AIのパワーの源はデータです

AIの開発には、学習データが不可欠です。大量のデータに埋もれている情報やトレンドから洞察を導き、価値へと転換するのがAIです。どのデータから価値を導き出しますか?
社内外からデータを集めることが、AI利用のための第一歩です。

「成果」を生み出すAIとは?

AIモデルを開発し展開するだけでは大きな成果を望むことは困難です。業務に組み込んで使えるように展開し、パフォーマンスを管理して継続的に再学習ができるプロセスをつくりましょう。さらにデータサイエンティストがチームで動けるプラットフォームが、このプロセスを高速化します。

個別最適のAIになっていませんか?

社内のさまざまな部門でAIの利用やデータ分析が始まっています。それぞれが異なるデータを使っているとデータの準備が大変なだけではなく、異なるビジネス判断をしてしまうかもしれません。またそれぞれにAIパフォーマンスを管理するワークロードも効率的とは言えません。

Watsonはどこが違うのでしょうか

世界で1億人以上のユーザーによる実証済みの機能とエクスペリエンスを提供するWatson。機械学習における最新のイノベーションを採用し、AIライフサイクルの自動化を実現するオープンなマルチクラウド・プラットフォームです。優れたモデルを最初から構築することも、あるいは、事前構築済みの企業向けアプリによって価値実現までの時間を短縮することもできます。

IBM Watson 事例

国内でも幅広い業種・業界の導入されているIBM Watson。

AI「Augmented Intelligence(拡張知能)」としてWatsonを業務に活用した事例をご紹介します。

お客様向けご相談窓口

お客様ご相談窓口

初期費用やお客様の要件に合わせた構成についてもご相談可能です。
ビジネスでのAI 活用のご相談がございましたら、お気軽にお問い合わせください。