休暇中にEDIの落とし穴を回避するための3つの方法

次の重要なイベントの前にサプライチェーンのパフォーマンスと安定性を最適化

主要なビジネス・ピーク(休暇、立ち上げ時、およびその他の季節的なイベント)には、サプライチェーンや注文管理ソリューションの限界を超える事態を招きかねません。これらの重要な局面に対応するために年間を通して準備することにより、ピーク時の大量の注文とワークロードに対しても迅速かつ確実な受注、在庫確認、発送が可能となり、競争上の優位性を獲得できます。

IBM Sterling™ Event Readinessプログラムは、企業が既知のイベントの前にテクノロジー・インフラストラクチャーを強化して、予期せぬ混乱を防止し、円滑な顧客体験を提供できるよう支援します。

2019年の休暇シーズンにおいて、IBMはお客様がビジネス、パートナー、消費者の期待を超えられるよう支援しました。

  • 7400万件のドキュメントが、IBM Sterling Supply Chain Business Networkで、インシデントが発生することなく、わずか8日間で処理されました。
  • 前年より22%多い注文書を、IBM Sterling Order Managementを使用して、感謝祭からサイバー・マンデーまでに処理しました。
  • 前年比最大50%増のピーク時の注文処理と売上を達成しました。

次のマイルストーン・イベントの計画はできるだけお早めに

IBMに今すぐお問い合わせください。Event Readinessプログラムは、以下のようなサポートを提供して、複雑な課題の解決策を提供し、希望する成果を達成できるように支援します。

  • 製品構成と機能拡張についてのアドバイスおよび専門家によるサポートを提供します。
  • サイト・パフォーマンスの評価と戦略についての計画が適切であるか確認します。
  • ITチームのベスト・プラクティスとスキルのイネーブルメントを検証します。

Event Readinessの導入事例

IBMサプライチェーンの達人たちは、常に市場にインパクトを与えています。Event Readinessの導入事例とベスト・プラクティスをご覧ください。

動画: Li & Fung社がIBM Sterling B2B Integratorを選択

最大のサプライチェーンの1つが、コストの標準化と節約を実現しました。

小売業の返品の将来

このブログ記事では、返品を回避する7つの方法を説明します。

円滑な休暇シーズンのためのベスト・プラクティス

このWebセミナーでは、IBMが、事前に計画してピーク時の障害を回避できるよう支援する方法についてご説明します。