ホーム Topics 自然関連財務情報開示タスクフォース 自然関連財務情報開示タスクフォース(TNFD)とは
IBM Enviziはこちら 気候変動報告書を読む
山、木、丘、その他の自然要素

公開: 2024年3月18日
投稿者: Tom Krantz, Alexandra Jonker

TNFDとは

TNFDは、世界中の政府や企業、金融機関に対し、自然への影響と依存に関する報告ガイダンスを提供する国際的なイニシアチブです。TNFDはタスクフォースによって率いられており、このタスクフォースは金融機関や企業、マーケティングサービスプロバイダーなど、さまざまな組織からなる40名のメンバーで構成されています。

TNFDの使命は、企業報告を通じて自然関連の問題に関する科学的根拠に基づく洞察を提供することです。これにより、企業が環境配慮を事業戦略や意思決定、報告に組み込むことができるようにすることを目指しています。主要な科学団体や自然保護団体からの知見と専門知識を活用し、TNFDは持続可能性報告の国際基準に沿った主要な概念を定義しています。

気候リスク適応ガイド
TNFDの勧告とは

2023年9月18日に、TNFDは自発的な自然関連情報開示のフレームワーク(「TNFD勧告」)の最終版を発表しました。TNFD勧告は、企業が自然関連問題について報告し、対応することを支援し、最終的に金融フローを自然にとって良い結果に導くことを目的としています。

このフレームワークは、既存のESGレポーティング・フレームワークや国際的な規制要求と連動しています。これには、国際サステナビリティー基準審議会(ISSB)が最近発表したサステナビリティー開示や、気候関連財務情報開示タスクフォース(TCFD)が策定した気候変動開示が含まれます。

TNFD勧告は、セクターや地域、管轄区域、あらゆる規模の組織に適用できるよう設計されています。これまでに、46カ国以上の320の組織がTNFD勧告に基づいた自然関連の情報開示を行うことを約束しています。1

TNFD勧告は、報告を通じて利害関係者に開示されるべき4つの自然関連問題を特定しています。

  1. 依存関係: 自然に対する組織の依存度。
  2. 影響: 自然に対する組織の影響。
  3. リスク: 依存関係や影響に起因する組織のリスク。
  4. 機会: 組織が自然にプラスの影響を与える機会。

TNFD勧告の情報階層は上から順に、基礎となる柱、一般要求事項、勧告、ガイダンスとなります。

 

TNFD勧告の基礎となる柱

TNFDは、TCFDのフレームワークと同じ4つの柱を基にしていますが、自然を中心に考えています。

ガバナンス

自然関連の依存関係、影響、リスク、機会に関する組織のガバナンスの開示。

ストラテジー

自然関連の依存関係や影響、リスク、機会が、組織のビジネスモデルや戦略、ファイナンシャル・プランニングに及ぼす影響(重要である場合)の開示。

リスクと影響のマネジメント

自然関連の依存関係や影響、リスクおよび機会を特定し、評価し、優先順位を付け、監視するために組織が使用するプロセスの説明。

メトリクスと目標

重要な自然関連の依存関係、影響、リスクおよび機会の評価と管理に使用するメトリクスと目標の開示。

TNFD勧告の一般要求事項

TNFD勧告には、ISSBの基準であるIFRS-S1およびIFRS-S2に加え、6つの一般要求事項が含まれています。要求事項は以下の通りです。

  1. 重要性の適用
  2. 開示の範囲
  3. 自然関連の問題の所在
  4. 他の持続可能性関連開示との統合
  5. 考慮される時間軸
  6. 組織の自然関連問題の特定とアセスメントにおける先住民、地域コミュニティ、影響を受ける利害関係者の参画
TNFD勧告の開示勧告とガイダンス

TNFD勧告は、企業が財務諸表に含めるべき14の開示勧告の枠組みを示しています。これらは4つの柱すべてにまたがっています。14の勧告のうち、11の勧告はTCFDの開示フレームワークを反映し、実施のための一般的なガイダンスを提供しています。TNFDは、これに自然に関する3つの勧告を追加しました。

  • 組織の人権方針とエンゲージメント活動、および自然関連の依存関係や影響リスク、機会のアセスメントにおける先住民に関する取締役会の監督。
  • 自然から影響を受けるか自然と関わる資産および活動の重要で影響を受けやすい場所(「優先場所」)。
  • 上流と下流のバリュー・チェーンにおける自然関連の依存関係や影響、リスク、機会を特定して評価し、優先順位をつけるための組織のプロセス。
    TNFD追加ガイダンスの対象は

    TNFDは、自然関連の問題を特定・評価し、シナリオ分析を行い、先住民や地域コミュニティ、影響を受ける利害関係者とのより良い関わりを求める市場参加者向けの追加ガイダンスを起草しました。

    TNFDはまた、特定のセクターやバイオーム(生物多様性)で事業を行う際の留意点も示しています。セクター・ガイダンスは、石油・ガスから食品・農業まで9つの業種にわたり、TNFDの開示に基づく推奨事項を提供しています。バイオーム・ガイダンスは、陸上・淡水・海洋の環境を対象とし、それぞれの生態系について推奨される情報開示を提供します。

    TNFDのフレームワークには、自然リスクと機会を評価・管理するための4段階のアプローチが含まれています。この手法はLEAPアプローチと呼ばれ、以下の頭文字をとっています。

    Locate

    地域、セクター、バリュー・チェーンにまたがる自然との接点を特定(Locate)します。

    Evaluate 

    自然への依存と影響を評価(Evaluate)します。

    評価

    自組織にとっての自然関連のリスクと機会を査定(Assess)します。

    準備

    重要な自然関連問題の報告を含め、自然関連のリスクと機会に対応するための準備(Prepare)をします。

    その他のガイダンスは、TNFDの勧告や個々の報告書に記載されています。2この記事を書いている時点では、TNFDのセクター別ガイダンスは、3月29日の締め切りまで相談を受け付けています。

    自然関連のメトリクスはどのように測定されるべきか

    TNFD勧告は、自然関連の問題に関連する多数のメトリクスを調整するための包括的な指標アーキテクチャを提供しています。メトリクスは、コア・メトリクスと追加メトリクスの2つのカテゴリーに分類されます。

    コア・メトリクスは、世界規模やセクター規模で測定され、重要な自然関連要因を評価・管理するために使用されます。ISSBやTCFDの勧告と連動して、組織はすべてのコア・メトリクスに対して報告し、関連する場合は業界固有の追加メトリクスを含めることが推奨されています。TNFDはまた、自然関連の目標設定に関する開示も推奨しており、これはScience Based Target Networkのガイダンスに従って行うことになっています。3

    なぜ企業はTNFD勧告に沿うべきなのか

    2022年12月に、クンミグ・モントリオール生物多様性グローバル・フレームワーク(GBF)の下で、200近い国の政府が2030年までに自然と生物多様性の損失を止め、回復させることを約束しました。具体的には、GBFのターゲット15では、企業が「生物多様性へのリスクや依存や影響を監視・評価し、透明性をもって開示する」ことを求めています。4その翌年、CDPが発表したデータによると、CDPを通じてデータを開示している企業の70%近くが、2022年に自社のバリュー・チェーンが生物多様性に与える影響を評価していませんでした。5

    世界経済フォーラムによると、環境・気候変動リスクは今後10年間で経営者が直面する最も重大な脅威であり、6これらのリスクに対して経営者は最も準備ができていない状況です。自然喪失に関連するリスクが高まっているにもかかわらず、今日の企業や投資家、金融機関は自然への依存や影響を理解していないという懸念が高まっています。その結果、意思決定において自然関連のリスクや機会を十分に考慮していない可能性があります。

    TNFDの推奨事項は、加速する気候変動と自然の喪失に直面する企業に、リスク管理戦略を改善するための重要な情報を提供します。理想的には、より良い洞察を得ることで、企業がグローバル資本の流れを自然や社会にとってより良い結果にシフトできるようになることです。

    自然が重要な理由

    簡単に言えば、地球上のすべての生き物の生活は自然に依存しています。

    TNFDによれば、自然は陸・海・淡水・大気の4つの領域から構成され、それぞれに独自の生物多様性と自然資本を持つ生態系、すなわちバイオーム(熱帯林や砂漠など)が存在します。これらのバイオームは、健全で持続可能な生態系を維持するために不可欠な食料や淡水、天然薬などの「生態系の恵み」を提供しています。

    それにもかかわらず、自然はかつてない速度で劣化しています。森林伐採などの人間活動によって地球の生物多様性は急速に減少し、それに伴って社会が依存する生態系の恵みも失われつつあります。このことは、人間だけでなく、経済の存続をも脅かし、グローバルなサプライチェーン全体に影響を及ぼす金融リスクをもたらしています。

    企業や金融機関は、自然に良い影響も悪い影響も与える可能性があります。TNFDの報告とメトリクスのフレームワークは、このことを反映しています。TNFDは、有害な影響の緩和にとどまらず、自然保護や修復のような市場主導のイニシアチブを通じて、自然にプラスの成果をもたらす機会を強調しています。

    関連ソリューション
    IBM Envizi

    ESGデータの取得、統合、管理、分析、報告を簡素化

    IBM Enviziはこちら

    参考情報 TCFDとは?

    気候関連財務情報開示タスクフォース(TCFD)は、企業や金融機関が気候変動に関連する財務リスクを投資家や株主、一般市民によりよく知らせるために気候関連の情報開示を策定しています。

    PCAFとは

    金融向け炭素会計パートナーシップ(PCAF)は、融資や投資に伴う温室効果ガス(GHG)排出量を評価し、開示するための同期化されたアプローチの構築に取り組む金融機関の世界的な連合体です。

    SASBとは

    サステナビリティー会計基準審議会(SASB)は、企業が投資家やその他の財務上の利害関係者に対して財務的に重要なサステナビリティー情報を開示するための業界固有の基準を作成し、これを維持しています。

    詳細情報はこちら

    IBM Envizi ESG Suiteを使用すると、環境、社会、ガバナンス(ESG)データの取得、統合、管理、分析、報告を簡素化できます。

    エンビジを探索 デモの予約
    脚注

    1320の企業と金融機関がTNFD自然関連企業報告を開始(ibm.com外部へのリンク)、気候関連財務情報開示タスクフォース、2024年1月16日

    2出版物(リンクはibm.com外にあります)、Taskforce on Nature-Related Financial Disclosures

    3行動を起こす(リンクはibm.com外にあります)、Science Based Targets Network

    4ターゲット15(リンクはibm.com外にあります)、生物多様性条約。

    5規制が導入されるにもかかわらず、自然や気候に関するサプライヤーの関与に失敗する企業(ibm.com外部へのリンク)、CDP、Aslan、Sheriden、2023 年3月15日。

    6グローバル・リスク・レポート(リンクはibm.com外にあります)、世界経済フォーラム、2024年1月