採用管理システム

By Talent Management

採用管理システムとは?

採用管理システムを合理化し、優秀な人材を発掘し、雇用します。

2017年、米労働統計局は、米国企業は650万件以上の求人があったと発表しました。 [1]拡大し続ける複雑な雇用市場に直面し、多くの企業では 優秀な候補者の評価・採用のためのより良い方法を模索しています。

採用管理システムは、組織が人材採用活動をより効率的に管理できるように支援するデータベース・アプリケーションです。このソフトウェアは、フィルター・テクノロジーを使用して、履歴書や応募者の情報を迅速に処理します。目的は、所定の職位または機会に適さない候補者の数を削減し、優れた人材を見極めることです。

採用管理システムは、カスタマー・リレーションシップ・マネージメント(CRM)システムに似ていますが、検索機能に重きを置いています。追跡ソフトウェアは、会社のWebサイト、ソーシャル・メディア、オンラインの求人掲示板などから履歴書や関連情報を収集して保管します。

雇用管理者はキーワードを使用して保管されている情報を検索し、通常、特定の求人に基づいて、必要な資格を持つ求職者を探します。これに対応して、ソフトウェアは応募者のデータをフィルタリングし、関連するスキルや経歴に基づいて候補者にランクや得点を付けます。複数の履歴書を素早くスクリーニングすることができ、採用担当者は1、2回のクリックでこの調査結果を見ることができます。

採用管理システムにより、雇用管理者は他の仕事により多くの時間を割くことができます。例えば、組織内の職位に最も適した候補者を評価し、フォローするなどです。

採用管理システムを自動化することにより、採用管理システムでは、リソースの損失を減らし、コストを削減できます。推定では約70 %の企業が求職者のスクリーニングのために使用しています。

関連資料

レポート

2017年、North American Talent Board候補者の体験ベンチマーク調査レポート(IBM外のWebサイトへ,英語) 候補者の体験の現状と、実際の採用で雇用者が使用しているツール、プロセス、およびテクノロジーについてお読みください。

動画

採用管理システム: 面接管理 (47秒,英語)応募者の追跡ソフトウェアによる面接の管理、スケジュール、追跡の方法と、採用時間がどのように短縮されるかについてご覧ください。

採用管理システム雇用管理者と採用担当者のためのモバイル・エクスペリエンス (3分42秒,英語)モバイルの応募者追跡ソフトウェアで、採用担当者が関連する仕事やアクションに素早くアクセスできるようになる方法を説明します。

なぜ採用管理システムが重要なのか

仕事が投稿されるたびに、企業は何百もの応募を受けます。この情報の手動処理には時間がかかります。雇用管理者の時間の80 %は、候補者の検索と履歴書のスキャンに費やされています。結果的に、履歴書の検討に5秒から7秒かかります。 [2]

候補者追跡テクノロジーがなければ、採用担当者は最適な候補者を見つけることが困難になります。適性のない履歴書の検討や資格のない志願者のスクリーニングに時間を費やす一方で、優秀な候補者を見逃してしまう可能性もあります。

求職者の側は、同じ機会を追い求める他の応募者の数の多さに辟易しているかもしれません。2017年の報告書によると、候補者の52 %が応募2、3カ月後に連絡を受けていませんでした。[3]

採用管理システムにより、採用担当者 (US)が複数の仕事を効率的に進められるようになり、採用システムの迅速化を図ることができます。採用担当者の他の仕事には、求人掲示板ジョブ・ボードおよびソーシャル・メディアへの機会の掲示、履歴書の精査、要件管理、適格な人材の識別と検討、採用プロセスを通じた候補者の追跡などがあります。

システムは、時間が経つに従ってより高い成功率が見込まれる候補者のパイプラインの構築を支援します。これにより、生産性が高く長期間定着する従業員を確保できるようになります。

また、優れた採用管理システムにより、企業のWebサイト上に掲示された職位に応募する応募者にもユーザー・フレンドリーな体験が創出されます。例えば、モバイル端末などのデバイスのサポートにより、応募完了時に自動的にe-メールが配信されます。

採用管理システムの成功事例

H&R Block社にとって、求人はもう骨の折れる仕事ではありません。  H&R Block社は、効率性を向上させ、地区管理者が適切な時に適材適所の人材の雇用に注力できる方法を求めていました。

同社は、IBM®と共に採用管理システムを立ち上げました。これで、募集要件の掲示や採用プロセスの一部の一元化が可能になりました。これにより、現場のリーダーの管理負担が軽減され、適格な候補者の発掘に注力できます。また、採用プロセスを再設計し、候補者のシステム内の移動にかかる時間を12日から1日に短縮しました。

「1日の終わりに振り返ると、1日のほとんどをウィジェットや製品の販売に費やしているわけではありません。お客様にサービスを提供しているのは、弊社の社員です。このプロセスを通じて迅速かつ効率的に社員を雇用できなければ、ビジネスや収益に大きな影響があります。」Kerri Jones氏、H&R Block社、人材採用プログラム責任者 動画を見る(3分25秒,英語)

Red Lobster社: 人材の発掘、誘致、養成Red Lobster社は、雇用プロセスの短縮とより優秀な候補者の発掘を模索していました。採用担当マネージャーは採用の専門家ではないため、応募の検討プロセスに費やす時間を短縮することが重要でした。

IBM Kenexa® ソフトウェアの支援により、企業は、時間給労働者を含む組織のさまざまな分野における採用を簡素化するツールとアプリケーション・リソースを導入できました。

「より少ないところからより多くのものを得なければなりませんでした。候補者が費やす時間を短縮しつつ、採用プロセスにおいて最良の候補者を獲得できるようにするために、IBMは弊社を導いてくれました。」Jim Hughes氏、Red Lobster Seafood Company (US)社、人事統括  動画を見る (2分48秒,英語)

IBM Smarter Workforce (US) ブログ

製品

おすすめ資料

IDC MarketScapeでIBMがリーダーに選ばれました。世界の最新人材採用システムの2017年ベンダー評価 (US)キャリア評価機能により、IBMの人材獲得ソリューションが強化されています。レポートで詳細を読む

候補者の体験の広範囲に及ぶ影響(要登録,英語) IBM Smarter Workforce Instituteは、7,000人を超える応募者を対象に、求職者としての体験について調査しました。調査結果を紹介します。

[1]https://data.bls.gov/pdq/SurveyOutputServlet(英語)

[2]https://www.ere.net/why-you-cant-get-a-job-recruiting-explained-by-the-numbers/(英語)

[3]http://www.thetalentboard.org/article/2017-talent-board-candidate-experience-benchmark-research-reports/(英語)