EHSとは何か
IBMニュースレターの購読
労働者は健康増進プログラムに参加します

環境、健康、安全(EHS)は、職場、地域社会、公共空間など、さまざまな状況における人間の健康と環境の保護に焦点を当てた学際的分野です。EHSの主な目的は、潜在的な危険を特定して軽減し、事故を防止し、安全で健康的な生活と労働環境を促進することです。

米国の環境保護庁(EPA)や労働安全衛生局(OSHA)など、政府のEHS部門は、環境保護、労働安全衛生、健康増進を集団的に推進する基準の遵守を推進するため、EHS規制を展開しています。国際標準化機構(ISO)などの国際機関も同様に規格を策定し、その規格に準拠する団体に認証を提供します。

一部の地域や状況では、EHSに類似する頭字語には、HSE(Health、Safety、Environment)、さらにはEHS、SHE、OHS、WHS、QHSE、HSSEなどもありますが、これらは同じ意味であることが多いです。

EHSは、相互に関連する3つの分野で構成されています。

1. 環境保護

これは、環境を汚染や劣化から守ることに重点を置いています。これには、大気環境、水質、土壌汚染、廃棄物管理などの要因の監視と管理が含まれます。環境管理と保護対策は、人間の活動、排出物、有害物質が生態系、野生生物、天然資源に及ぼす悪影響を軽減することを目的としています。

2. 労働安全

職場の安全は、職場における労働者の健康と幸福の保護に取り組みます。これには、従業員に怪我、病気、事故を引き起こす可能性のある潜在的な危険を特定し、軽減することが含まれます。労働安全対策には、安全規則を遵守する労働環境を構築するための、適切な個人用防護具(PPE)の提供、安全プログラムに関する従業員研修、安全検査の実施、安全手順の実施などが含まれます。2021年、米国では5,190人の労働者が致命的な労働災害に見舞われましたが、EHS対策はその数を減らすことを目的としています。1

3. 健康とウェルネス

このコンポーネントは、ステークホルダーとコミュニティの全体的な健康とウェルネスの促進に重点を置いています。これには、公衆衛生上の懸念への対処、健康リスク評価の実施、病気の発生の監視、健康増進プログラムの実施が含まれます。

IBM Maximo ツアーに参加しましょう

IBM Maximo によって、IoT データ、分析、AI が資産運用の合理化にどのように役立つかを学びましょう。

関連コンテンツ

IBMニュースレターの購読

EHSソフトウェアによるEHSプログラムの管理

EHS管理システム・ソフトウェアは、組織がEHSプログラムを単一のプラットフォームに合理化・一元化し、コンプライアンスの管理・監視、インシデントの追跡、全体的な安全パフォーマンスの改善を容易に行えるよう設計されています。

  • データ収集とインシデント追跡:このソフトウェアを使用すると、ユーザーは環境、健康、安全に関連するさまざまな種類のデータを収集、追跡、管理できます。これには、インシデント、ニアミス、検査、監査、許可、リスク評価、トレーニング記録などに関する情報が含まれます。最初の報告から調査、是正措置に至るまで、インシデントのライフサイクル全体を追跡します。このソフトウェアは、大気環境、水質、雑音レベルなどの環境データを収集して分析できます。データ収集は、傾向と根本原因を特定し、将来の問題を防ぐのに役立ちます。

  • 準拠管理:組織は、環境、衛生、安全に関する準拠要件、許可、期限、報告義務をより正確に把握することで、関連する規制要件や標準の準拠を促進できます。

  • リスクの評価と軽減:EHS管理ソフトウェアを使用すると、ユーザーはリスク管理を実行し、リスクを軽減し、より安全な環境を維持するための管理および予防措置を実施できます。

  • 安全検査と監査:EHSソフトウェアは、現場での安全検査と監査の実施プロセスを簡素化します。検査のスケジュール、所見の文書化、是正措置の追跡を支援します。EHSはまた、緊急事態への備えを最適化する上でも重要な役割を果たします。

  • EHSのトレーニングと認定:このソフトウェアは、EHS 専門家が従業員のトレーニング記録、認定、および能力要件を管理するのに役立ちます。これにより、従業員が必要な安全トレーニングを受け、最新の従業員安全プロトコルを常に把握できるようになります。

  • 報告と分析:EHS管理ソフトウェアは、EHS フォーマンスに関する洞察を提供する包括的な報告と分析を生成します。これらの報告は、組織が傾向を理解し、改善すべき領域を特定し、安全と準拠の取り組みを強化するためにデータに基づいた意思決定を行うのに役立ちます。

  • 統合とコラボレーション:ソフトウェアは、環境監視デバイス、インシデント報告ツール、安全管理システム、エンタープライズ・リソース・プランニング・システムなどの他のシステムと統合できます。この統合により、データ交換が合理化され、組織内のさまざまな部門間のコラボレーションが促進されます。

  • サステナビリティーの追跡:EHSソフトウェアは、企業が環境フットプリント、エネルギー使用量、廃棄物管理方法を監視・管理することで、サステナビリティーへの取り組みを支援します。

  • モバイル・データ収集:多くのEHSソフトウェア・ソリューションはモバイル・アプリケーションを提供しており、現場作業者がモバイル・デバイスを使用してリアルタイムでデータを取得し、検査を実施し、インシデントを報告できるようになります。

  • 健康増進プログラム:EHSソフトウェアは、健康診断、ウェルネス・キャンペーン、ストレス管理プログラムなど、従業員の健康増進に向けた取り組みを管理するために活用することができます。これらは、EHSソフトウェアの多様なユースケースのほんの一例です。ソフトウェアの柔軟性とカスタマイズ可能な機能により、さまざまな業界や組織の具体的なニーズや要件に適応できます。

EHSソフトウェアを実装する利点

EHSプログラミングは、無数のレポート、チェックリスト、安全データシートなどで構成されています。これには、文字通りの紙とペンで追跡しない場合でも、さまざまな作業の流れや、歴史的にはサイロ化されたさまざまなITシステムにわたる事務処理が含まれます。その結果、EHS管理は遅々として進まず、それは軽微な規制違反の罰金から、労働者の生産性への潜在的に壊滅的な損失、さらには労働者自身の生命への脅威に至るまで、さまざまな結果を招く可能性があります。

業界の最良実施例と規制のフレームワークを遵守するには、適切な行動が適切なタイミングで一貫した方法で実行されるようにするための用心深い献身が必要です。また、実行する必要があるアクションが数千または数万ある場合、それを追跡するのは大変です。EHSソフトウェアを使用すると、これらのアクションを単一の環境内で合理化、スケジュール、自動化、追跡し、さらには実行することもできます。EHSソフトウェアは、さまざまな部門やチーム間のコミュニケーションとコラボレーションを促進するため、EHSで役割を果たす全員が認識を共有できます。

関連ソリューション
資産管理 IBM Maximo® Application Suite

単一のプラットフォームでインテリジェントな資産管理、モニタリング、予知保全、信頼性を実現

詳細はこちら IBM Maximo ツアーに参加しましょう

資産管理 施設管理ソフトウェアとソリューション

データ、IoT、AI を使用して空間を再考し、再利用しながら、施設全体で常に変化するニーズに対応します

詳細はこちら

参考情報 ファシリティマネジメントとは?

施設管理は、建物や敷地、インフラ、不動産の機能性、快適性、安全性、効率性を確保するのに役立ちます。

CMMSとは?

コンピュータ化されたメンテナンス管理システムの略で、CMMSは資産の管理、メンテナンスのスケジュール、作業指示の追跡を支援するソフトウェアです。

エンタープライズ・アセット・マネジメント(EAM)とは

エンタープライズ・アセット管理(EAM)は、ソフトウェア、システム、サービスを組み合わせて、運用資産のライフサイクル全体にわたる品質の維持、管理、最適化を支援します。

建物への人工知能の組み込み

インフラストラクチャーやエネルギー使用量から入居者の全体的なエクスペリエンスに至るまで、デジタル・デバイスが建物に関する洞察をどのように提供するかをご紹介します。

未来の技術者のために労働安全の確保

IoTによって定義される職場に移行する中で、未来の安全技術者について学びましょう。

次のステップ

Maximo Application Suiteの活用でエンタープライズ資産から最大限の価値を引き出せます。統合されたクラウド・ベースの単一のプラットフォームで、AI、IoTと分析を使用してパフォーマンスを最適化し、資産のライフサイクルを拡張し、運用のダウンタイムとコストを削減できます。

IBM Maximo を詳しく見る
脚注

1 勤労感謝の日にちなんだ職場での死亡および非致死的な傷害・疾病に関する考察(リンクはibm.com外にあります)、労働統計局、2023年4月28日