IT資産管理(ITAM)とは
IBMのITAMソリューションはこちら サステナビリティーに関する最新情報を購読する
人の横顔、葉、雲のピクトグラムをコラージュしたイラスト
ITAMとは

IT資産管理(ITAM)とは、IT資産をエンドツーエンドで追跡、管理して、すべての資産が適切に使用、保守、アップグレードされ、ライフサイクル終了時に廃棄されるようにすることです。

 

 

ITAMには、財務、契約、インベントリーのデータを管理ツールと組み合わせて使用して、IT資産を追跡し戦略的な意思決定を行うことが含まれます。主な目的は、ITリソースが効率的かつ効果的に使用されるようにすることです。ITAMは、使用中の資産の総数削減や、それらの資産の延命、コストのかかるアップグレードの回避により、コストの最適化にも役立ちます。ITAMで重要な部分は、総所有コストを理解し、資産の使用を最適化する方法を見つけることです。

IT資産とは?

情報技術(IT)資産とは、組織が事業運営中に使用するあらゆる情報またはデータ、ソフトウェアまたはハードウェアのことです。ハードウェア資産には、 データセンター の物理サーバー、デスクトップ・コンピューター、モバイル・デバイス、ノートPC、キーボード、プリンターなどの物理コンピューティング設備が含まれます。また、ソフトウェア資産には、通常、ユーザーまたはマシンごとにライセンスが発行されるアプリケーションや、オープンソース・リソースを使用して構築されたソフトウェア・システムやデータベースが含まれます。ソフトウェア資産には、クラウド・ベースの資産や、 SaaS(ソフトウェア・アズ・ア・サービス) アプリケーションなどのクラウド・サービスも含まれます。

よりスマートな資産管理で製造業の競争力を強化

次世代の検知デバイスが、資産管理サービスを日常的なメンテナンス体制からAIを活用した予測プロセスにどのように移行させるかをご覧ください。

関連コンテンツ

ESGレポーティング・フレームワークに関する電子ブックに登録する

IT資産管理プロセス

IT資産管理には、通常、次の手順が含まれます。

資産の特定

IT資産管理プロセスの最初のステップは、IT資産すべての詳細なインベントリーを作成することです。そうすれば、確認が容易になり、冗長な資産を最適化して効率化できるようになります。

資産のトラッキング

このプロセスでは、ITAMツールまたはシステムを使用して、IT資産を継続的に監視します。各資産を追跡するために収集される情報には、財務データ(資産コスト)、契約データ(保証、ライセンス、合意サービス水準(SLA))、およびインベントリー・データ(物理資産の場所と状態)が含まれます。

資産管理

IT資産はライフサイクルのステージに応じて維持されます。メンテナンスには、資産の修理、アップグレード、交換が含まれます。IT資産に対して実行されるすべてのメンテナンス活動はITAMプロセスの一部として記録されるため、そのデータを資産のパフォーマンスの評価に使用できます。

IT資産のライフサイクル

すべてのIT資産のライフサイクルは有限です。IT資産管理(ITAM)で重要なのは、資産のライフサイクルを管理して最大限の生産性を確保することです。組織によって異なる場合がありますが、IT資産のライフサイクルには次の段階が含まれることがよくあります。

計画立案

このプロセスには、組織が必要とする資産、その用途、取得方法についての意思決定が含まれます。組織はまた、資産取得の計画を立てる際に、競争力のある代替案を検討し、考えられる全選択肢の費用対効果と TCO(総所有コスト)分析を実行します。

調達

資産は、購入(サービスとしてのソフトウェアを含む)、構築、ライセンス取得、またはリースを通じて入手できます。

デプロイメント

資産の導入には、インストールや、他のツールとの統合、ユーザー・アクセスの許可、および技術サポートの提供が含まれる場合があります。

メンテナンス

資産を導入したら、最適に使用して価値を最大化するために、定期的なメンテナンス、アップグレード、修理の準備を行う必要があります。このプロセスは、寿命を延ばし、コストを最小限に抑えて、リスクを軽減できます。

廃棄

価値が低下し始めて、サポートコストの採算が合わなくなると、資産は廃棄されます。つまり、IT資産は、メンテナンスがより頻繁になり、組織が以前よりも多くのリソースを費やすようになると、ライフサイクルの終わりに達します。市場によりよい代替手段がある場合にも、組織は資産の廃棄を決定できます。資産の廃棄には、古い資産の処分や、資産情報の更新、サポートおよびライセンス契約の終了、新しい資産への移行計画作成が含まれます。

ITAMのメリット

効率的なITAMは組織にとって、資産追跡の一元化と簡素化や、資産使用の最適化、ソフトウェア・ライセンスのコンプライアンス確保、資産関連の意思決定の改善に役立ちます。

資産追跡の一元化と簡素化

資産をさまざまな場所で追跡すると、管理が困難になります。不正確さや混乱が生じ、効率の悪さや不適切なビジネス上の意思決定につながる可能性があります。集中資産データベースまたはインベントリーがあると、資産の追跡がより簡単かつ効率的になります。組織は、生産性を最大化するために、どの資産を廃棄、アップグレード、最適化する必要があるかを一箇所で確認できます。

資産使用の最適化

IT資産管理は、リソースの効率的な使用、リスクの軽減、無駄の最小化、コストの削減につながります。ITAMプロセスを確立することで、組織はすべての資産の状態に関するリアルタイムのデータを取得し、資産の使用について十分な情報に基づいた決定を下すことができます。

ソフトウェア・ライセンスのコンプライアンス促進

サードパーティーのソフトウェアの使用許諾を得ている組織は、その組織がライセンス契約条件に準拠していることを確認したいと考えるソフトウェア・プロバイダーによる、ソフトウェア監査を受けることがよくあります。これらの契約を履行しないと、多額の罰金が科される可能性があります。そのため、組織はITAMソフトウェアを使用して、ネットワーク上の全コンピューターにインストールされている全ソフトウェアを自動的に監視し、関連するライセンス契約に準拠していることを確認します。

資産関連の意思決定の改善

ITAMデータは、以前の購入と導入の評価に役立ち、その後のアクションに影響を与えます。ITAMによって、IT資産の購入と業務プロセスを改善できます。

IT資産管理ソフトウェア

組織のIT資産が増大するにつれて、手作業で、紙ベースやスプレッドシート・システムを介してIT資産を管理するのは大変になります。IT資産管理(ITAM)ソフトウェアは、資産のライフサイクル管理と追跡に使用される集中アプリケーションです。ITAMソフトウェア・ソリューションには通常、組織がIT環境をより適切に制御し、オンプレミス資産とクラウド資産の両方を追跡できるようにする次のような機能が備わっています。

  • 自動検出:ほとんどのIT資産管理システムは、組織のコンピューター・ネットワークにインストールされているすべてのハードウェアとソフトウェアを自動的に検出します。

  • 構成管理データベース(CMDB) : CMDB は、組織のIT資産および資産間の関係に関する情報を保管する集中データベースです。

  • ライセンス管理:資産ライセンスと関連するインベントリー・データを相互参照することで、ITAMソフトウェアは、ライセンスの期限切れ、ライセンス違反のリスクのあるライセンス不足の資産、またはライセンス過剰の(十分に使用されていない)資産に対して、組織に警告を出すことができます。

  • リクエスト管理:一部のITAMソフトウェアでは、IT資産に対するすべてのリクエストを追跡し、組織が資産リクエストのワークフローを定義できるようにします。これらの資産のライセンス要件を評価し、取得と導入のプロセスを管理します。

  • バージョンとパッチの管理:資産管理ソフトウェアは、新しいソフトウェア・パッチとバージョンの展開を追跡し、組織のコンピューター・スイートを最新で安全な状態に保ち、スムーズに実行できるようにします。

  • インベントリー管理:ITAMツールは、組織が使用する全資産の記録を保持します。資産インベントリーには、名前、ライセンス契約の種類、価格、バージョンなどのデータが記録されます。

  • 固定資産管理:ほとんどのIT資産管理ソリューションには、固定資産データを管理するための専用リポジトリがあります。固定資産には、主にハードウェアが含まれます。
     

  • デジタル資産管理:ITAMソフトウェアのこの機能には、デジタル著作権とリッチ・メディア(動画、音楽、写真などのマルチメディア・コンテンツなど)の管理が含まれます。

ITAMとITサービス・マネジメント(ITSM)の比較

IT資産管理がライフサイクル全体を通じてIT資産を管理することであるのに対し、 ITサービス・マネジメント(ITSM)はITサービスを管理および提供することを意味します。

ITサービス・マネジメントは、組織内のIT部門のサービスとITサブスクリプションを管理するプロセスです。ITサービスの計画と実装から監視と監査まで、円滑で効率的な運用のための多くのコンポーネントが含まれています。ITサービスには、ヘルプデスクおよびサービスデスクのサポート(パスワードの変更方法についてのユーザーへの案内や、セルフサービス機能など)と、ITインフラストラクチャーへの変更を効率的に処理する変更管理手順が含まれます。

ITサービス・マネジメントの目標は、ビジネスとそのエンド・ユーザー(顧客、従業員、ビジネス・パートナーなど)のニーズを満たす、信頼性の高い高品質なITサービスを提供することです。ITSMは、ユーザー・エクスペリエンスとサービス品質の向上を目指しています。

ITインフラストラクチャー・ライブラリ(ITIL)は、ベスト・プラクティスとフレームワークを提供するため、効率的なITSMを実現するための最良のアプローチであると考えられています。最新のITILバージョンであるITIL4は、サービス戦略、サービス設計、サービス移行、サービス運用、継続的なサービス改善の5巻で構成されており、34のITSMプラクティスが詳しく説明されています。

ある意味で、ITSMはITAMを包含しています。資産管理と構成管理は数多くのITSMプロセスの1つであり、このプロセス専用のツールであるCMDBは、組織のIT資産とそれらの間の関係を集中管理するリポジトリです。

関連製品
IBM Maximo Application Suite

単一のプラットフォームでインテリジェントな資産管理、モニタリング、予知保全、信頼性を実現します。

IBM Maximo Application Suiteの詳細はこちら

Flexera One with IBM Observability

包括的なIT資産管理とクラウド最適化ソリューションにより、IT投資を最大限に活用し、リスクを軽減します。

Flexera One with IBM Observabilityの詳細

IBM Turbonomic

ITリソース管理の自己最適化のリーダーとともに、IT運用を加速し、クラウドのパフォーマンスを強化し、コストを最小限に抑えます。

IBM Turbonomicの詳細はこちら
参考情報 インテリジェントな資産管理ガイド

インテリジェントな資産管理でイノベーションを活用する方法をご覧ください。

最適な設備資産管理ソフトウェアの選び方

管理ツールとサービスが連携して動作し、運用資産のパフォーマンスを維持(または制御)します。

IBM Maximo ツアーに参加しましょう

IBM Maximo によって、IoT データ、分析、AI が資産運用の合理化にどのように役立つかを学びましょう。

詳細情報はこちら

IBM Maximo Application Suiteを使用して 保守、検査、および信頼性システムを1つのプラットフォームに統合することで、企業資産の可能性を最大限に引き出します。IBM Maximo Application Suiteは、AI、IoT(モノのインターネット)、高度な分析の力を活用して資産のパフォーマンスを最大化し、資産のライフサイクルを延長して運用コストを最小限に抑え、ダウンタイムを削減する、統合されたクラウドベースのソリューションです。

Maximoはこちら ライブ・デモを予約する