不正防止ソリューション
不正が発生する前に管理および防止することで、ユーザー、資産、データを保護します。
脅威インテリジェンス・レポートを読む IBM Security Trusteerデモの詳細はこちら
横断歩道を渡る群衆。 ドローンによる頭上からの視点。

概要

企業にとって不正防止が重要な理由

新たなビジネス環境は、新たな課題を提示する。顧客の期待に応えながらデジタル技術による成長(デジタル・グロース)をどのように実現するのか、 また、デジタル化が進むにつれて、自分の会社は不正行為に対してどの程度脆弱なのか?

不正行為やサイバー攻撃はますます複雑化し、企業の脆弱性が悪用され、ビジネスに多大な損害が及んでいます。 年間平均では、サイバー犯罪によって330億件の個人データ記録が盗まれ、6兆米ドルの損害が生じています。 こうした中、お客様は犯罪防止に役立つ何らかのツールやアプリケーションを使用しているかもしれませんが、既存ツールは複雑でカスタマイズされており、互いを上手く統合することができません。 一部の組織は最大40のベンダーが提供する最大85のツールを使用できますが、これによりITスタックの複雑性が増し、処理できないほどの大量のデータが提供されることになります。

こうした複雑性と多すぎるデータにどのように対応すればよいのでしょうか? IBM Security™不正防止ソリューション。 IBM Securityは、不正防止への取り組みを簡略化し、ユーザー・ジャーニー全体を通して摩擦のない継続的な認証を提供するデジタルIDの信頼性を確立するのに役立ち、ポジティブなユーザー・エクスペリエンスを創出します。


メリット

不正防止は企業にどのように役立つのか 企業が不正を防止し、シームレスなユーザー・エクスペリエンスを提供し、継続的なコンプライアンスを証明する方法について再考してみましょう。 オムニチャネル・セキュリティーを維持する

ゼロトラスト・モデルを使用することで、正しいユーザーが正しい環境のもと、正しいデータへの正しいアクセス権を保持していることを確認することができます。

リスクの軽減

進化する法規制や企業監査に先んじて対応します。

シームレスなユーザー・エクスペリエンスを提供

セキュアでシームレスなユーザー・エクスペリエンスを簡単に統合する一方で、エンド・ユーザーに一層の制御を提供し、ビジネスの成長を可能にします。

ソリューション

不正の検出および防止ソリューション


お客様事例

IBM Securityは他ツールとどう違うのかを確認する IBM Securityが不正防止のリーダーである理由や、デジタルIDの信頼性の機能の仕組み、パスワード不要のエクスペリエンスがどのようなものかについて深く掘り下げ、これらについて学びましょう。 IBMは不正削減インテリジェンス・プラットフォームのリーダー

不正削減インテリジェンス・プラットフォームの市場について概説するこのレポートの中で、KuppingerCole社がIBMを業界リーダーとして評価している理由をご覧ください。

「Leadership Compass」レポートを読む(2.4 MB)
デジタルIDの信頼性の機能の仕組み

Trusteer Pinpoint™プラットフォームが、ユーザーの認証とシームレスな不正検出のために多層評価をどのように実施しているかをご覧ください。

対話型デモを試す
2,700万人のユーザー用IDを簡素化

IBM Security VerifyによりIBMは、お客様に柔軟性のあるMFAメソッドを持つ拡張されたセキュリティーと、パスワード、ユーザーIDライフサイクル、およびアプリに対する拡張された管理のために、拡張可能な機能を提供できるようになり、デジタル認証の将来を保証することが可能となりました。

導入事例を読む
次の ステップ
IBM Securityによる不正防止
セキュリティー・エキスパートにガイドしてもらうか、自分で調べることで、不正防止ニーズを満たす適切なソリューションをここで見つけることができます。 セキュリティー・エキスパートに相談する 不正防止ソリューションの詳細はこちら デジタルIDの信頼性に関する電子書籍をダウンロードする