スキルアップとは
watsonx Orchestrateを探索する
ホワイトボードで一緒に働く同僚

公開日:2023年12月4日
寄稿者:Tasmiha Khan、Michael Goodwin

スキルアップとは

スキルアップとは、スキル不足を最小限に抑え、従業員を新しい仕事や役割に備えるために、トレーニングと開発プログラムを通じて従業員のスキルセットを向上させるプロセスです。

スキルアップの概念はさまざまな業界に関連していますが、変化が絶えないIT分野では特に重要です。

スキル不足への対処は差し迫った課題です。世界経済フォーラムの「未来の仕事レポート 2023(Future of Jobs Report 2023)」によると、2025年までに 8,500 万人の雇用が自動化に奪われ、労働者のスキルの40%が変化すると推定されています。 1企業が特定のスキルを備えた新しい人材を見つけるのに苦労すると、空きポストが生じたり、プロジェクトが遅れたり、ビジネスが失われたりすることがよくあります。これに対応して、スキルアップは、現在と将来のニーズを満たすために既存の従業員のスキルを開発することで、革新的なソリューションを実現します。

スキルアップは多くの場合、雇用主と従業員の両方にとって有益です。雇用主にとっては、費用対効果の高い戦略であり、多くの場合、外部からの採用を求めるよりも、内部からの昇進の方が経済的で効率的であることが証明されています。1 また、社内の候補者はすでに会社の文化やプロセスに溶け込んでいるため、新しい役割や責任にシームレスに溶け込むことができます。つまり、スキルアップにより、企業は優秀な人材を維持し、そのコミットメントを示すことができます。

従業員にとって、スキルアップへの取り組みは、組織内での自分の価値を証明するものです。スキルアップにより従業員の成長に投資し、キャリアアップ(およびより高い給与)への道を提供し、仕事の満足度を高め、共同体意識を育みます。最近の調査によると、従業員はそのようなプログラムに対して意欲的です。O’Reillyの2021年データ/AI給与調査によると、回答者の64%が過去1年間にトレーニングに参加したり資格を取得したりしており、31%が大学院の学位プログラムからブログ記事の閲覧まで、トレーニングプログラムに100時間以上費やしていることがわかりました。2

AI Academyガイドブック

AIを人事や人材変革に活用するためのガイドをご覧ください。

関連コンテンツ

IBMニュースレターの購読

スキルアップと新スキルの習得

スキルアップの領域には、スキルアップと新スキルの習得という2つの基本的な概念があります。スキルアップには通常、既存のスキルを強化して、従業員が現在の役割に習熟したり、新しい役割に備えたりすることが含まれます。新スキルの習得には多くの場合、変化する仕事の需要に適応するために、まったく新しいスキルを学習する必要があります。IT業界では、スキルアップと新スキルの習得はいずれも一般的であり、価値のある戦略です。

たとえば、パンデミックにより、業界全体で自動化とデジタル・トランスフォーメーションの導入が大幅に促進され3 、スキルアップと新スキルの習得に対する重要な需要につながりました。リモートワークへの突然の移行により、企業は従業員が自宅から効果的に仕事を遂行できるようにするために必要なスキルとテクノロジーを迅速に提供する必要に迫られました。たとえば、営業職は、見込み客の追跡や仮想会議のためにZoomなどのツールに習熟する必要がありました。

スキルアップ戦略

組織は、進化する職務要件や業界の需要に対応するために、従業員が既存のスキルを強化したり、新しいスキルを学んだりできるように、次の戦略を検討するといいでしょう。

業界および組織アセスメントの実施

業界の傾向と需要を評価し、組織の業界における主要なスキルを特定します。次に、この調査を現在の従業員のスキルセットおよび会社の目標と比較します。

組織の業界がどこに向かっているのかをより深く理解すると、(どのようなスキルがある)どのような種類の従業員が最も価値があるかを特定でき、スキルアップの取り組みが組織の目標と一致していることを確認できます。スキルアップへの投資に価値があり、正確に目標を絞ったものであることを確認するには、短期と長期の両方の影響を考慮することが賢明です。

ソフト・スキルの強化との両立

オールラウンドな専門職にとってのコミュニケーション、問題解決、リーダーシップのスキルなどのソフト・スキルの重要性、および技術的専門知識とソフトスキルとの相乗効果を認識してください。全体的なスキル・アセスメントでは、技術的なスキルアップの取り組みに付随して必要になりそうなソフト・スキルのトレーニングについても検討します。

人工知能とデジタル・トランスフォーメーションの統合

AIとデジタル・トランスフォーメーショの目標を従業員のスキルアップ・プログラムに組み込み、従業員と組織の両方がより広範にテクノロジーの進歩に対応できるようにします。

段階的な進歩と継続的な学習

習得したスキルに合わせて責任を徐々に増やすことを奨励し、職場文化の一部として継続的な学習を促進します。必要に応じて、従業員が自分のペースで学習できるようにします。

学習者全員が学習体験を得られるようにする

学習体験をインクルーシブにして、学習者全員が学習できるようにします。これは、組織内で幅広い学習文化を育むのに役立ちます。人事部は、スキルアップの取り組みにおいて極めて重要な役割を果たすことができます。そうすることで、カスタマイズした開発プログラムの形成を支援し、スキルアップのプロセスをスムーズかつ効率的にし、すべての関係者の利益を考慮します。

インセンティブを提供する

従業員のスキルアップへの取り組みを奨励するには、組織は金銭的インセンティブ、特典、認定および資格取得の機会を設けることで、新たに習得したスキルに対する報酬と検証を提供できます。新しい認定や資格は履歴書を強化するのに役立ち、金銭的および福利厚生のインセンティブは、スキルアップ・プログラムに積極的に参加した従業員に即時の価値と評価を与えるのに役立ちます。

スキルアップ・プログラムの種類

スキルアップは、教えられるスキルや従業員の能力や好みに応じて、いくつかの方法で実現できます。これには、専門的な対面トレーニング・ワークショップ、オンライン・コース、自分のペースで進められる認定資格、メンターシップ・プログラム、大学院コースがあります。これらすべての取り組みにより、個人は需要の高いスキルを習得することで、雇用市場での競争力を維持できるようになります。

トレーニング・プログラム

トレーニング・プログラムは、スキルアップの基本的な要素です。これらの取り組みは、従業員が新しいスキルを開発し、自分の分野で競争力を維持できるようにする構造化された学習体験をもたらします。トレーニング・プログラムにはさまざまな形式があり、組織は従業員にとってどれが最適かを決定する必要があります。

たとえば、組織には社内でトレーニングを提供するためのリソースがありますか? それともトレーニング・プログラムは外部委託されるのでしょうか?トレーニングはグループ設定で提供できますか? それとも一対一の指導が必要ですか?トレーニングは対面で行うのが最も効果的ですか? それともオンラインで教材を学ぶことができますか?このような種類の質問を検討することは、組織が最も適切なアプローチを特定するのに役立ちます。

オンライン・コース

オンライン・コースには柔軟性と利便性があり、従業員が自分のペースで教材にアプローチできるように設定できます。これらのコースは、コンテンツを業界のトレンドに合わせて維持するために、頻繁に更新および改善することもできます。

ただし、欠点の1つは、特定のスキルをオンライン環境では効果的に教えられない可能性があることです。一部の指導では、実践的または対面(または少なくともその恩恵を受けられる)での指導が必要です。繰り返しになりますが、組織はスキルに応じてこのような決定を下します。

指導

チーム・メンバーの指導とフォローは、スキルアップにおいて重要な役割を果たします。これらのテクニックは、従来の指導環境では教えられないスキルに最適です。これらにより、従業員は実際の役割を観察し、仕事の生きた感触を得ることができます。

また、メンターシップにより、組織は社内の特定分野の専門家を活用することができ、その専門家もリーダーシップ・スキルを磨くことができ、研修生は途中で質問を解決できる誰かに直接アクセスすることができます。これは、多くの場合、関係者全員に成長の機会を提供する手法です。

大学院プログラム

役割によっては、追加の学位やより正式な学習が必要な場合があります。組織は多くの場合、組織への将来の貢献と引き換えに従業員の教育開発に投資します。このようなプログラムにより、各分野の第一線で活躍し、組織により大きな価値を提供できる有能な従業員が生み出されます。

スキルアップのメリット

スキルアップは、より有能で将来を見据えた労働力、より高い従業員満足度、コスト効率など、価値ある利点をもたらします。

従業員の定着率と満足度の向上

従業員のスキルアップに投資している企業は、従業員の成長と発展を重視していることを示しています。そして、大切にされていると感じている従業員は、定着する可能性が高くなります。スキルアップは、新しいキャリアの機会への扉を開き、社内に複数のキャリアパスがあることを従業員に示すので、全体的な従業員の満足度が向上します。

大量退職時代(ibm.com外部のリンク)の間、1,000人のアメリカ人従業員を対象としたAmdocs調査(ibm.com外部のリンク)によると、退職する理由として従業員の3分の2近くがその理由としてトレーニングと能力開発の機会の欠如を挙げていることがわかりました。 4調査対象者の90%は、スキルアップ・プログラムが将来の雇用主にとって重要な要素であると考えており、テクノロジー業界の従業員ではこの数字は97%に上昇しました。

従業員の満足度と定着率は、スキルアップに伴う給与の上昇によっても促進されます。O’Reillyの2021年のデータ/AI給与調査によると、スキルアップ・トレーニングと開発に100時間以上費やしたデータおよび AI職は、1~19時間費やした人よりも55%高い給与アップを得ていることがわかりました。 2

雇用コストの削減

スキルアップは一般に、新入社員を雇用するよりも費用対効果の高いソリューションです。新入社員は、求人情報の作成、求人広告の作成、候補者の検索と精査、面接の実施など、多くの作業を必要とします。人材紹介サービスや代理店を利用すると、従業員の給与の一部や別の形式の報酬を通じて組織にコストがかかります。

スキルアップを通じて、企業はより知識が豊富で多才な人材を育成することができ、スキルアップ・プログラムに参加する従業員は会社からサポートされ、専門的な能力開発に取り組んでいると感じるので、離職率を低げることができます。4

新入社員を雇用するコストは業界や役職によって異なりますが、新入社員を雇用するよりもスキルを向上させる方がコスト効率が高いというのがコンセンサスです。Trakstar Hire(ibm.com外部のリンク)は、新入社員の雇用コストを5,000ドルと判定しています。これにはオンボーディングやトレーニングは含まれません。世界経済フォーラムの「2023年 仕事の未来レポート(Future of Jobs Report 2023)」では、新入社員を雇用する場合の平均費用は4,425米ドルであるのに対し、従業員のスキルアップにかかる平均費用は1,300米ドルであると結論付けています。1これらの数値は、多くの場合、IT部門やより高度な職種の方がはるかに高くなります。

競争力を強化した労働力

継続的にスキルを向上させた従業員は、現在の役割に熟練し、将来の役割にも適応できるようになります。スキルアップにより、社内で高度な役割を担うことができ、組織の成功に大きく貢献できる、より有能で才能のある従業員が生まれます。

世界経済フォーラム(ibm.com外部のリンク)などの組織のレポートでは、雇用市場で競争力を維持するためのスキルアップの重要性が強調されています。これらの組織は、急速に変化する仕事の性質と、従業員が継続的にスキルを向上させる必要性を強調しています。

スキルアップとは、単に競争力を維持することだけではありません。それは適応性を促進し、成長の機会を生み出すことでもあります。これにより、従業員はさまざまなキャリアパスを模索し、履歴書や LinkedInプロフィールを充実させ、キャリア目標に向かって進むことができます。IT業界では、プロフェッショナルとしての成長はスキルアップと密接に結びついています。

ROIの向上

従業員の能力開発に投資することは、将来にわたって利益をもたらします。2020年のGuild Educationのレポート「教育給付のドル価値(Dollar Value of Educational Benefits)」によると、Guildの授業料補助プログラムと提携した企業は、教育給付への投資1ドルにつき2.84ドルの純節約を実現しました。同調査によると、このようなプログラムを設けた場合、そのようなプログラムのない組織と比較して、維持率への取り組みが2倍成功したという結果も出ています。5

関連ソリューション
IBM watsonx Orchestrate

イライラする繰り返しのタスクでいっぱいの底なしのリストを毎日作成していることをご存知ですか?それをクリアして仕事を早く終わらせることができたらどうでしょうか?2022 CES イノベーション賞を受賞した IBM® watsonx Orchestrate™ を使えば、それは可能です。この製品には、「やりたいこと」リストを自由に追求できるように設計された画期的なテクノロジーが搭載されています。

watsonx Orchestrateを探索する

ビジネス・プロセス自動化ソリューション

ビジネスプロセス自動化ツールを使用して、人、アプリケーション、システムなどの重要なリソースを理解し、調整できるようにします。IBMビジネス・プロセス自動化ソリューションを利用すると、エンドツーエンドのビジネス・プロセスを管理することで、変化する市場状況に迅速に対応し、組織の効率性を向上させ、顧客エクスペリエンスに悪影響を与える可能性のあるエラーを削減できます。

IBMのビジネス・プロセス自動化ソリューションの詳細はこちら

詳細情報はこちら

IBM watsonx OrchestrateでAIアシスタントを構築してチームの取り組みを効率化し、一日を有効活用しましょう。Orchestrateは、生成AIと自動化テクノロジーを使用して複数のアプリケーションのワークフローを管理および簡素化するため、「やりたいこと」リストをさらに追求できるようになります。

watsonx Orchestrateを探索する デモの予約
脚注

1Future of Jobs Report」(ibm.com外部のリンク)世界経済フォーラム、2023年5月
22021 Data/AI Salary Survey」(ibm.com外部のリンク)O’Reilly、2021年9月15日
3 How the Pandemic Accelerated Digital Transformation in Advanced Economies」(ibm.com外部のリンク)Florence Jaumotte、Myrto Oikonomou、Carlo Pizzinelli、Marina M. Tavares、2023年3月21日
Workforce of 2022: Reskilling, Remote and More Report」(ibm.com外部のリンク)アムドックス、2022
5教育給付金のドル価値」 (リンクは ibm.com の外にあります)、ギルド、2020 年 12 月