サプライチェーン・コントロール・タワーとは

サプライチェーン・コントロール・タワーは従来から、サプライチェーン全体でのデータ、重要なビジネス・メトリック、イベントの、接続され、パーソナライズされたダッシュボードと定義されています。サプライチェーン・コントロール・タワーを使用すると、企業は重要な問題をリアルタイムにより詳しく理解し、優先順位を付け、解決することができます。

サプライチェーンのエグゼクティブは、お客様が必要とするものを必要な時に必要な場所で提供しながら、供給の運用を最適化し、コスト節約の目標も達成するという非常に大きな重圧を受けています。これは、予測できない上に避けられない脆弱性と混乱の時代において、特に困難です。

よりスマートなコントロール・タワーがあれば、サプライチェーン全体にわたってエンドツーエンドの可視性が得られるだけでなく、特に予見できない外部イベントについて把握できるようになるはずです。AIや機械学習などの高度なテクノロジーを活用することで、データのサイロを打破したり、手動プロセスを削減あるいは排除したり、実用的な洞察をリアルタイムに入手したりすることができるようになります。よりスマートなコントロール・タワーは、チームとパートナー間のコラボレーションを可能にし、組織の情報を維持して、意思決定と結果を向上し加速します。最終的にこれは、より的確な中断の予測、レジリエンシーの向上、例外の管理、および予定外イベントへの対応に役立ちます。

主要な機能とメリット

IBMのサプライチェーン・コントロール・タワーが以下の面でお客様を支援します。

可視性

コントロール・タワーはサプライチェーン全体にわたるエンドツーエンドの可視性を確立し、サイロ化されたシステム間のデータと外部イベント情報を相互に関連付けて、起こりうる中断に関する実用的な洞察を提供するため、これを使用してお客様は例外を管理することができます。しかも、これらすべてをパーソナライズされたダッシュボード内で実現することができます。 

予測

スマートアラートとリアルタイムの実用的な洞察により、より的確に中断を予測し、レジリエンシーを向上させることで、顧客に対するイベントのアップストリームおよびダウンストリームの影響を理解し、対応に優先順位を付けることができます。

行動

AIを活用したResolution Roomとデジタル・プレイブックに、サプライチェーン・アプリケーションを組み合わせて使用して、サプライチェーン全体の例外に関するコラボレーションを向上させ、より適切に例外を管理できます。これらは、予定外のイベントに素早く対応して実行を強化し、KPI実績を推進するのに役立ちます。

メリット

  • 数日に及ぶ中断時間を数分まで削減します。
  • 繰り返し発生するサプライチェーンの課題に対処する際の効率性を95%向上します。
  • わずか6週間で稼働を開始でき、価値実現までの時間を短縮します。

 

 

 

専用のコントロール・タワーがエンドツーエンドの可視性を実現する方法

2020年に起きた世界的な出来事によって、世界のサプライチェーン全体のレジリエンシーの強化の必要性が増してきました。企業の回復や営業再開が見られ始める中、サプライチェーンやフルフィルメントのリーダーが直面する日々の課題は、需要と供給における大きな混乱によって増幅されています。

迅速に行動することが、今まで以上に重要になっています。効果的に対応するため、企業は中断とリスクを軽減するために必要なリアルタイムのインテリジェンスと実用的な推奨を必要としています。

これを実現する最良の方法は、中核のサプライチェーン機能を最適化するように設計された専用コントロール・タワーです。例えば専用のインベントリー・コントロール・タワーは、在庫をより効率的に管理するための重要なリアルタイムの洞察を提供します。

AIおよび機械学習を活用するサプライチェーン・インベントリー・コントロール・タワーは、原材料の在庫状況や、取引業者への注文、顧客への配送に至るまで、各地の倉庫やさまざまなシステム全体にわたるエンドツーエンドの可視性を提供します。

正確かつリアルタイムに納期を回答できる在庫を実現して、意思決定と結果を向上します。これは、起こりうる脆弱性や中断を予測するだけでなく、アップストリームとダウンストリームへの影響も理解し、より迅速な対応を可能にします。

サプライチェーン・インベントリー・コントロール・タワーの使用例

サプライチェーン・インベントリー・コントロール・タワーは、在庫の可視性を確認し、管理し、それに基づいて効果的に行動するためのリアルタイムの洞察を獲得して、実際の需要と予測需要に対応するため、さまざまな業界の組織によって使用されています。

ヘルスケア

病院では、アイテムの紛失や置き間違えにより、10%もの在庫を損失しています。重要な救命機器やサプライ用品を適切な場所とタイミングで確保することで、在庫投資を保護し、効率性を向上させ、ケアの質を向上させることができます。

食品

増え続ける中断の可能性を監視して範囲を狭めることで、膨大な需要を管理し、商品の入手可能性を確保します。可視化する在庫の範囲を拡大し、倉庫だけではなく、店舗の棚の配置や輸送中のサプライをも含めて把握し、棚の在庫も確保します。

工業

サービス契約のSLAを満たしながら、在庫量を最小限に抑えます。SKU単位のサービス・パーツとERPおよびその他のシステムにわたる在庫場所を可視化し、重要なパーツの在庫を確保して顧客の期待に応えます。

企業の回復や営業再開が見られ始めた今、エンドツーエンドの在庫の可視性ほど重要なものはありません。

お客様事例 - Lenovo社

視覚化、モニター、リアルタイムの洞察の獲得

Lenovo社グローバル・プロキュアメントとサプライチェーン担当エグゼクティブのBobby Bernard氏が、AIを活用した同社のリスク管理アプローチにより、サプライチェーンの中断への対応時間を数日から数分間に短縮する方法を説明します。

Lenovo社がよりスマートなコントロール・タワーを構築する様子をご覧ください。

次のステップへ

AI対応ソリューションによってお客様のサプライチェーンをよりスマートにすることができる専門家との1対1のコンサルティングをスケジュールできます。