「The State of Salesforce」は、トップ企業がSalesforceをどのように活用しているかをまとめた年次レポートです。

本レポートは、Salesforceをお使いの世界中のお客様2,500社以上から集めた18万件以上のデータ・ポイントを分析しIT部門、マーケティング部門、営業部門、およびサービス部門向けに新たな示唆とビジネスチャンスを提示しています。

このレポートを読んで得られる示唆:

  • イノベーションのための投資
  • クラウドを取り巻くトレンド
  • Salesforceを最大活用するための戦略

このレポートはデジタル・トランスフォーメーションを絶え間なく推し進めるパイオニア、つまり、貴方のためにご用意しました。

—エリック・ベリッジ(Eric Berridge), CEO兼共同創業者, Bluewolf, an IBM Company

TREND 01: 従業員の満足度がイノベーションを促進

Salesforceをフロントオフィスとバックオフィスの両方の社員が活用している場合は、画期的なイノベーションを実現できる可能性が2倍に高まります。

TREND 02: カスタマー・エクスペリエンス戦略には一元化されたベースが必要

カスタマー・エクスペリエンス戦略を一元管理している企業は、平均的な企業と比べ、「マーケティング部門、営業部門、サービス部門を通して一貫性のあるエクスペリエンスを提供できるようになった」と考えているケースが2倍近くになります。

TREND 03: 部門横断的なガバナンスが継続的なイノベーションを促進

部門横断的なガバナンス・チームでは、Salesforceを利用して画期的なイノベーションを実現できる可能性が2倍になります。

The State of Salesforce 2019のダウンロードはこちら

IBMのコンサルタントにご相談ください。

IBMをフォローする

IBMをフォローする