メンテナンス・リペア・オペレーションとは?
商品を生産するための設備や消耗品、工場そのものを整備・管理するプロセスです。
IBM Maximoの14日間の無料トライアルに登録しましょう
防具を着用して機械の部品を検査する作業員の画像
メンテナンス・リペア・オペレーション・プロセスとは?

メンテナンス・リペア・オペレーション(MRO)は、製造材料、設備、さらには実際の工場そのものにまつわる日常的なプロセスと長期的なプロセスの両方を管理する分野であり、メーカーがサプライチェーンの問題にプロアクティブに、あるいはリアルタイムで対応することを可能にします。

MROは、製造業者が製品の製造に使用する機器や消耗品だけでなく、実際の工場自体のオーバーホールと管理を支援します。近年、外部および内部の圧力によりサプライチェーンが複雑化しているため、その重要性はますます高まっています。

工場では毎日、数十から数千台の機械が連携して稼働し、最終的に販売される最終製品を生産しています。工場をオンラインで稼働し続けるには、何百もの個別の部品で構成されるすべての機械が新品の状態を維持し、スケジュールどおりに稼働する必要があります。

そのため、メーカーは工場のあらゆる側面を管理するための統制されたプロセスを必要としています。では、MROとは正確には何を意味するのでしょうか?また、企業はそれをどのように活用できるのでしょうか?

外部イベントに備えた企業は、競合他社を上回る業績をあげる可能性があります。競争の激しい世界におけるMROの重要性を過小評価することはできません。どのメーカーも価値を生み出すことに重点を置いているため、製造プロセスを効率的かつ効果的に実行できるように工場をセットアップする必要があります。

原材料をうまく最終製品にするためには、工場が、原材料のニーズと最終製品のレベルの両方を予測し、常に適切な設備、適切な消耗品、適切な人員をオンラインに配置し、実行できるような、「よく整備された機械」のように稼働する必要があります。多くの組織にとって、これはMRO在庫管理が必要であることを意味します。

組織の生産が予定どおりであることを確実にするために、さまざまなベンダーからの商品の流れを管理する必要があるため、MROの優先順位付けは、サプライチェーン・マネジメントのコンポーネントなのです。しかし、それはテクノロジーを管理するための単なるプロセスではありません。工場は数十人から数百人の労働者に依存しており、彼らは企業が販売する製品を製造するのではなく、工場がスケジュール通りに稼動し、製品製造を担当する従業員が業務に必要なものをすべて備えているかどうかを確認するために存在しています。機械をオンライン状態に保ち、適切に動作させるために必要なツール、機器、クリーナーが確実に揃っているかどうかを確認するには、包括的なプロセスが必要です。

IBM Maximoのツアーに参加しましょう

IBM Maximoについて詳しく知り、IoT データ、アナリティクス、AI が資産運用の合理化にどのように役立つかをご覧ください。

関連コンテンツ

IBMニュースレターの購読

MROとMRO管理

MROとは、商品の製造に必要なツール、消耗品、設備を保守、修理、またはその他の方法で稼働し続ける行為を指します。MRO管理は、組織がMROを実施するための体系的なプロセスです。工場を管理するあらゆる組織が、特定のアプローチを持っているか、あるいはMROの意味を理解しているかどうかにかかわらず、独自のバージョンのMROを実施しているが、組織は最近、より整然とした、包括的で洗練されたMRO管理プロセスを受け入れています。

最終的に、商品を生産し、工場を管理するすべての組織は、機械が清潔に保たれていて、最新の部品があり、商品を生産する準備ができていることを確認しておく必要があります。ただし、MRO管理は、最良実施例と包括的なガイドラインに基づくより総合的な戦略です。

よりスマートなMRO管理アプローチを作成することで、組織はコスト管理、機器の稼働時間、平均修理時間などのMRO指標と主要業績評価指標 (KPI)をより適切に追跡できるようになります。

MRO在庫の管理

在庫管理は、あらゆるMRO戦略の大きな要素です。在庫品目の不足が問題を引き起こす可能性があるのと同様に、企業はまた、維持費を高額にする不必要に高い在庫レベル (例、過剰な原材料や設備) も望んでいません。強力な在庫管理を維持することで、適切な量のMRO供給が保証されます。在庫は 投資として考えるのが最も適切です1。 そのため、組織は在庫レベルを適切に管理するために、不断の努力、正確性、規律性を持って在庫管理に取り組む必要があります。

この組織は、メンテナンス・リペア・オペレーションが必要な製品を多く購入しがちですが、ベンダー管理の在庫を通じてツールや製品の一部をリースする場合もあります。

MRO機器は必要ではありますが、調達活動に正しくアプローチしない場合、組織にとって莫大な費用がかかる可能性もあります。工場を効率的に運営するためのMRO機器の購入や必要条件を理解していない組織は、商品の生産にかかるMROコストを著しく過小評価し、その結果、全体的な収益性に影響を及ぼします。さらに、体系的な調達プロセスが存在しないため、MROの商品や機器を可能な限り最良の価格で提供する最良のサプライヤーを見分ける企業の能力が制限されます。

それゆえ、MRO資材の購買プロセスを合理化するために、画一的なMRO調達戦略に取り組むことは、組織にメリットがあります。

企業がどのように保守、修理、運用在庫を追求するかにかかわらず、在庫管理ソフトウェアを使用してプロセスを最適化し、PO、リードタイム、在庫コスト、および必要な在庫の種類を追跡することは賢明です。

企業は、 予知保全と 予防保全2 のどちらに取り組むかを決定する際、どのような方法でメンテナンスを計画するかにかかわらず、機械を最適な状態に保つための診断、メンテナンス、修理のための適切なツールを用意しなければなりません。 これには、スプレッドシート、その他のソフトウェア、ハードウェア、クラウドなど、デジタル事務用品のより洗練された方法が必要となり、MRO品目やサプライチェーンの情報管理を維持するためのコストがかかります。

MR の種類

企業が注力する必要があるMROにはさまざまな種類があります。以下のMROの例は、工場を時間どおりに稼働し続けるために組織が考慮しなければならない、あらゆるアプローチを示しています。

メンテナンスおよび備品修理

これには、スペアパーツ、潤滑剤、手動工具、その他のインフラストラクチャ修理製品などが含まれ、機械が故障する前に修理するなどの修理活動を実施し、強力なレベルの維持を促進します。

インフラの修理とメンテナンス

工場が商品を生産するためには、工場そのものが正常に機能していなければならない。インフラストラクチャーの修理およびメンテナンスは、工場の基礎が良好な状態にあり、十分な供給(清掃用品、清掃用品、工具および消耗品など)があることを保証します生産工程に欠かせない工具は、完成品を作る際に使用されるアイテムです。 主要なツールには旋盤、ドリル、射出成形金型が含まれ、主要な消耗品には潤滑剤、接着剤、ガス、手袋、マスク、溶接棒やはんだ付けツールなどのツールが含まれます。したがって、企業は消耗品などの使い捨て商品の使用率を適切に管理し、勤務中に在庫がなくなる危険がないようにする必要があります。

マテリアル・ハンドリング機器のメンテナンス

製品が製造されると、会社はそれを卸売業者または小売業に輸送する車両に移動する必要があります。コンベアからフォークリフト、他の車両や移動機器まで、これはあらゆる工場管理プログラムの重要な部分です。製品を構築しても、それらを輸送するための信頼できる方法がない場合、組織は役に立ちません。そのため、これらの機器が工場内の実際の製造機器と同じくらい適切に維持されていることを確認するために注意を払う必要があります。

MROのメリット
  • 計画外のダウンタイムを最小化:たった1台の機械が意図した通りに動かなかったり、原材料が1つ足りなかったりするだけで、生産ライン全体が大混乱に陥り、企業の収益に悪影響を及ぼすだけでなく、従業員が自分の仕事ができるようになるのを待って立ち尽くすような事態も生じかねません。ダウンタイムを回避することで、組織は生産的な労働者と製品を工場から活発に移動させることができます。さらに、MROを導入している組織は、定期メンテナンスの計画をより適切に行うことができるため、工場をオンラインに保ち、競合他社よりも優れた生産性を維持できます。機械がいつメンテナンスを必要とするか、または故障の危険にさらされるかを知ることで、運用全体を総合的に見て、どの設備をオフラインにし、残りのオンライン設備を使用して製品を生産するかを決定できます。
  • 在庫切れや在庫余剰の回避: MROに対する自動化された細心の注意を払ったアプローチにより、組織はすべての MRO機器、ツール、製品の補充がいつ必要になるかを把握できるようになります。たとえ最小の接着剤や清掃備品が不足すると、製造プロセス全体に波及効果が生じる可能性があります。さらに、組織はどのような製品でも過剰に保有する余裕がなく、在庫が過剰になってしまう可能性があります。これにより、不必要な保管コストが発生し、材料の腐敗のリスクが生じ、市場動向に基づく価格下落に対応する能力が阻害されます。
  • MRO支出のトラッキング:支出を監視することは、サプライヤーを変更する必要があるかどうか、別の製品に移行する必要があるかどうか、または特定の場所でベンダー管理の在庫を採用する可能性があるかどうかを組織が知るのに役立ちます。
  • 法規制への適合: 政府機関や業界団体は、従業員の安全と製品の製造に使用される最終製品の品質に関連する多くの規則やガイドラインを確立しています。これらには、労働安全衛生規制、環境規制、設備および機械のコンプライアンスが含まれます。そうすることで、従業員、特に困難な製造条件で働く従業員に対して、可能な限り安全な職場を提供する責任を負い続けます。彼らが作業する重機が必要な交換部品を持っていること、清掃されていること、整備されていることを確認することで、不必要な危険や重大事故の可能性を最小限に抑えることができる。
MROの課題

堅固なMRO管理戦略に取り組む際には、すべての組織が理解しなければならない課題がいくつかあります。

  • 導入コスト: 上記で説明したように、どの組織もMROプロセスと機器を管理するアプローチを有しています。ただし、より包括的で自動化されたMROプロセスを作るには初期費用がかかります。組織は、MROプロセスを再開発するために、新しい機器、ツール、またはソフトウェアとハードウェアを購入しなければならないかもしれません。
  • 組織変更の苦しみ: より厳格なMROプロセスを採用するには、従業員のスキルを再教育し、新しいソフトウェアや自動化ツールを購入する必要があります。それには、経営陣からの賛同、明確なガイドラインと期待値、そして十分なトレーニングが必要です。しかし、チームがトレーニングを受け、プロセスがより効率的になれば、前線の複雑な問題は解消されます。
  • 技術統合: コンピュータによる保守管理システムCMMS3)や企業資産管理EAM4)システムなどのテクノロジーソリューションの統合は、一朝一夕に実現できるものではありません。それには、忍耐と潜在的な並行処理、つまり、新しいシステムが実装、テスト、ロールアウトされる間、既存のシステムを使用することが必要です。
メンテナンス・リペア・オペレーションの主な機能

メンテナンス・リペア・オペレーション

予知保全とは?

予知保全とは、機器の将来の潜在的な状態を予測し、メンテナンス作業をいつ実行するかを決定するのに役立ちます。

信頼性中心保全のメンテナンスとは?

信頼性中心保全(RCM)とは、組織が製品を生産するために必要な物理的資産(機械や工具など)を特定し、それらをオンラインに保ち、最適なレベルで稼働させるための包括的戦略を策定するプロセスです。

CMMSとは?

コンピュータ化されたメンテナンス管理システムの略で、CMMSは資産の管理、メンテナンスのスケジュール、作業指示の追跡を支援するソフトウェアです。

MRO製品
MRO在庫の最適化 IBM Maximo MRO Inventory Optimization

情報に基づいた意思決定を行うために必要な機能をユーザーに提供し、利益率の向上、サービス・レベルの向上、計画外のダウンタイムの最小限化に役立ちます。

詳細はこちら IBM Maximoのツアーに参加しましょう

次のステップ

製品ツアーを開始するか、IBMのエキスパートへの相談を予約して、組織がMaximo Application Suiteから得られるメリットをご確認ください。

次のステップ トライアルに登録
脚注