IBMがEverest Group社によるPEAK Matrix®の2020年プロキュアメント・アウトソーシング・サービス・プロバイダー部門でリーダーに選ばれた理由をご覧ください。

概要

調達業務の変革

サプライヤー・ソーシングから買掛金処理にいたるまで、IBMはお客様の調達部門を変革して作業プロセスを強化するようご支援いたしますので、お客様の作業効率は飛躍的に向上いたします。IBMのプロキュアメント・コンサルタントは、お客様と共同作業でインテリジェントなワークフローを作成します。このワークフローにはお客様の調達チームの専門知識、AIや自動化などの指数関数的なテクノロジー、さらに内部と外部のデータ・ソースが組み合わされています。これらすべてが、お客様のハイブリッドクラウドでご利用できるようになります。よりスマートなエンドツーエンドの調達ワークフローを構築することにより従業員は有用な洞察を獲得して、作業の効率化や調達戦略の変革を図れます。

オフィスの窓から外を見る男性

IBMプロキュアメント・サービスの概要(1:51)

メリット

運用コストの削減

AI、データ分析、自動化などの技術を活用し、高度に自動化されて敏捷性を高めたインテリジェントなワークフローによって、調達業務を改革し、運用の効率化、コスト削減、レジリエンシーの向上を実現できます。

支出の削減

企業内とサプライヤー・ネットワーク全体にわたるデータを活用することで、偏りのない洞察が獲得できます。これによりサプライチェーンの柔軟性と即応性が高まり、リアルタイムの変更を可能にして最適な価格設定を交渉できるようになります。

利害関係者の満足度の改善

革新的なツールやテクノロジー、戦略的ソーシングを活用して、サプライチェーンの責任、
サステナビリティー、サプライヤーの多様性に対応して、顧客とパートナーの期待に応え、サプライヤーとの関係を改善し、価値実現までの時間が短縮します。

プロキュアメント・コンサルティングおよびアウトソーシング・サービス

お客様の声

参考情報

在宅勤務でのレジリエンシーが調達業務でも持続可能であるかを検証

ワークフォースとプロセスのレジリエンス、デジタル・トランスフォーメーションとデジタルオペレーティングモデルの加速、そして調達の混乱を避けるためのバーチャルな信頼関係の構築がいかに重要であるか。IBMシニア・パートナーでプロキュアメント・サービス担当のMatthew Boundsが説明いたします。

2020年のソーシングから支払いまで: ニューノーマル

IBMの財務および運用担当シニア・パートナーのGraham Wrightが、新型コロナウイルス感染症がもたらす課題に先手を打つために、グローバルな調達とサプライチェーン・マネジメントの専門家に何ができるかについての見解を述べています。

リスク管理を通じて透明性が高くレジリエントなサプライチェーンを構築するための4つのステップ

IBMのサプライチェーンのエキスパートが、サプライチェーンのモニター、リスクの測定、可視性の構築、レジリエンシーの改善を行うデータ管理テクノロジーを使用して、包括的なリスク管理戦略を策定する方法を説明します。