IBM Watson Health

IBM Watson Healthは、よりスマートな健康エコシステムの構築に取り組んでいます。世界中の人々のために、プロセスの簡素化、治療の改善、飛躍的進歩の高速化、体験の向上を図ります。IBMは、お客様によるデジタル変革の推進を支援するために必要な重要な能力を備えています。それは、業界の深い専門知識、データと分析、セキュリティーと信頼に裏付けられた実用的な洞察です。

IBMが提供するもの

主要領域における意思決定を向上します。

社会福祉事業の処理が60%増加

プログラムの最適化を通じて米国の雇用者のために500万ドルを節減

がんの臨床試験登録が80%増加

COPDに関連する再入院率が80%減少

マイルストーン

医療分野におけるIBMの象徴的な節目

ポリオ研究の高速処理マシン

IBMのマシンが、Jonas Salk博士のポリオ研究を支援しました。検査対象の児童について1,800,000枚のパンチ・カードを作成し、ポリオ・ワクチン研究を数年間短縮しました。

ヒートレス・レーザー処置の発見

IBMはこの年、新しいヒートレス・レーザー・エッチング処置の発見を発表しました。これは外科的切開において前例のない正確性を秘めており、最終的にはレーシック眼科手術の成功につながりました。 

疾病を検知できる超音波検査

IBM科学センター(イスラエル、ハリファ)の研究者たちが、肝臓、冠動脈、先天性心疾患などの疾病を検知するための超音波の利用を研究しました。

DNA欠陥の検出

IBMの報告によると、IBMのチューリッヒ研究所とバーゼル大学の科学者により、シリコン製の小さな生化学的「マシン」を使用するための新しいアプローチが発見されました。これはDNAの欠陥を検出するために使用され、最終的には新しい治療法にも結び付く可能性があります。