施設管理とは
施設管理は、建物や敷地、インフラストラクチャー、および不動産の機能、快適さ、安全性、効率を確保するのに役立ちます
米国、ニューヨーク州、ロウアー・マンハッタンのブルーアワーのスカイライン
施設管理の定義

施設管理は、建物、敷地、インフラストラクチャー、および不動産の機能性、安全性、持続可能性をサポートするツールおよびサービスとして定義できます。 

施設管理には以下が含まれます:

  • リース事務管理と会計を含むリース・マネジメント
  • 資本プロジェクトの計画と管理 
  • メンテナンスと運用
  • エネルギー管理
  • 占有率とスペースの管理 
  • 従業員と入居者体験 
  • 緊急事態管理と事業継続性
  • 不動産管理

 施設管理のタイプ。 ハード・ファシリティー・マネジメント(ハードFM)とソフト・ファシリティー・マネジメント(ソフトFM)から成る、2つの基本的な領域があります。 

  • ハードFMは、配管、配線、エレベータ、冷暖房などの物理的資産を取り扱います。
  • ソフトFMは、管理業務、リース会計、ケータリング、セキュリティ、用地管理などの人の手によって実行されるタスクが中心となります。

施設管理の重要性とは

人が最善の仕事を実践し、自らの環境へのエンゲージメントを感じるためには、安全で、快適で、効率的な建物で働く必要があります。 施設管理は、施設内および敷地内の人々を取り巻くすべてのものに関わってきます。 人が働き、遊び、学び、そして生活を送る場所は、快適で、生産的で、持続可能なものでなければなりません。

優れた施設管理は、組織の収益に貢献し、資産、建物、機器の短・長期的な価値に影響を与えます。 お客様の取り組みは、以下に重大な影響を与える場合があります:

  • スペースの最適化
  • 資本プロジェクトの指導
  • エネルギーの管理とメンテナンス
  • リース会計
  • 職場体験
施設管理の内部を見る

人は生活の87%の時間を、建物で過ごします。 生活をより快適にし、効率性を最大限に高めるための、業務の改善方法についてご覧ください。

デモを見る
IDC社がIBM TRIRIGAをリーダーに選出

市場調査会社のIDC社は、初の世界的な統合型職場管理システム(IWMS)「MarketScape」レポートで、TRIRIGAの革新性、柔軟性、機能性、および業界の専門知識を強調しています。

ブログ投稿を読む

施設管理の重要性を表す数字
30%節約

不動産は組織にとって2番目に高いコストであり、効果的なスペース管理により、最大30%のコスト削減を実現できます。¹

予算を80%超過

平均的な資本プロジェクトは予算を80%上回り、予定より20か月も遅れていますが、資本プロジェクト管理テクノロジーを採用すると、プロジェクト全体のコストを最大45%削減することが可能です。²

275億米ドルの損失

米国の従業員は、机や事務室や同僚を探すために、年間で1億6000万日も費やしています。 これは、 国内で毎年275億米ドルの損失となります。³

離職率が59%少ない

従業員エンゲージメントで上位にランクされている企業は、離職率が59%少なく、生産性が17%高く、欠勤が41%少ないです。

30から50%の節約

統合システムを備えたスマート・ビルディングは、統合システムを持たない非効率的な既存の建物と比較して、30〜50%の節約を実現できます。


施設管理テクノロジー

施設管理の技術には、ソフトウェアとシステムの両方が含まれます。 膨大な量のデータは、モノのインターネット(IoT)センサー、Wi-Fi、 メーター、ゲージ、およびスマートデバイスなどの環境を通じて構築されます。 最も効果的なソリューションにより、施設管理部門は、分析と人工知能(AI)を統合型職場管理システム(IWMS)に投入することで、これらのデータを有効に活用できます。  こうしたテクノロジーは、コンピューター支援施設管理を可能にするコグニティブ機能を提供します。これにより、データを分析して学習できるため、リアルタイムの可視性を実現し、施設の予測メンテナンスを実行し、より生産的で費用対効果の高い環境を構築できます。


施設管理の機能

さまざまな業界や企業規模にわたって、施設管理者はさまざまな重要な日常業務を担っています。 施設管理者は、事前に計画を立てるだけでなく、特定の日のみに与えられるさまざまなタスクにも備える必要があります。 管理者の責任には多くの場合、以下のものが含まれます。

  • 不動産管理
  • 資本プロジェクトと計画
  • 占有率とスペースの管理 
  • リース管理と会計
  • 職場体験

管理者のスケジュールを埋めることになる、各責任のパフォーマンスを向上させる方法もあります。

  • 業務の効率化を実現
  • 生産性を高める環境づくり
  • テクノロジー・ソリューションの発見と採用 
  • 規制順守を保証
  • 施設と従業員へのリスクの最小化
  • エネルギー消費コストに削減
  • 不動産ポートフォリオの二酸化炭素排出量の削減

今後の施設管理の動向

IBM Institute for Business Value 2021 CEO Study 」において、CEOの56%は、今後2、3年のうちに、業務の俊敏性と柔軟性を「積極的に追求」する必要性を強調しています。 これは、1つには、多くの企業がオフィスに戻るにつれて、職場は理想的には、従業員が集まり、コラボレーションしたい、つまり安全に相互に接続したい場所になるということを意味します。 そして、職場復帰戦略を構築する必要がすでにあるということも意味します。 詳細については、以下のブログをご覧ください。

ハイブリッド・ワークスペースへの移行が進んでいます。 パンデミック後の世界における新しいワークスペースは、さらに多くのニーズを満たす必要があります。 生産性とは、対面で仕事を続けること、または従業員の通勤時間を節約することを意味するのでしょうか? ハイブリッド・ワークスペースモデルを構築することのメリットと課題をご覧ください。

従業員により良い職場体験を提供します。 「働きがいのある場所」は、新型コロナウイルス感染症、従業員の期待、テクノロジーによって再定義されています。 こうした経験は、熱心で生産的な従業員と、離職や更なる混乱に直面している会社との違いを示している可能性があります。 新しい体験を構築する方法はこちら。


施設管理の導入事例

International Service System (ISS)社

ISS社がTRIRIGAを使用して、世界中の2万5千以上の建物の施設管理をどのように変革しているかをご覧ください。 特定の施設管理の例は、建物や環境がよりパーソナライズされ、直感的で使いやすくなるにつれて、IoTの価値を示しています。

IBM Global Real Estate (GRE)

新型コロナウイルス感染症が始まり、GREは、独自のソリューションを使用して、IBMのグローバル社員の95%をオフィスから自宅に移動させることができました。 現在、パンデミック関連のプロトコルの順守を監視し、健康に関する認証情報を検証する機能を備えて、オフィスに戻る準備をしています。


関連ソリューション

施設管理ソフトウェアとソリューション

データ、分析、人工知能(AI)を使用するソリューションを提供して、顧客が施設をよりよく把握し、情報に基づいた意思決定を行えるようにします。


IBM TRIRIGA

統合型職場管理システム(IWMS)によって、施設と不動産の運用、財務、および環境パフォーマンスを向上させることが可能となります。


IWMSソフトウェアとソリューション

データを活用して、インテリジェントな不動産と施設の管理のために、より多くの情報に基づいたデータ主導型の意思決定を行います。



出典


¹ Research and Markets (ibm.com外部へのリンク)

² McKinsey & Company社 (ibm.com外部へのリンク)

³ Senion社 (ibm.com外部へのリンク)

⁴ Gallup社 (ibm.com外部へのリンク)

⁵ American Council for an Energy-Efficient Economy (PDF、1.2 MB)