SAP HANAとは
SAP HANAは、リアルタイムでマルチモデルのデータ分析を提供する高速で強力なデータベースとして、エンタープライズ・リソース・プランニング(ERP)ソフトウェアやその他のビジネス・アプリケーションのプラットフォームとして機能します。
SAP HANA定義

SAP HANA(High-performance ANalytic Appliance)は、データをディスクに保存するのではなく、メモリーに保存するマルチモデルのデータベースです。 これにより、ディスク・ベースのデータ・システムよりもはるかに高速なデータ処理が可能になり、高度なリアルタイム 分析が可能になります。

SAP HANAは、エンタープライズ・リソース・プランニング(ERP)ソフトウェアやその他のビジネス・アプリケーションのプラットフォームとして機能し、オンプレミスやクラウド、あるいはその両方の ハイブリッドクラウド システムに配置できます。

SAP HANAは、例えば、次のように、組織内の複数の領域からのデータを統合します。  

  • 従来のビジネス・ドキュメント ー 契約書やスプレッドシートを含む
  • UX/UI(ユーザー・エクスペリエンス/ユーザー・インターフェイス)ー Webサイトのフォーム、電子メール、その他の顧客とのやり取りを含む
  • モバイル ー 顧客と従業員のモバイル・デバイスからの情報
  • IoT (モノのインターネット)ー 倉庫やトラックから店舗やオフィスまで、ビジネスのあらゆる側面で実行される多くのセンサーからのデータ

SAP HANAシステムは、このすべてのデータを統合するだけではありません。また、 機械学習とAI を適用して、それを即座に深く分析し、企業の業務に関する重要な洞察を提供することで、リアルタイムの意思決定を加速することもできます。


SAP HANAが重要な理由

多くの組織は、本質的にデータウェアハウスに存在し、価値を提供しない膨大な量のデータを持っています。これは、ビジネスへの影響を加速し、より大きな顧客価値を提供するために使用できる、テラバイトの未開発の可能性に相当します。

SAP HANAは、機械学習を活用した超高速のメモリー内の処理とリアルタイムのデータ分析により、企業のデータを活用してデータを活用し、プロセスを合理化し、エラーを排除し、クライアント、顧客、従業員にメリットを提供します。 あらゆるスマートフォンでアクセスできる最新製品の可用性で、お客様の満足度を高めます。 簡素化された会計プロセス、福利厚生や休暇時間の即時更新、強化されたコラボレーション・プラットフォームで、従業員を満足させます。 また、サプライチェーンの問題を予測し、キャッシュ・フローを管理し、チームワーク・フローを統合して効率を高めることができる予測分析を使用して、マネージャーと経営幹部が将来の計画を立てるのを支援します。


SAPとは

SAP ( ibm.com外部へのリンク)(歴史的には、データ処理におけるシステム、アプリケーション、製品の頭字語を取った語です)は、運用とお客様とのやり取りの管理を支援するエンタープライズ・リソース・プランニング(ERP)システムとその他のビジネス・スイートを開発するドイツのソフトウェア会社です。

SAPは、SAP HANAアプライアンスを最初に開発した2012年にクラウドを活用した製品に移行しました。 SAPは、2015年にHANAサーバー上でのみ実行するよう設計された次世代ビジネス・スイート、SAP S / 4HANAを発表しました。


SAP HANAの機能

SAP HANAのメモリー内の、マルチモデルのデータ管理エンジンは、ハードウェアの機能を最大限に活用してデータの移動を最小限に抑え、リアルタイムでデータ分析を実行する際のアプリケーションの速度と俊敏性を向上させます。

企業のニーズに応じて、SAP HANAは、オンプレミス、クラウド、またはハイブリッド・システムとして導入して、オンプレミス・システムのプライバシーと制御を、低コスト、大容量のメモリー、クラウドへのより一層のアクセスと組み合わせることができます。 膨大な量のデータを効率的に処理する能力により、セキュリティーや安定性を犠牲にすることなく、成長するビジネスに合わせて簡単に拡張できます。

SAP HANAプラットフォームでは、開発者は、ビジネス・ロジック、制御ロジック、およびデータベース・レイヤーを前例のないパフォーマンスで統合する独自のツールとアプリケーションを構築できます。

データベースの機能強化

ほとんどのデータベース・システムは、データの編成、保存、操作の方法を制限する単一のデータ・モデルを中心に編成されています。 SAP HANAのマルチモデル・データベースは、単一の統合バックエンドに対して複数のデータのモデルをサポートしているため、データ・ポイント間の関係を簡単に確立できます。

データ管理の強化

SAP HANAのメモリー内のテクノロジーは、面倒なバッチ処理に終止符を打ち、代わりにすべてのデータを待ち時間なしで高可用性に保ちます。すべてのプロセスはリアルタイムで実行されます。 企業は、管理システムを劇的に簡素化し、必要に応じて変更して効率を向上させることができます。

高度な分析処理

リアルタイム分析により、IoTセンサーやモバイルからのデータなどの大量のデータを利用できます。 SAP HANAの機械学習エンジンは、サーバーからデータを抽出してサーバーにリアルタイムで書き込み、給与から人材、カスタマー・ケア、サプライヤー管理など、企業のあらゆる側面の問題とエンジニアリング・ソリューションを即座に特定します。

アプリケーション開発

SAP HANAデータベース上で実行されるのは、開発者が作成することを選択したWebベースのアプリケーション(SAPまたは非SAP)の技術に依存しないサーバーとして機能するソフトウェア・スタック・システムです。 サーバーはすべてのファイル・タイプと対話し、任意のソフトウェアとデータを交換できるため、企業は独自に役立つカスタマイズされたクエリとプロセスを迅速に開発しデプロイできます。

ツールの機能強化

SAP HANAの高度な分析処理によって、開発者は、ITや外部コンサルタントの助けを借りずに、ビジネス・チームがカスタム・レポートを作成するために簡単に使用できるシンプルなツールを構築できます。


SAP HANAのお客様事例

SAPとIBMは、グローバルな戦略的パートナーとして、25年以上にわたって協力と共同革新を行ってきました。 2012年にSAP HANAが登場して以来、IBMは、企業がSAP HANAを使って、SAPの柔軟なビジネス・スイートの可能性を最大化するのに役立つさまざまなソフトウェアとハードウェア・ソリューションを開発してきました。

お客様事例によれば、ERP環境をIBM Power Systems™がサポートするSAP HANAに移した企業は、アプリケーション・パフォーマンスの向上、お客様向けの高度なデジタル・セルフサービス、俊敏なモバイル機能などを享受しています。 IBM Power SystemsがサポートするSAP HANAのセキュリティー、信頼性、パフォーマンスでの成功体験を語るお客様のお話をお聞きください。

お客様事例を読む

ソリューション