概要

新しい世界、新しいデジタル・アプローチ

いつでもどこでもが当然となった今日のデジタル環境の性質に対応するには、組織変革管理(OCM)に対する新しいアプローチが必要となります。IBMは、自身の変革の道のりから学び、企業の経験に焦点を合わせて、変革する能力を備えた共創の文化を構築することにより、組織が変化に対応し、さらなる発展を遂げるのを支援します。IBMではこのアプローチをデジタル変革と呼んでいます。

メリット

従業員エンゲージメントの向上

職場における従業員体験を改善し、顧客との交流を促進し、よりポジティブな関係を築くことができます。

積極的で一貫性のあるコミュニケーション

チーム間の透明性とコミュニケーションを備えた企業は、より多くの成功の機会を創出できます。

職場の前向きな変化を加速

コスト削減も実現しながらビジネスの価値を高める、急速な組織変革を促進します。

参考情報

企業のためのスキル・ギャップ解消ガイド

企業は従来型の採用戦略や研修戦略を見直して、深刻化する人材不足に前向きに取り組まなければなりません。

インテリジェント・ワークフローによる人材の有効活用

現在、多数の組織がすでにインテリジェント・ワークフローに投資しているか、または投資を計画しています。 IBMのインテリジェント・ワークフロー・モデルを使用すると、従業員の成長と業務プロセスの発展が促され、市場の進化するニーズに対応できるようになります。

“データ”の人的側面

一流のCHRO(人事最高責任者)は直感だけに頼りません。彼らは常々説いていることを実践し、データを活用して、組織にとって最も価値のある資産である人材を管理するのです。

関連ソリューション

人材獲得サービス

AIを活用して競争上の優位性を拡大し、人材管理からより多くの価値を獲得します。

人材育成サービス

スキルと経験が競争価値の新しい通貨となるため、組織は継続的な学習の文化を構築する必要があります。

人事変革サービス

人事は組織の新しい成長エンジンであり、進化するビジネス・ニーズをサポートする多様で高度なスキルを持つ人材の獲得に貢献します。