概要

データで地球を救えるとしたら

真に持続可能な企業になるのは困難なことです。 ほとんどの企業にとって、これは必須事項となっています。 サステナビリティーの目標を行動に移すには、特定のニーズに合わせてカスタマイズされたソリューションが必要です。 戦略的ロードマップの構築を支援する適切なパートナーを見つけることで、企業としての責任感と収益性を向上できます。

データを最大限に活用して、十分な情報に基づいた意思決定を行います。 戦略を日々の業務に結び付け、サステナビリティーをビジネス変革に組み込みます。

ビジネス上の達成必須事項としてのサステナビリティーの推進

ビジネス上の達成必須事項としてのサステナビリティーの推進 (09:14)

実現へのステップ

定義

環境、社会、ガバナンス(ESG)の明確な目標を設定したうえで、行動、実行し、企業全体で優れたデータの統制を実現します。

確立

ESGデータの基盤と明確な基準値を単一の記録システムで確立します。

事業化

ESGデータと運用システム間のリンクを活用して、洞察に基づいた行動を実現します。

ユースケース

戦略

笑っている従業員の画像

戦略

データに基づいたロードマップを使用して、持続可能なビジネス・モデルに移行し、 行動と成果を促します。

ESGレポート

野菜を収穫する労働者の画像

ESGレポート

環境、社会、ガバナンス(ESG)のレポートを使用して、データ・サイロを統合します。 業務全体でプラスの変化を推進する新しい機会を見つけます。

資産管理

タブレットを持ってロボット・マシンを見ている男性の画像

資産管理

低排出量の事業を創出します。 自動化を使用して、リソースの使用状況追跡、コストの削減、 サービスの改善

を行います。

サプライチェーン

川を横断する道路、両方向に交通が流れている上空からの眺めの画像

サプライチェーン

より回復力のあるサプライチェーンを構築することで、廃棄物を削減し、コストを下げ、環境の循環を改善します。

グリーンIT

送電線の支持構造物の画像

グリーンIT

クラウドとAIを使用して責任あるコンピューティング・プラットフォームを構築し、ワークロードの仮想化、統合、最適化を行います。

ビジネス洞察

現在、CEOの51%がサステナビリティーを組織の最大の課題として位置付けています。

IBM Institute for Business Value

影響を与える: 変革をもたらすサステナビリティーへの実践的な道筋

影響を与える: 変革をもたらすサステナビリティーへの実践的な道筋 (01:52)

お客様事例

Celestica社

滝を見ながら森の中にいる人の画像

Celestica社

この革新的な組織は、製造ポートフォリオ全体のサステナビリティー・レポートを刷新しました。

Melbourne Water社

オーストラリアのメルボルンの街並みの画像

Melbourne Water社

IoTテクノロジーの力を活用して、スマートなサステナビリティーのための雨水流管理を改善します。

Carhartt社

木材を持って仕事をしている女性の画像

Carhartt社

完全に自動化されたVM配置により、リソースの消費が15%削減されました。

Iberdrola社

Iberdrola社の本社画像

Iberdrola社

より環境に配慮した、より効率的なサプライヤー関係を構築することで、持続可能なエネルギーで未来を支えます。

Plastic Bank社

屋外のフルーツ・野菜スタンドで買い物をする人の画像

Plastic Bank社

プラスチックのエコシステムを構築するためのアプリケーションを作成することで、リサイクルに革命をもたらしています。

次のステップ