基幹業務システムの価値を最大化

基幹業務システムの重要性は、これまで以上に高まっています。プロセス計画からCRMに至るまでのデータが一連のものになると、リアルタイムの洞察によって、よりスマートなビジネスを構築できます。新たな可視化を実現することにより、重要な意思決定を行えるだけでなく、投資を最適化してイノベーションに資金を回し、貴重な顧客体験を提供することができます。AI、IoT、エッジコンピューティングなど最新のテクノロジーとコア・アプリケーションを統合し、業務に俊敏性をもたらします。ビジネス・アプリケーションに関するIBMの豊富な経験に基づいて、業界固有の問題解決を支援するIBMチームがお客様と連携し、効果的なロードマップを作成して戦略的な優位性を構築します。

基幹業務アプリケーション変革を加速する、SAP S/4HANA化を実現するための3つのアプローチ

投資を最適化して実用的な洞察を生成し、イノベーションに投資

IBMは、計画と設計から実装して稼働に至るまで、お客様が予算の範囲内で期限どおりに導入できるように、新規イニシアチブの立ち上げ、データ分析機能の強化、自動化の促進に向けた変革をご支援します。

SAP×IBMが実現するカスタムDXによるイノベーションについて、SAPデジタルビジネスサービスの事業本部長工藤晶氏と語ります。

高度な統合によって価値実現までの時間を短縮

全企業の98%が、今後3年間に複数のクラウド・アーキテクチャーを採用する予定ですが、マルチクラウド環境での運用に向けて手順とツールを完備しているのは、わずか38%にすぎません。⁽¹⁾ 
IBMサービスを活用して複数のクラウド・プロバイダーのERPアプリケーションの導入および管理を行うことで、価値実現までの時間を短縮できます。

新しいクラウド環境で基幹アプリケーションを実行するには

新しいクラウド環境でコア・アプリケーションを実行するには、柔軟性、スピード、洞察力によってもたらされる強力なオポチュニティーを見い出すための、業界と技術の両方の専門知識が必要です。

お客様の組織に適したインフラストラクチャーを選択して、SAPの導入を簡素化および迅速化

企業全体にSAP HANAを導入する場合、サーバー・プラットフォームの選択がビジネスに影響を与えかねないことを考慮する必要があります。IBM Power Systemsは、x86サーバーと比べて、より高速な資源展開、余裕のある拡張性、稼働時間の最大化という面で優れています。

基幹業務アプリケーションを拡張したお客様事例

TOA株式会社 | グローバル経営を支えるERPの運用負担を大幅に軽減

海外拠点向け統合基幹システムをSAP ERPで構築し、そのインフラとして第2世代IBM Cloudのマネージド・サービスを採用。運用負担を軽減しながら顧客サービス向上や経営効率化のために最新のクラウド・サービスを活用できる環境を整えました。

トラスコ中山株式会社|顧客の利便性向上のために

在庫を拡充する独自のビジネスを展開する同社は基幹システム刷新とクラウド活用によるデジタル・トランスフォーメーションを推進しています。

Fulcrum社 | 世界規模の法律事務所で卓越した業務効率を実現

法律業界に大きな変化が訪れ、世界規模の法律事務所は競合優位性を維持する方法を模索しています。Fulcrum Global Technologies社は、IBM Cloudインフラストラクチャーを導入して、エンタープライズ・アプリケーションを実行することで、顧客のビジネスの発展に貢献しています。

基幹業務アプリケーションの価値を最大限に高めるソリューションとサービス

SAP S/4HANAサービス

お客様のビジネスがSAPを基盤としている場合、デジタル・トランスフォーメーションの計画で重要となるのが、SAP S/4HANAへのマイグレーションです。マイグレーションを成功させるためには、主な優先事項とビジネス上の必須事項を理解することが不可欠です。  

エンタープライズ・アプリケーション管理

多くの企業は、コア・ビジネス・アプリケーションを実行するためにマルチクラウド環境を選択しています。その主な利点として、セキュリティー/レジリエンシーの強化、スケーラビリティーの向上、ベンダーを選択できることを挙げています。複数のクラウドでのコア・ビジネス・アプリケーションの管理は、複雑で時間がかかり、主要な戦略的活動からリソースを奪い取ってしまうおそれがあります。IBM Enterprise Application Managementサービスならば、お役に立てます。  

IBM Cloud上のSAPワークロード

SAPワークロードは、ビジネスにとって重要なコンポーネントですが、これらのワークロードを維持することは、コストと時間がかかる課題でもあります。SAPの管理はIBMに任せ、お客様はエンタープライズの構築にフォーカスしてください。

ハイブリッド・マルチクラウド戦略に適したIBM Power Systems

新たな取り組みは、いつも適切な準備から始まります。ハイブリッド・マルチクラウドも例外ではありません。ハイブリッド・マルチクラウド戦略をシームレスに統合し、ビジネスの拡大に必要なセキュリティーと信頼性、経済効果を確保する方法をご覧ください。

5Gワールドへの対応

IBMとSamsung社は、ファースト・レスポンダーを安全に守るための新たな取り組みで協力しています。例えば、消防士や警察官が物理的な危険にさらされると、Samsung社の5G対応ウォッチとスマートフォンがそれを検知し、IBMのAIによって他のプロフェッショナルに救助が要請されます。これは、実際の初期対応に効果をもたらす5G対応テクノロジーの一例にすぎません。  

参考情報

SAP S/4HANAへ移行することの価値を引き出す

企業のデジタル・トランスフォーメーションの詳細や、ビジネス・ケースの開発から移行の完了までの各ステップをIBMと協力して進める方法を最新のWebセミナーで説明します。SAP S/4HANAに移行するために何が必要なのかを3人の専門家が話し合います。

SAP S/4HANAへのジャーニーに関するIBMの洞察

企業がデジタル・エコノミーの利点をフルに享受するには、ビジネス・プロセスを簡素化すると同時に、専門知識を活用して顧客との強固な関係を構築する必要があります。IBMは、業種や実装状況を問わず、お客様の会社がSAP S/4HANAを採用するために必要な洞察と専門知識を提供します。

269名のCIOがエンタープライズ・アプリケーション管理に関する意見を表明

269名のCIOを対象とするFrost & Sullivan社の最新の調査によると、その76%が、エンタープライズ・マネージド・サービスを、企業のマネージドIT戦略に不可欠なものとして認識していることがわかりました。CIOが報告したメリットと、より優れた顧客サービスを提供するためにエンタープライズ・マネージド・サービスがどのように役立つのかをご確認ください。

IBM Garage

IBM Garageは、イノベーションとトランスフォーメーションを目標とする大胆で包括的なアプローチであり、設計者と開発者をビジネスおよびITのステークホルダーと連携させて、ビジネスに画期的な効果をもたらす新たなアイデアを迅速に作成し、拡大します。

IBMをフォローする

IBMをフォローする