サプライヤー管理とは
サプライヤーおよび取引先を特定、認定、オンボーディングし、これらと取引および提携する一連のプロセス
IDC Spotlightを読む:破壊的な世界におけるサプライヤー・コラボレーション
Container ship in import export and business logistic,By crane,Trade Port, Shipping cargo to harbor
サプライヤー管理はどのように機能するのか

今日のサプライチェーンは、サプライヤーと取引先の巨大で複雑なエコシステムを構成し、それぞれが商品やサービスを市場に提供しながら価値を高めていきます。 グローバル企業が数万、場合によっては数十万のサプライヤーに依存しているのも珍しくはありません。 企業はこれら無数のパートナーシップを管理するため、サプライヤー関係管理プロセスを実行しています。 サプライヤー管理とは、企業が自らのビジネスに適したサプライヤーを特定、限定、オンボードし、これと取引および提携することを可能にする、一連のプロセスを指します。  

効率的なサプライヤー・コラボレーションには何が必要か

サプライヤー管理が重要な理由

製品出荷事業を手掛ける企業の場合、ビジネスの成功はサプライヤーを獲得、維持し、効果的に連携することで、質の高い製品がすべて時間通りに届けられることへの顧客の期待に応える能力に左右されます。 企業価値の実に50%程度が、 サプライヤー関係(PDF、1.5 MB) の強度に左右される場合があります。

しかし、サプライチェーンがグローバル・ネットワークの代表格となる中で、サプライヤー管理プロセスはますます複雑になり、時間を消費し、コストのかかる存在へと成長しています。 マニュアル、紙ベースのプロセスへの強い依存や、デジタル・イベントおよびフォーム記入における二重エントリーは、実行を遅らせ、人的エラーを可能にし、俊敏性の妨げとなることで、こうした課題をさらに困難にしています。

荒れ狂う時代が、これらの困難を大きく悪化させています。 最近のイベントは、企業とそのパートナーシップおよびサプライヤーとの継続的な関係性の決定的な重要性と、サプライチェーン内で俊敏性とレジリエンシーを維持するうえで、そうした関係性がいかに不可欠であるかを浮き彫りにしました。

サプライチェーンのリーダーはこうした課題に、サプライヤー管理プロセスのデジタル化と近代化への取り組みを強化することで対応しています。 それがもたらす多数のメリットには、拡張されたサプライヤー検証、改善されたオンボーディング、強化されたライフサイクル・トラッキングなどがあります。 結果:より効果的なサプライチェーン関係管理。

サプライヤー・オンボーディングとコラボレーションを簡素化する(2:17)

効果的なサプライヤー管理のメリット

サプライチェーンの俊敏性を強化する

新規サプライヤーを素早く特定、認定、オンボード、管理する能力により、予想外の市場イベント、新たなビジネス・ニーズ、新規の戦略的提携に、より迅速に対応します。

コスト削減を達成する

摩擦のないサプライヤー・コネクティビティーおよびコラボレーションを可能にすることで、新たなレベルの効率性と生産性を実現し、コストを削減します。

サプライチェーンのリスクを低減する

たとえ危機の時代にあっても、トランザクションの盲点を排除し、マルチパーティー可視性を実現して、ベンダーとの紛争を最小化することにより、リスクを軽減します。


効果的なサプライヤー管理の主な特徴

サプライヤー・コラボレーション

サプライヤー・コラボレーションとは、エンタープライズ・バイヤーと、1つ以上のサプライヤーとの間で交わされるデジタル取引および人的交流を指し、彼らはエンド・カスタマー向けの完成品を製造するのに使用される原材料、部品、あるいは供給品を届けることに共同で取り組んでいます。

スマート・ペーパーを読む

サプライヤー・オンボーディング

サプライヤー・オンボーディングとは、 サプライヤーの発見と認証に関連するサプライヤー関係管理プロセスで、これらのサプライヤーと相互接続し、関連するエンタープライズ・システムとのコネクティビティーを提供し、B2Bトランザクションを可能にします。

サプライヤー・オンボーディングを簡素化および迅速化する

サプライヤー関係管理

サプライヤー関係管理とは、互いに利益のある関係性をサプライヤーと構築することに関連した、調達およびサプライチェーン活動で、サードパーティー企業との相互交流の管理や、さまざまなタイプのサプライヤー関係(対等な立場での取引など)に関する戦略策定を含みます。

サプライヤー・コラボレーション・ソリューションの詳細はこちら

サプライヤー・ライフサイクル管理

これはサプライヤーの選択と雇用、サプライヤーのオンボーディング、契約の管理と実行、支払い管理、契約解除手続きを含む、ほとんどのサプライヤー管理活動を指します。

Webセミナーを体験する

サプライヤー情報管理

これはビジネス・サプライヤーから受け取った広範なコミュニケーションに基づいて、こうしたサプライヤーに関連したデータを収集、維持、適用するプロセスを指します。

ブログ投稿を読む

これからのサプライヤー管理とは

これからのサプライヤー管理は、マルチエンタープライズ・サプライチェーン・ビジネス・ネットワーク、戦略的サプライヤーとの直接接続、および複雑なサプライチェーン/プロセスのための専用ブロックチェーンを介してもたらされる、全面的なデジタル体験となります。

サプライヤー管理はデータ品質を改善し、情報の即時性を確保し、プロセスを最適化するために、デジタル化、信頼、透明性、インテリジェンスを土台として、これからも引き続き構築されます。 今後の展望は次の通りです。B2Bのトランザクションの・プロセスにより多くの参加者が含まれるように

  • さらに拡張 することで、配送業者が供給途絶の解決に積極的に参加し、認証機関や他のパートナーがサプライヤーの財務状態や法的地位を迅速に認証することを可能にします。 政府機関に承認された、

  • 広く信頼できるデータを提供 することで監査の手間を減らし、B2BおよびB2Gの調達を簡素化し、貿易および関税規則を確実に順守します。 紛争を解決し、繰り返される事務処理を完了することで節約された時間を、より戦略的に費やすことが可能になります。
    AIが自己学習を続け、時間と共により多くのデータに触れることで知識を積み上げることで、
  • さらにスマートに(賢く)なります 。 サプライチェーンとサプライヤーとの、それぞれが独自の関係性を踏まえた推奨と、次の最良なアクションを正確に示す能力に磨きをかけることで、企業はAIを自信をもって適用して人間の能力を拡張し、ビジネスおよび顧客への影響を軽減するための回復プロセスを自動的に開始することができます。
    エコシステムのメンバーと共同で開発された新機能を介して、
  • 新たな価値を創造 します。 これらの機能は戦略的および運用上のパフォーマンスにメリットをもたらすだけでなく、商業化も可能です。
    変化の時代にサプライチェーンの運用を最適化し、運用する方法を特定するため、遥か川上のサプライヤーに関する
  • より深い可視性を可能に します。 今日では、サプライチェーンの混乱の推定40%は、ティア2からティア10までのサプライヤーで発生しますが、それでも大半のサプライチェーン専門業者は主に、ティア1サプライヤーのみと提携しています。

サプライヤー管理のお客様事例

Home Depot社

小売業者のHome Depot社はブロックチェーンを使用して、出荷および受領プロセスに関するリアルタイムでマルチパーティーの可視性を提供し、ベンダーとの紛争を減らし、サプライヤーとの関係を強化しています。

Southwire社

Southwire社はグローバル・ビジネス・ネットワークを活用することで、現地の運輸パートナーのネットワークを拡大し、請求書処理を40%高速化し、サプライヤーとの関係を強化しています。

事例を読む

Li & Fung社

サプライチェーン企業のLi & Fung Limited社は、中国の光棍節におけるピーク時の1時間当たり150万回のトランザクションを処理数するため、15,000のサプライヤーと数千の顧客企業を単一プラットフォーム上で統合しています。

事例を読む

関連するソリューション

サプライチェーン・コラボレーション

80万社もの取引先が、パートナー・ネットワーク接続に関しIBMに信頼を置く理由をご覧ください。


サプライヤー管理

業界横断的なサプライヤー情報源が、サプライヤー・オンボーディングとライフサイクル・マネジメントを加速する様子をご覧ください。


エンドツーエンドのトランザクション可視性

AIとブロックチェーンを利用してB2Bトランザクションの盲点を浮かび上がらせ、受注から配送にいたるまで、リアルタイムの共有された可視性を獲得します。



サプライヤー管理のリソース