちら

業界ごとのユースケース
金融サービス向けDSP モバイル・バンキング・アプリなどのDXサービスに必要なAPIを提供することで、勘定系を始めとする他システムとの容易な接続・連携を実現します。金融機関は自行の戦略に応じて、最適なサービスを選択でき、プラグをさすようにシステム間をつなぐことで、自由度を持って経営戦略を実行していくことが可能となります。

金融サービス向けDSPの活用が拡がるワケ 金融サービス向けDSPについてのお問い合わせ
ヘルスケア向けDSP 医療機関と保険会社を繋ぐプラットフォームを構築し、デジタル環境で保険金請求を完結できる世界をめざします。診断書のデジタル化を軸として、書類の発生元からデジタル化し、同じデータを保険会社へ連携することで、そもそも紙が発生しない仕組みで保険金請求にかかる手続き負荷の極小化、さらに迅速な給付金受け取りによる暮らしの安心の支えを実現します。

医療・保険 DSP についてのお問い合わせ 先進ITで描く2025年の世界[保険編] 先進ITで描く2025年のヘルスケア・ライフサイエンス産業の展望
スマートファクトリー向けDSP 製造のデジタル変革は「データ活用」が鍵となります。基幹システムや各事業部のシステムが保有するデータと製造現場で生成されるデータを「収集、統合、連携」することで、予測・予知、計画・実行、簡易デジタル・ソリューションといった「活用」が可能になり、デジタル変革が実現されます。DSPが効率的なデータ活用のためのプラットフォームを提供し、製造DXを加速します。 スマートファクトリー向けDSPについてのお問い合わせ
金融サービス向けDSP モバイル・バンキング・アプリなどのDXサービスに必要なAPIを提供することで、勘定系を始めとする他システムとの容易な接続・連携を実現します。金融機関は自行の戦略に応じて、最適なサービスを選択でき、プラグをさすようにシステム間をつなぐことで、自由度を持って経営戦略を実行していくことが可能となります。

金融サービス向けDSPの活用が拡がるワケ 金融サービス向けDSPについてのお問い合わせ
ヘルスケア向けDSP 医療機関と保険会社を繋ぐプラットフォームを構築し、デジタル環境で保険金請求を完結できる世界をめざします。診断書のデジタル化を軸として、書類の発生元からデジタル化し、同じデータを保険会社へ連携することで、そもそも紙が発生しない仕組みで保険金請求にかかる手続き負荷の極小化、さらに迅速な給付金受け取りによる暮らしの安心の支えを実現します。

医療・保険 DSP についてのお問い合わせ 先進ITで描く2025年の世界[保険編] 先進ITで描く2025年のヘルスケア・ライフサイエンス産業の展望
スマートファクトリー向けDSP 製造のデジタル変革は「データ活用」が鍵となります。基幹システムや各事業部のシステムが保有するデータと製造現場で生成されるデータを「収集、統合、連携」することで、予測・予知、計画・実行、簡易デジタル・ソリューションといった「活用」が可能になり、デジタル変革が実現されます。DSPが効率的なデータ活用のためのプラットフォームを提供し、製造DXを加速します。 スマートファクトリー向けDSPについてのお問い合わせ
金融デジタルサービス・プラットフォームでDXを加速させる城南信用金庫 事務改革の限界を打破するためにデジタライゼーションからデジタル・トランスフォーメーションへと舵を切りました。 城南信用金庫の事例を見る
次のステップ
IBMと共にDXを始めましょう デジタルサービス・プラットフォーム(DSP)に関するご質問、ご相談はこちらから。 相談を予約する
関連リンク
DSP詳細:エキスパートがブログで解説

見えてきたDXの共通パターン。効率化と高い運用品質を実現する「DSP」とは 

DSP詳細:エキスパートが動画で解説

DXの共創を加速する「デジタルサービス・プラットフォーム」(講演動画: 21:55)

先進ITで描く2025年の世界

IBMが注目する従来の境界を超えてリアルとデジタルの一体化を実現する10の先進IT。それらを活用して業界変革が実現される2025年のビジネスの姿をご覧ください。

IT運用領域をプロフィットセンターへ

AIを活用したIT運用サービス「Automated IT Operation Service utilizing AI(AITOS)」で、IT運用をコストセンターからプロフィットセンターへ転換させましょう。

基幹システムをDXのボトルネックから脱却させる

「Digital Integration Hub(DIH)」は基幹システムにあるデータをほぼリアルタイムに連携し、基幹システムの有効活用を可能にします。DSPと組み合わせることでDXをさらに加速できます。

アプリケーション・モダナイゼーション

既存の業務・システム・組織の制約を考慮しながら、レガシー・アプリケーションのクラウド移行と変革の実現を支援します。